326件中 31 - 40件表示
  • インドネシア

    インドネシアから見た伊藤眞

    宮崎恒二・山下晋司・伊藤眞編 『暮らしがわかるアジア読本 インドネシア』、河出書房新社、1993年 ISBN 4-309-72441-8インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た山下晋司

    宮崎恒二・山下晋司・伊藤眞編 『暮らしがわかるアジア読本 インドネシア』、河出書房新社、1993年 ISBN 4-309-72441-8インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た

    鉱業資源にも恵まれ、金、スズ、石油、石炭、天然ガス、、ニッケルの採掘量が多い。1982年、1984年、日本からの政府開発援助(ODA)でスマトラ島北部のトバ湖から流れ出るアサハン川の水でアサハン・ダム(最大出力51.3万キロワット)とマラッカ海峡に面したクアラタンジュンにアサハン・アルミ精錬工場が建設された。ニッケル鉱山は、南東スラウェシ州コラカ沖のパダマラン島のポマラと南スラウェシ州ソロアコ(サロアコ)にある。生産の80%が日本に輸出されている。ニッケルはカナダの多国籍企業インコ社が支配している。多国籍企業のインドネシア進出はスハルト体制発足後の1967年外資法制定以降であり、採掘・伐採権を確保している。また、日本企業6社が出資している。鉱山採掘に伴い森林伐採で付近住民と土地問題で争いが起こる。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たASEAN

    ただ、改革と好調な個人消費により、GDP成長率は、2003年から2007年まで、4%?6%前後で推移した。2008年には、欧米の経済危機による輸出の伸び悩みや国際的な金融危機の影響等があったものの、6.1%を維持。さらに2009年は、政府の金融安定化策・景気刺激策や堅調な国内消費から、世界的にも比較的安定した成長を維持し、4.5%の成長を達成。名目GDP(国内総生産)は2001年の約1,600億ドルから、2009年には3.3倍の約5393億ドルまで急拡大、2010年はさらに6950億ドルになる見通しである。今ではG20の一角をなすまでになっており同じASEAN諸国のベトナムとフィリピンと同様にNEXT11の一角を占め、更にベトナムと共にVISTAの一角を担うなどインドネシア経済の期待は非常に大きい。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た失業者

    独立後、政府は主要産業を国有化し、保護政策の下で工業を発展させてきた。1989年には、戦略的対応が必要な産業として製鉄、航空機製造、銃器製造などを指定し、戦略産業を手掛ける行政組織として戦略産業管理庁(Badan Pengelora Industri Strategis)を発足させている。しかし同時に、華人系企業との癒着や、スハルト大統領ら政府高官の親族によるファミリービジネス(Family buisiness)等が社会問題化し、1996年には国民車・ティモールの販売を巡ってWTOを舞台とする国際問題にまで発展した。しかし、1997年のアジア通貨危機の発生により、インドネシア経済は混乱状態に陥り、スハルト大統領は退陣に至った。その後、政府はIMFとの合意によって国営企業の民営化など一連の経済改革を実施したが、失業者の増大や貧富の差の拡大が社会問題となっている。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た世界遺産

    インドネシア国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が3件、自然遺産が4件存在する。詳細は、インドネシアの世界遺産を参照。ボロブドゥール遺跡近郊はテロの危険性があるため要注意。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たカリマンタン島

    カリマンタン島(「ボルネオ島」はマレーシア側の呼称。)インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た大豆

    インドネシアは基本的に農業国である。農林業ではカカオ、キャッサバ、キャベツ、ココナッツ、米、コーヒー豆、サツマイモ、大豆、タバコ、茶、天然ゴム、トウモロコシ、パイナップル、バナナ、落花生の生産量が多い。特にココナッツの生産量は2003年時点で世界一である。オイルパーム(アブラヤシ)から精製されるパームオイル(ヤシ油)は、植物油の原料の一つで、1990年代後半日本国内では菜種油・大豆油に次いで第3位で、食用・洗剤・シャンプー・化粧品の原料として需要の増大が見込まれている。このパームオイルの生産国の第1位はマレーシア(2001年、1190万8000トン)、2位はインドネシア(同年、893万トン)で、この2国だけで世界の82.4%を生産している。このためオイルパーム・プランテーションの増勢が行われる。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た太平洋プレート

    インドネシアとその周辺では、ユーラシアプレートやオーストラリアプレート、太平洋プレート、フィリピン海プレートなどがせめぎあっており、環太平洋火山帯(環太平洋造山帯)の一部を構成している。そのため全土に無数と言っていい数の火山があり、クラカタウ大噴火に代表されるように古くから住民を脅かすと共に土壌の肥沃化に役立ってきた。スマトラ島のクリンチ火山が最高峰(3805m)である。スメル山はジャワ島の最高峰(3676m)で、世界で最も活動している火山の一つである。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た国語

    公用語はインドネシア語であり、インドネシアの国語となっている。会話言語ではそれぞれの地域で語彙も文法規則も異なる583以上の言葉が日常生活で使われている。インドネシア語が国語と言っても、日常で話す人は多くて3,000万人程度で国の人口比にすると意外と少ないが、国語になっているため第2言語として話せる人の数はかなり多い。また、首都ジャカルタに出稼ぎにでる人も多い為、地方の人でもインドネシア語は必須であり、話せないと出稼ぎにも影響が出てくる。インドネシア フレッシュアイペディアより)

326件中 31 - 40件表示

「インドネシア」のニューストピックワード