27件中 11 - 20件表示
  • バーラト・ベンツ

    バーラト・ベンツから見たインド・ルピーインド・ルピー

    DICVは7億ユーロ(440億ルピー)以上にものぼる投資を行い、タミル・ナードゥ州チェンナイ近郊のオラガダムにバーラト・ベンツトラックの製造工場を設立した。工場の組立エリアは160ヘクタールあり、そのうち19ヘクタールは2つの異なるテストトラック(それぞれ3レーン全長1.55km、2レーン全長1.16km)に充てられている。バーラト・ベンツ フレッシュアイペディアより)

  • インドのナショナリズム

    インドのナショナリズムから見たインド・ルピーインド・ルピー

    現在のインド陸軍は19世紀のイギリス領インド帝国の軍隊が元になって形成されたものである。今日、インド共和国は100万人以上の兵力を持ち、世界第3位の軍隊部隊数を持つ。公式に発表されている国防予算は164415.19ルピー (310.7億ドル)であるが、実際にはこの金額よりはるかに上であると推測されている。インド陸軍では急速な軍の近代化と軍備拡張が行われており、や戦略爆撃機、大陸間弾道ミサイル、潜水艦発射弾道ミサイルを指す呼称であるの配備が計画されている。インドのナショナリズム フレッシュアイペディアより)

  • リーディング証券

    リーディング証券から見たインド・ルピーインド・ルピー

    2009年には社名をリーディング証券に変更、同年末には黒字に転換した。リーディング証券はリテール業務が中心であったジーク証券からは一転、投資銀行業務を強化していった。2010年には国内市場の低迷により韓国市場での株式公開を希望する日本企業に対してコンサルティング業務を行うと発表し、韓国取引所とも協力して誘致の動きに出た。また同年9月には韓国コスモグループに対するマルマン株売却の取りまとめを行い、この実績を背景に、特に環境関連で技術を保持しながら資金難に苦しむ日本企業にM&Aをかける韓国企業に対するコンサルティング事業を強化していくと発表した。投資商品としては韓国株全銘柄の売買に対応するほか、ブラジルレアル、韓国ウォン、インドルピー建社債など、国際投資を重視したものとなっており、2020年までに外国証券の預かり資産において日本の証券会社のトップ10を狙うとしている。リーディング証券 フレッシュアイペディアより)

  • カタール・リヤル

    カタール・リヤルから見たインド・ルピーインド・ルピー

    1966年まで、カタールでは通貨として「湾岸ルピー」としてのインド・ルピーが使われていた。インドがルピーの通貨切り下げを行った際、カタールを初めとした湾岸諸国は独自通貨の導入を試みた。カタールはまずサウジアラビア・リヤル(Saudi Riyal)を導入した後、カタール・ドバイ・リヤル(Qatar and Dubai Riyal)を導入。サウジアラビア・リヤルは1.065ルピー、カタール・ドバイ・リヤルは切り下げ前の1ルピーと同価とされた。カタール・リヤル フレッシュアイペディアより)

  • シェール・シャー

    シェール・シャーから見たインド・ルピーインド・ルピー

    シェールは貨幣制度の改革も着手している。ルピアあるいはルピーと呼ばれる硬貨を発行し、ルピーはテュルク人によって世界各地に紹介された。そのため、現在のインド、ネパール、スリランカ、インドネシア、モーリシャス、セイシェルといった国々の通貨は現在でもルピーあるいはルピアが用いられている。シェール・シャー フレッシュアイペディアより)

  • モーリシャス・ルピー

    モーリシャス・ルピーから見たインド・ルピーインド・ルピー

    モーリシャスはかつてからインド系商人の貿易中継地として発展してきたことからインドの影響を強く受けており、1876年よりインドと同じ通貨単位のルピーが地元の通貨として法律で定められ、翌年の1877年からはモーリシャス・ルピーがそれまで国内で流通していたインド・ルピー、UKポンド、モーリシャス・ドルと、1インド・ルピー=1モーリシャス・ルピー、1モーリシャス・ドル=2モーリシャス・ルピー、1UKポンド=10? モーリシャス・ルピーのレートで置き換えられた。なおモーリシャス・ルピーは1914年にセーシェル・ルピーが導入されるまでの間セーシェル国内でも流通していた。モーリシャス・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • ダッバーワーラー

    ダッバーワーラーから見たインド・ルピーインド・ルピー

    この配達システムの中で働く全ての人は平等に扱われている。分業された各配達過程のうち何の作業を担当するにせよ、一ヶ月の賃金は約2,000?4,000ルピーとなっている。ダッバーワーラー フレッシュアイペディアより)

  • セント (通貨)

    セント (通貨)から見たインド・ルピーインド・ルピー

    1/100ルピー (ただし1/100インド・ルピー = 1パイサ)セント (通貨) フレッシュアイペディアより)

  • カタールサッカー協会

    カタールサッカー協会から見たインド・ルピーインド・ルピー

    1962年まで、選手の移籍に関しては国内移籍・国外移籍を問わず自由度が高く、移籍を志願する選手がクラブに対して移籍志願書の提出と10インド・ルピーを支払うだけで良かった。カタールサッカー協会 フレッシュアイペディアより)

  • 湾岸ルピー

    湾岸ルピーから見たインド・ルピーインド・ルピー

    1959年5月にインド政府によって、1900年代中頃よりこれまで国外で広く流通していたインド・ルピーに替わって、国外のみで流通させる目的で発行された。特にクウェート、バーレーン、カタール、トルーシャル海岸地域(現在のアラブ首長国連邦)、マスカット・オマーンなどのペルシャ湾岸とアラビア半島の国々で使用された。この通貨は特に、金の密貿易によるインドの外貨準備高への影響を少なくさせる意図があった。湾岸ルピー フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示