386件中 21 - 30件表示
  • インドネシア

    インドネシアから見たメガワティ・スカルノプトリ

    その結果、同年10月、最大のイスラーム系団体ナフダトゥル・ウラマーの元議長、アブドゥルラフマン・ワヒド(国民覚醒党)が新大統領(第4代)に就任した。メガワティ・スカルノプトリは副大統領に選ばれた。しかし、2001年7月、ワヒド政権は議会の信任を失って解任された。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たクリス・ジョン

    サッカーは最も人気のあるスポーツである。また、バドミントンが盛んでありオリンピックで獲得したメダルの半分以上がバドミントンによるものである。ボクシングではWBA世界スーパー王者クリス・ジョンを輩出したことで知られる。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たユスフ・ハビビ

    スハルト政権末期の副大統領だったユスフ・ハビビが大統領に就任し、民主化を要求する急進派の機先を制する形で、民主化・分権化の諸案を実行した。スハルト時代に政権を支えたゴルカル、スハルト体制下で存続を許された2つの野党(インドネシア民主党、)以外の政党の結成も自由化され、1999年6月、総選挙が実施され、民主化の時代を迎えた。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たモハマッド・ハッタ

    インドネシア国民党の運動は民族の独立(ムルデカ)を掲げ、「青年の誓い」では唯一の祖国・インドネシア、唯一の民族・インドネシア民族、唯一の言語・インドネシア語が高らかに宣言された。しかし、インドネシア共産党は1927年末から1928年にかけて反乱を起こしたことで政府により弾圧され、スカルノやハッタが主導する民族主義運動も、オランダの植民地政府によって非合法化された。スカルノらの民族主義運動家はオランダにより逮捕され、拷問を受けた末に長く流刑生活を送ることになり、以後の民族主義運動は冬の時代をむかえることになった。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た白石隆

    クンチャラニングラット編、加藤剛・土屋健治・白石隆訳 『インドネシアの諸民族と文化』、めこん、1980年 ISBN 4-89562-301-7インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た綾部恒雄

    綾部恒雄・石井米雄編 『もっと知りたいインドネシア』(第2版)、弘文堂、1995年 ISBN 4-335-51077-2インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た宮崎恒二

    宮崎恒二・山下晋司・伊藤眞編 『暮らしがわかるアジア読本 インドネシア』、河出書房新社、1993年 ISBN 4-309-72441-8インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たトーマス・ラッフルズ

    1819年、イギリスのトーマス・ラッフルズがシンガポールの地政学上の重要性に着目し、ジョホール王国の内紛に乗じてイギリス東インド会社の勢力下に獲得したことにオランダが反発し、1824年、イギリス・オランダ両国が英蘭協約を締結。オランダ領東インドの領域が確定した。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た伊藤眞

    宮崎恒二・山下晋司・伊藤眞編 『暮らしがわかるアジア読本 インドネシア』、河出書房新社、1993年 ISBN 4-309-72441-8インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たスハルト

    スカルノの「指導される民主主義」は、1965年の9月30日事件によって終わりを告げた。国軍と共産党の権力闘争が引き金となって発生したこの事件は、スカルノからスハルトへの権力委譲と、インドネシア共産党の崩壊という帰結を招いた(これ以後、インドネシアでは今日に至るまで、共産党は非合法化されている)。インドネシア フレッシュアイペディアより)

386件中 21 - 30件表示

「インドネシア」のニューストピックワード