386件中 11 - 20件表示
  • インドネシア

    インドネシアから見たブリヂストン

    パナソニック、オムロン、ブリヂストンをはじめとした日系企業が現地に子会社・あるいは合弁などの形態で、多数進出している。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たジョコ・ウィドド

    2014年7月の選挙で当選した闘争民主党のジョコ・ウィドドが第7代大統領に就任した。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た石井米雄

    石井米雄編、土屋健治・加藤剛・深見純生編 『インドネシアの事典』、同朋舎出版、1991年 ISBN 4-8104-0851-5インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たメガワティ・スティアワティ・スカルノプトゥリ

    代わって、闘争民主党のメガワティ政権が発足した。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たアブドゥルラフマン・ワヒド

    その結果、同年10月、最大のイスラーム系団体ナフダトゥル・ウラマーの元議長、アブドゥルラフマン・ワヒド(国民覚醒党)が新大統領(第4代)に就任した。メガワティ・スカルノプトリは副大統領に選ばれた。しかし、2001年7月、ワヒド政権は議会の信任を失って解任された。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たカリマンタン島

    カリマンタン島(「ボルネオ島」はマレーシア側の呼称。)インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たGDP

    ただ、改革と好調な個人消費により、GDP成長率は、2003年から2007年まで、4%〜6%前後で推移した。2008年には、欧米の経済危機による輸出の伸び悩みや国際的な金融危機の影響等があったものの、6.1%を維持。さらに2009年は、政府の金融安定化策・景気刺激策や堅調な国内消費から、世界的にも比較的安定した成長を維持し、4.5%の成長を達成。名目GDP(国内総生産)は2001年の約1,600億ドルから、2009年には3.3倍の約5393億ドルまで急拡大した。今ではG20の一角をなすまでになっており同じASEAN諸国のベトナムとフィリピンと同様にNEXT11の一角を占め、更にベトナムと共にVISTAの一角を担うなど経済の期待は非常に大きい。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た国際通貨基金

    IMFによると、2013年のGDPは8,703億ドルであり、世界第16位である。一方、一人当たりのGDPは3,510ドルであり、世界平均の40%に満たない水準である。 2011年にアジア開発銀行が公表した資料によると、1日2ドル未満で暮らす貧困層は1億1743万人と推定されており、国民のおよそ半数を占めている。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た河出書房新社

    宮崎恒二・山下晋司・伊藤眞編 『暮らしがわかるアジア読本 インドネシア』、河出書房新社、1993年 ISBN 4-309-72441-8インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たプラムディヤ・アナンタ・トゥール

    20世紀の著名な文学者としては、『人間の大地』(1980年)、『すべての民族の子』などの大河小説で国際的に評価されるプラムディヤ・アナンタ・トゥールの名を挙げることができる。インドネシア フレッシュアイペディアより)

386件中 11 - 20件表示

「インドネシア」のニューストピックワード