3067件中 61 - 70件表示
  • デヴィ・スカルノ

    デヴィ・スカルノから見たインドネシアインドネシア

    デヴィ・スカルノ(Dewi Sukarno、1940年(昭和15年)2月6日 - )は、日本生まれでインドネシア国籍のタレント。インドネシアのスカルノ元大統領第3夫人。NPO法人アースエイドソサエティ総裁。株式会社デヴィーナ・ソサエティ代表取締役。本名・インドネシア名:ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ(Ratna Sari Dewi Sukarno)、旧名・日本名:根本 七保子(ねもと なおこ)、通称はデヴィ夫人。デヴィ・スカルノ フレッシュアイペディアより)

  • 香川大学

    香川大学から見たインドネシアインドネシア

    ボゴール農業大学農学部・大学院研究科(インドネシア香川大学 フレッシュアイペディアより)

  • 北朝鮮による日本人拉致問題

    北朝鮮による日本人拉致問題から見たインドネシアインドネシア

    新潟県真野町(現佐渡市)において母親と2人で買い物に出かけた帰り道、佐渡で拉致。 1980年8月に元アメリカ兵チャールズ・ジェンキンスと結婚、1983年6月に長女出産、1985年7月に次女出産。2002年10月に日本に帰国。 夫および2人の娘については、2004年5月の日朝首脳会談の結果を踏まえ、夫と子ども(2女)は北朝鮮政府の与えた虚偽情報に基づき日本行きを拒否していたが、2004年7月9日、インドネシアのジャカルタにて再会し、7月18日一家4人で日本に帰国。北朝鮮は、曽我ミヨシ(46歳)については、「日本国内の請負業者が拉致し曽我ひとみ一人を受け取った」と主張しているが、日本政府は、曽我ミヨシを拉致認定している。北朝鮮による日本人拉致問題 フレッシュアイペディアより)

  • 配線用差込接続器

    配線用差込接続器から見たインドネシアインドネシア

    ユーロプラグのクラスIIのものを使用している国は多く (ただしコンセント側の形状はさまざま)、オーストリア、ベルギー、ボスニア、ヘルツェゴビナ、ブルガリア、チェコ、クロアチア、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシア、グリーンランド、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マケドニア、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、セルビア、スロバキア、スロベニア、スペイン、スウェーデン、スイス、トルコなどである。この他にも、中東、アフリカ諸国、南アメリカのブラジル、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、ペルー、ボリビア、アジアのバングラデシュ、インドネシア、パキスタン、ロシアと旧ソビエト連邦のウクライナ、アルメニア、グルジアなどでも使われている。また、タイプCの一種であるイギリスのBS 1363は旧イギリス領で広く使われている。配線用差込接続器 フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア料理

    インドネシア料理から見たインドネシアインドネシア

    インドネシア料理(インドネシアりょうり)は、インドネシアの多民族文化を反映し、バリ料理、ジャワ料理、スンダ料理、マカサル料理、マナド料理、パダン料理、バタク料理などの各民族の料理を包含する。日本でよく知られているナシゴレンの他、インドネシアで発想された料理、サテ(sate)やルンダン(rendang)、サンバル(sambal)などはマレーシアやシンガポールでも知られている。インドネシア料理 フレッシュアイペディアより)

  • 安倍晋三

    安倍晋三から見たインドネシアインドネシア

    広島平和記念式典に行く前日の8月5日から、胃と腸に痛みを感じ、食欲の衰えを感じるようになる。そして、8月19日から8月25日のインドネシア、インド、マレーシア3ヶ国訪問後は下痢が止まらなくなり、症状は次第に悪化し始めた。しかし、慶應義塾大学病院の主治医によると、潰瘍性大腸炎の血液反応はなく、機能性胃腸障害という検査結果であったという。安倍晋三 フレッシュアイペディアより)

  • ポカリスエット

    ポカリスエットから見たインドネシアインドネシア

    海外展開も積極的に行っている。インドネシアでは、2006年に製造本数として2億3,000万本を達成し、国民1人あたり1本以上という年間消費量を達成した(P.T.アメルタインダ大塚の項も参照のこと)。ポカリスエット フレッシュアイペディアより)

  • 2005年

    2005年から見たインドネシアインドネシア

    6月17日 - インドネシア南スラウェシ州ソペン県で鳥インフルエンザ(H5N1型)に三十代男性が感染。2005年 フレッシュアイペディアより)

  • インド

    インドから見たインドネシアインドネシア

    インド共和国(インドきょうわこく、、)、通称インド(India)は、南アジアに位置し、インド亜大陸を占める連邦共和国で、イギリス連邦加盟国である。パキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマーとは陸上で、スリランカ、モルディブ、インドネシアとは海上で国境を接する。インド フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見たインドネシアインドネシア

    1939年8月の独ソ不可侵条約締結は日本に衝撃を与え、当時の平沼騏一郎内閣は総辞職し、対独同盟派の勢いは停滞した。しかし1940年1月に日米通商航海条約が失効して以降、日米関係は開国以来の無条約時代に突入しており、情勢の打開が求められた。同年6月にフランス降伏、枢軸国の勢力が拡大するに及び、近衛文麿内閣の松岡洋右外相ら枢軸国との提携を主張する声が高まった。7月22日には「世界情勢推移ニ伴フ時局処理要綱」が策定され、基本国策要綱が閣議決定された。ヴィシー政権成立後の9月22日には、フランス領インドシナ総督政府と西原・マルタン協定を締結し、日本軍は北部仏印に進駐した(仏印進駐)。9月27日には日独伊三国同盟が締結された。ルーズベルト大統領は「脅迫や威嚇には屈しない」や「民主主義の兵器廠」などの演説を行い、三国同盟側に対する警戒を国民に呼びかけており、10月16日には日本に対する屑鉄輸出を禁止した。一方、水面下ではアメリカ側から密使が送られ「日米諒解案」の策定が行われるなど日米諒解に向けての動きも存在した。11月23日にはタイとフランス領インドシナ政府との間でタイ・フランス領インドシナ紛争が勃発し、日本の仲介による1941年5月8日の東京条約締結まで続いた。また他方でオランダ領東インド(インドネシア)政府との石油等物品の買い付け交渉が行われていたが、6月17日に交渉は打ち切られた。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

3067件中 61 - 70件表示