57件中 11 - 20件表示
  • IRNSS-1

    IRNSS-1から見たインド・ルピーインド・ルピー

    衛星は160億インド・ルピー(3億240万ドル)の費用をかけて開発され、初号機のIRNSS-1Aは、2013年7月1日にサティシュ・ダワン宇宙センターからPSLVによって打ち上げられた。2号機のIRNSS-1Bは2014年4月4日に打ち上げられた。IRNSS-1A、IRNSS-1Bは軌道傾斜角30度を有する東経55度の静止軌道に投入された。今後さらに軌道傾斜角を有する東経111度の静止軌道と、軌道傾斜角0度の普通の静止軌道(東経34度、83度、132度)に3機が配置される予定。IRNSS-1 フレッシュアイペディアより)

  • イラク・ディナール

    イラク・ディナールから見たインド・ルピーインド・ルピー

    現在のイラクにあたる地域が第一次世界大戦中にイギリスの占有・統治国家となって以降、公用通貨はインド・ルピーであった。1931年、インド・ルピーに代わる新たな通貨としてディナールが1ディナール=13?ルピーのレートで導入され、為替レートは1959年までUKポンドと1対1の等価でペッグされた。イラク・ディナール フレッシュアイペディアより)

  • 湾岸ルピー

    湾岸ルピーから見たインド・ルピーインド・ルピー

    1959年5月にインド政府によって、1900年代中頃よりこれまで国外で広く流通していたインド・ルピーに替わって、国外のみで流通させる目的で発行された。特にクウェート、バーレーン、カタール、トルーシャル海岸地域(現在のアラブ首長国連邦)、マスカット・オマーンなどのペルシャ湾岸とアラビア半島の国々で使用された。この通貨は特に、金の密貿易によるインドの外貨準備高への影響を少なくさせる意図があった。湾岸ルピー フレッシュアイペディアより)

  • カタール・リヤル

    カタール・リヤルから見たインド・ルピーインド・ルピー

    1966年まで、カタールでは通貨として「湾岸ルピー」としてのインド・ルピーが使われていた。インドがルピーの通貨切り下げを行った際、カタールを初めとした湾岸諸国は独自通貨の導入を試みた。カタールはまずサウジアラビア・リヤル(Saudi Riyal)を導入した後、カタール・ドバイ・リヤル(Qatar and Dubai Riyal)を導入。サウジアラビア・リヤルは1.065ルピー、カタール・ドバイ・リヤルは切り下げ前の1ルピーと同価とされた。カタール・リヤル フレッシュアイペディアより)

  • ニシャント (航空機)

    ニシャント (航空機)から見たインド・ルピーインド・ルピー

    1995年より、総額9,000万インド・ルピーを投入して開発が行われた。1995年に初飛行したものの開発は遅延し、納入されたのは2011年であった。この間、ロータリーエンジンの開発に用いられ、55hpのエンジンを搭載して2009年3月31日に初飛行している。ニシャント (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 通貨同盟

    通貨同盟から見たインド・ルピーインド・ルピー

    インド・ルピーはインドとブータンにおいて法定通貨となっている。なおブータンでは、ブータン・ニュルタムも同時に法定通貨となっている。またネパールにおいても内戦による政情不安定からルピーを使用することができる。通貨同盟 フレッシュアイペディアより)

  • ジェームズ・プリンセプ

    ジェームズ・プリンセプから見たインド・ルピーインド・ルピー

    ジェームズ・プリンセプはジョン・プリンセプの七男としてロンドンで生まれた。父のジョンはインドの貿易商人であり、その関係でジェームズの兄弟は多くがカルカッタで働いた。ジェームズも20歳でカルカッタ造幣局の貨幣検査官としての仕事を得て、1819年に赴任し、東洋学者としても有名なウィルソンの下で働いた。翌年ベナレス造幣局に移ったが、1830年にベナレス造幣局が廃止されるとカルカッタ造幣局に戻った。貨幣検査官としては1835年の統一ルピーの制定にかかわった。ジェームズ・プリンセプ フレッシュアイペディアより)

  • モーリシャス・ルピー

    モーリシャス・ルピーから見たインド・ルピーインド・ルピー

    モーリシャスはかつてからインド系商人の貿易中継地として発展してきたことからインドの影響を強く受けており、1876年よりインドと同じ通貨単位のルピーが地元の通貨として法律で定められ、翌年の1877年からはモーリシャス・ルピーがそれまで国内で流通していたインド・ルピー、UKポンド、モーリシャス・ドルと、1インド・ルピー=1モーリシャス・ルピー、1モーリシャス・ドル=2モーリシャス・ルピー、1UKポンド=10? モーリシャス・ルピーのレートで置き換えられた。なおモーリシャス・ルピーは1914年にセーシェル・ルピーが導入されるまでの間セーシェル国内でも流通していた。モーリシャス・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ストレイチー

    リチャード・ストレイチーから見たインド・ルピーインド・ルピー

    ストレイチーは、1871年にインドを離れたが、1877年には、東インド鉄道 (the East Indian railway) の買収交渉のため再び現地政府に派遣され、次いでインド大飢饉 (Indian famines) の調査委員会の委員長に選ばれた。1878年、ストレイチーは6ヵ月の間、インド総督府の財務担当代理に任じられ、当時まだ深刻になり始めたばかりのルピーの価値下落に起因する困難に対処する方策の提案を行なった。しかし、ストレイチーの提案は、国務大臣の支持を得られなかった。これ以降、ストレイチーは、インドとイングランドの通貨調整に積極的に関与するようになり、1892年には、ハーシェル卿 (Lord Herschell) を長とする委員会の委員となり、この委員会は1878年にストレイチーが提案した見解に沿った結論を出すに至った。リチャード・ストレイチー フレッシュアイペディアより)

  • ルピー記号

    ルピー記号から見たインド・ルピーインド・ルピー

    インド・ルピーの記号についても、2010年7月15日に新たな記号「」が定められた。これは、デーヴァナーガリーの「?」 ()と、ラテン文字の「R」を基にして作られた。ルピー記号 フレッシュアイペディアより)

57件中 11 - 20件表示

「インド・ルピー相場」のニューストピックワード

  • Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2020特別編〜新たな挑戦〜

  • この日は、マスクの着用を拒否して離陸直前に飛行機内から降ろされたニュースを紹介。

  • 函館空港行き