326件中 21 - 30件表示
  • インドネシア

    インドネシアから見た中国

    のちにインドネシアとなる地域に住んでいたマレー系の人々は、紀元前1世紀頃から来航するインド商人の影響を受けてヒンドゥー教文化を取り入れ、5世紀頃から王国を建国していった。諸王国はインドと中国をつなぐ中継貿易の拠点として栄え、シュリーヴィジャヤ王国、クディリ王国、シンガサリ王国、マジャパヒト王国などの大国が興亡した。12世紀以降はムスリム商人がもたらしたイスラム教が広まり、人々のイスラム化が進んだ。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たスマトラ島

    オランダ人は18世紀のマタラム王国の分割支配によりジャワ島、19世紀のによりスマトラ島をほとんど支配するようになる。この結果、1799年にオランダ東インド会社が解散され、1800年にはポルトガル領東ティモールを除く東インド諸島のすべてがオランダ領東インドとなり、ほぼ現在のインドネシアの領域全体がオランダ本国政府の直接統治下に入った。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た河出書房新社

    宮崎恒二・山下晋司・伊藤眞編 『暮らしがわかるアジア読本 インドネシア』、河出書房新社、1993年 ISBN 4-309-72441-8インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たクリス・ジョン

    バドミントンが盛んでありオリンピックで獲得したメダルの半分以上がバドミントンによるものである。ボクシングではWBA世界スーパー王者クリス・ジョンを輩出したことで知られる。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たユスフ・ハビビ

    1998年、アジア通貨危機に端を発するインドネシア経済崩壊のなかでスハルト政権は崩壊、インドネシアは民主化の時代を迎えて今日に至っている。スハルト政権末期の副大統領だったユスフ・ハビビが大統領に就任し、民主化を要求する急進派の機先を制する形で、民主化・分権化の諸案を実行した。スハルト時代に政権を支えたゴルカル、スハルト体制下で存続を許された2つの野党(インドネシア民主党、)以外の政党の結成も自由化され、1999年6月、総選挙が実施された。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たモハマッド・ハッタ

    インドネシア国民党の運動は民族の独立(ムルデカ)を掲げ、青年の誓いでは唯一の祖国・インドネシア、唯一の民族・インドネシア民族、唯一の言語・インドネシア語が高らかに宣言された。しかし、インドネシア共産党は1927年末から1928年にかけて反乱を起こしたことで政府により弾圧され、スカルノやハッタが主導する民族主義運動も、オランダの植民地政府によって非合法化された。スカルノらの民族主義運動家はオランダにより逮捕され、拷問を受けた末に長く流刑生活を送ることになり、以後の民族主義運動は冬の時代をむかえることになった。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た白石隆

    クンチャラニングラット編、加藤剛・土屋健治・白石隆訳 『インドネシアの諸民族と文化』、めこん、1980年 ISBN 4-89562-301-7インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た綾部恒雄

    綾部恒雄・石井米雄編 『もっと知りたいインドネシア』(第2版)、弘文堂、1995年 ISBN 4-335-51077-2インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た宮崎恒二

    宮崎恒二・山下晋司・伊藤眞編 『暮らしがわかるアジア読本 インドネシア』、河出書房新社、1993年 ISBN 4-309-72441-8インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たトーマス・ラッフルズ

    1819年、イギリスのトーマス・ラッフルズがシンガポールの地政学上の重要性に着目し、の内紛に乗じてシンガポールをイギリス東インド会社の勢力下に獲得したことにオランダが反発し、1824年、イギリス・オランダ両国が英蘭協約を締結。オランダ領東インドの領域が確定した。インドネシア フレッシュアイペディアより)

326件中 21 - 30件表示

「インドネシア」のニューストピックワード

  • 市民のためのお酒とアルコール依存症を理解するためのガイドライン