3067件中 41 - 50件表示
  • 2010年の経済

    2010年の経済から見たインドネシアインドネシア

    フィッチはインドネシアの外貨建ておよび自国通貨建ての長期発行体デフォルト格付けを「BB」から「BB+」に引き上げた。見通しは「安定的」のまま。2010年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アチェ独立運動

    アチェ独立運動から見たインドネシアインドネシア

    アチェ独立運動(- どくりつうんどう)は、インドネシアのスマトラ島北部・アチェ州で、同国からの分離・独立をもとめるアチェ人の運動である。アチェ独立運動 フレッシュアイペディアより)

  • スマトラ島沖地震 (2005年)

    スマトラ島沖地震 (2005年)から見たインドネシアインドネシア

    この2005年3月28日の地震では、発生から数十分後にタイ、インドネシア、ニコバル諸島に向けて津波警報が発令されて、情報を聞いた人々が避難した。タイでは、地震発生直後に非公式ながらテレビなどで津波警報を出し、対応は迅速だった。しかし、最も震源に近かったインドネシアのニアス島のように情報が伝わらなかった地域も数多くあり、避難時にはインド洋沿岸の多くの地域で混乱が見られた。スマトラ島沖地震 (2005年) フレッシュアイペディアより)

  • 開発独裁

    開発独裁から見たインドネシアインドネシア

    日本で1980年代半ばごろから「開発独裁」という用語がマスコミ上で頻繁に現れるようになったのは、韓国や台湾での民主化運動が高揚し、また、アジア各地で開発による負の側面が大きくクローズアップされ、それらの地域の各政権に対する批判が生じてからであった。当時「開発独裁政権」と名指しされたのはフェルディナンド・マルコスのフィリピン、スハルトのインドネシアなど東南アジアの反共諸政権であった。開発独裁 フレッシュアイペディアより)

  • PZL 104

    PZL 104から見たインドネシアインドネシア

    新しい派生型のPZL 104 ヴィルガ 2は1963年8月1日に初飛行を行ったが、少数しか生産されなかった(後にヴィルガ 3とヴィルガ C規格に換装された)。225 hpのコンチネンタルO-470 水平対向エンジンを搭載したインドネシア向けの輸出モデルのヴィルガ C(又はヴィルガ 2C)が1963年12月30日に初飛行を行った。ヴィルガ 2の機体設計が成功した一方でWN-6エンジンの信頼性は完全ではなくシリーズ生産には入らなかった。これにより260 hpのイフチェンコ AI-14R 星型エンジンを装着することが決定され、これがPZL 104 ヴィルガ 3となり1965年12月31日に初飛行を行った。新しいエンジンはより強力であったが水平対向エンジン用にデザインされた前のモデルの簡潔で細い胴体ラインを損なっていた。それでもなおこの新しいモデルは成功作であり、特に最軽荷重状態での上昇率は最大11 m/sという高いものであった。数少ない欠点の中の1つは比較的不経済なエンジンであった。コンチネンタル製の水平対向エンジンを搭載した改良型のもう1つの派生型ヴィルガ 32が少量輸出され、このモデルはインドネシアでゲラティック(Gelatik)としても生産された。ヴィルガ 3が13機生産された後で幾つかの改良が施された。最も特筆すべきものは安定性の改善のために主車輪と尾輪の間隔を2.12 m から 2.83 mに広げたことだった。PZL 104 ヴィルガ 35と命名された改良型は1967年6月29日に初飛行を行い、その後量産に入った。最も多いヴィルガ 35の派生型は多用途機のヴィルガ 35Aでその他のものは少数か試作機であった。PZL 104 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の気象・地象・天象

    2012年の気象・地象・天象から見たインドネシアインドネシア

    1月11日 - インドネシア・スマトラ島沖でM7.3の地震発生(スマトラ島沖地震 (2012年)を参照)。2012年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • オウム

    オウムから見たインドネシアインドネシア

    オウム(鸚鵡, 鸚?(母+鳥))は、オウム目オウム科に属する21種の鳥の総称である。インコ科(Psittacidae, true parrots) 、、ニュージーランド産の大型のインコ)とともにオウム目 (Psittaciformes) を構成する。現存するオウム目の系統の多くは、さまざまな面で解明されていない。しかしながら、オウム科を独立した科として位置づけることは、広く認められている。オウム科はオーストラレーシアに分布しており、その範囲はフィリピン、ワラセアのインドネシア諸島東部からニューギニア島、ソロモン諸島およびオーストラリアに及ぶ。英語名 "Cockatoo"は、この鳥のマレー語での名前である "kaka(k)ktua" に由来している(kaka "インコ"+ tuwah あるいは"姉妹" + tua"年上")。オウム フレッシュアイペディアより)

  • 亀田 興毅(業務提携)

    亀田興毅から見たインドネシアインドネシア

    2012年10月30日、インドネシアのジャカルタで行われたWBA総会でWBAコンベンションが行われ、以下の通り決定した。亀田興毅 フレッシュアイペディアより)

  • ムラピ山

    ムラピ山から見たインドネシアインドネシア

    ムラピ山()は、インドネシアジャワ島中央部の火山である。インドネシアでも最も活動的な火山で、ほぼ1年中噴煙を上げ、1548年以来68回噴火をしている。名称は「火の山」の意味。メラピ山とも書かれる。スマトラ島中部にも同名の火山がある。ムラピ山 フレッシュアイペディアより)

  • ヌサンタラ

    ヌサンタラから見たインドネシアインドネシア

    ヌサンタラ () は、インドネシア語でインドネシアの島嶼群を表す言葉である。ヌサンタラはもともとで列島を表す言葉だった。マレー語では、ヌサンタラはに近い意味で使用されている。ヌサンタラ フレッシュアイペディアより)

3067件中 41 - 50件表示

「インドネシア」のニューストピックワード