前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示
  • グトゥカー

    グトゥカーから見たインド・ルピーインド・ルピー

    主にインド国内で生産・製造され、その他の近隣国にも輸出されている。インドでは約5センチ四方の小さな使い切りパッケージ(ひとつ1〜4ルピー程度)で売られていることが多い。グトゥカー フレッシュアイペディアより)

  • 紙幣追跡

    紙幣追跡から見たインド・ルピーインド・ルピー

    TrackGandhi - 2007年に開設されたインド・ルピーの追跡サイト。紙幣追跡 フレッシュアイペディアより)

  • ルピー記号

    ルピー記号から見たインド・ルピーインド・ルピー

    インド・ルピーの記号についても、2010年7月15日に新たな記号「₹」が定められた。これは、デーヴァナーガリーの「?」と、ラテン文字の「R」を基にして作られた。ルピー記号 フレッシュアイペディアより)

  • イラク・ディナール

    イラク・ディナールから見たインド・ルピーインド・ルピー

    現在のイラクにあたる地域が第一次世界大戦中にイギリスの占有・統治国家となって以降、公用通貨はインド・ルピーであった。1931年、インド・ルピーに代わる新たな通貨としてディナールが1ディナール=13?ルピーのレートで導入され、為替レートは1959年までUKポンドと1対1の等価でペッグされた。イラク・ディナール フレッシュアイペディアより)

  • トラム (コルカタ)

    トラム (コルカタ)から見たインド・ルピーインド・ルピー

    現在、インドに残る唯一のトラムであり、27路線が運行されている(運休中の路線も含む)。運賃は1等が4ルピーまたは4.5ルピー、2等は3.5ルピーまたは4ルピー(距離によって異なる)。なお軌間は他のインドの鉄道と異なり、標準軌である。トラム (コルカタ) フレッシュアイペディアより)

  • IRNSS-1

    IRNSS-1から見たインド・ルピーインド・ルピー

    この衛星は、160億インド・ルピー(3億240万ドル)の費用をかけて開発され、2012年から2013年にサティシュ・ダワン宇宙センターから打ち上げられることが予定されている。IRNSS-1 フレッシュアイペディアより)

  • インド地域航法衛星システム

    インド地域航法衛星システムから見たインド・ルピーインド・ルピー

    最初の衛星は、160億インド・ルピー(2億9120万ドル)の費用をかけて開発され、2012年から2013年に打ち上げられる見込みで、2014年頃には全機が揃うことが計画されている。インド地域航法衛星システム フレッシュアイペディアより)

  • マイクロファイナンス

    マイクロファイナンスから見たインド・ルピーインド・ルピー

    2010年8月にはインドのマイクロファインナンス最大手SKS(en)が163億ルピー規模のIPOを行っており、出資者の中には著名な投機家として名高いジョージ・ソロスのファンドも出資するなど、マイクロファイナンスは「旨味のある事業」として機関投資家・投機家から注目を集めている。マイクロファイナンス フレッシュアイペディアより)

  • アリヤバータ (人工衛星)

    アリヤバータ (人工衛星)から見たインド・ルピーインド・ルピー

    1976年から1997年まで、アリヤバータの絵がインドの2ルピー紙幣の裏面に使用されていた。アリヤバータ (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

  • デリー・メトロ

    デリー・メトロから見たインド・ルピーインド・ルピー

    デリー在住の通勤者などで特に頻繁にメトロをよく利用する人向けに発売される割引乗車券である。トークンと同様ICチップの埋め込まれたものであるが、名前の通りカードである。購入時に100Rs(インド・ルピー)から1000Rsの間でチャージ可能だが、そのうち50Rsはデポジットとして利用することはできない。残額が少なくなれば、自動券売機において100Rs単位でのチャージが可能である。なお、払い戻しの差異はカード残額を払い戻すことはできず、デポジットの50Rsのみを払い戻す。有効期限は最後にチャージした日から1年間。デリー・メトロ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
27件中 1 - 10件表示