326件中 71 - 80件表示
  • インドネシア

    インドネシアから見た独立運動

    その一方で、東ティモール、アチェ、イリアンジャヤなどの独立運動に対しては厳しい弾圧を加えた。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たLNG

    日本は天然ガスからつくるLNGをインドネシアから最も輸入している。2004年以降は原油の輸入量が輸出量を上回る状態であるため、OPEC(石油輸出国機構)を2009年1月に脱退した。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た天然ガス

    鉱業資源にも恵まれ、金、スズ、石油、石炭、天然ガス、銅、ニッケルの採掘量が多い。1982年、1984年、日本からの政府開発援助(ODA)でスマトラ島北部のトバ湖から流れ出るアサハン川の水でアサハン・ダム(最大出力51.3万キロワット)とマラッカ海峡に面したクアラタンジュンにアサハン・アルミ精錬工場が建設された。ニッケル鉱山は、南東スラウェシ州コラカ沖のパダマラン島のポマラと南スラウェシ州ソロアコ(サロアコ)にある。生産の80%が日本に輸出されている。ニッケルはカナダの多国籍企業インコ社が支配している。多国籍企業のインドネシア進出はスハルト体制発足後の1967年外資法制定以降であり、採掘・伐採権を確保している。また、日本企業6社が出資している。鉱山採掘に伴い森林伐採で付近住民と土地問題で争いが起こる。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たNEXT11

    ただ、改革と好調な個人消費により、GDP成長率は、2003年から2007年まで、4%?6%前後で推移した。2008年には、欧米の経済危機による輸出の伸び悩みや国際的な金融危機の影響等があったものの、6.1%を維持。さらに2009年は、政府の金融安定化策・景気刺激策や堅調な国内消費から、世界的にも比較的安定した成長を維持し、4.5%の成長を達成。名目GDP(国内総生産)は2001年の約1,600億ドルから、2009年には3.3倍の約5393億ドルまで急拡大、2010年はさらに6950億ドルになる見通しである。今ではG20の一角をなすまでになっており同じASEAN諸国のベトナムとフィリピンと同様にNEXT11の一角を占め、更にベトナムと共にVISTAの一角を担うなどインドネシア経済の期待は非常に大きい。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た知的財産

    これに対し、日本のODAは、ハードインフラ整備の支援に加え、統治能力支援(ガバナンス支援)などソフトインフラ整備の支援も近年行っている。インドネシアの警察に対する市民警察活動促進プロジェクトは、日本の交番システムなどをインドネシアにも導入しようというものであり、日本の技術支援のヒットとされている。また、投資環境整備に直結する支援としては、知的財産権総局を対象とした知的財産に関する法整備支援も継続されている。一方、法的なエンフォースメントの最後を担うことになる裁判所を対象とした法整備支援は、2009年まで行われていたインドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た政府開発援助

    鉱業資源にも恵まれ、金、スズ、石油、石炭、天然ガス、銅、ニッケルの採掘量が多い。1982年、1984年、日本からの政府開発援助(ODA)でスマトラ島北部のトバ湖から流れ出るアサハン川の水でアサハン・ダム(最大出力51.3万キロワット)とマラッカ海峡に面したクアラタンジュンにアサハン・アルミ精錬工場が建設された。ニッケル鉱山は、南東スラウェシ州コラカ沖のパダマラン島のポマラと南スラウェシ州ソロアコ(サロアコ)にある。生産の80%が日本に輸出されている。ニッケルはカナダの多国籍企業インコ社が支配している。多国籍企業のインドネシア進出はスハルト体制発足後の1967年外資法制定以降であり、採掘・伐採権を確保している。また、日本企業6社が出資している。鉱山採掘に伴い森林伐採で付近住民と土地問題で争いが起こる。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見ためこん

    クンチャラニングラット編、加藤剛・土屋健治・白石隆訳 『インドネシアの諸民族と文化』、めこん、1980年 ISBN 4-89562-301-7インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たトラベルジャーナル

    INJカルチャーセンター編 『インドネシア すみずみ見聞録』、トラベルジャーナル、1995年 ISBN 4-89559-320-7インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見たイギリス東インド会社

    1819年、イギリスのトーマス・ラッフルズがシンガポールの地政学上の重要性に着目し、の内紛に乗じてシンガポールをイギリス東インド会社の勢力下に獲得したことにオランダが反発し、1824年、イギリス・オランダ両国が英蘭協約を締結。オランダ領東インドの領域が確定した。インドネシア フレッシュアイペディアより)

  • インドネシア

    インドネシアから見た弘文堂

    綾部恒雄・石井米雄編 『もっと知りたいインドネシア』(第2版)、弘文堂、1995年 ISBN 4-335-51077-2インドネシア フレッシュアイペディアより)

326件中 71 - 80件表示

「インドネシア」のニューストピックワード