前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示
  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見たマハトマ・ガンディー

    1996年に発行開始され現在流通している紙幣は「マハトマ・ガンディー」シリーズと呼ばれる。5ルピー、10ルピー、20ルピー、50ルピー、100ルピー、500ルピー、1.000ルピーの7種がある。17カ国語(英語とヒンディー語が表面、残りの15カ国語が裏面)で額面の記載がある。ATMでは100ルピー、500ルピー、1.000ルピーが使用されていることが多い。近年、偽造防止技術が付加されており、従来の透かしなどに加え、セキュリティー・スレッド、潜像、パールインク、マイクロ文字、表裏透過レジストレーション、ユーリオンなどが採用されている。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見た第一次世界大戦

    インドを統治することになったイギリスは、1835年に至り全インドの通貨体系を1ルピー=16アンナ=64パイサ=192パイに一本化させて新たに銀貨を発行させたものの、その後は銀本位制から金本位制への転換が進む中で価値が下落してインド経済に打撃を与えたり、また第一次世界大戦で銀地金が不足した時期には兌換紙幣を発行してこれを通貨に充てたこともあった。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見た通貨

    インド・ルピー(India Rupee)は、インドの通貨の単位のひとつである。英字では「Rs」と、ISO 4217では「INR」と表示される。インド・ルピー通貨の発行はインド準備銀行が実施している。補助単位として「パイサ(単数:Paise、複数:Paisa)」があり、1ルピー=100パイサである。2010年7月15日「Rs」に代わる通貨記号として「10px」の採用を決めた。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見た現金自動預け払い機

    1996年に発行開始され現在流通している紙幣は「マハトマ・ガンディー」シリーズと呼ばれる。5ルピー、10ルピー、20ルピー、50ルピー、100ルピー、500ルピー、1.000ルピーの7種がある。17カ国語(英語とヒンディー語が表面、残りの15カ国語が裏面)で額面の記載がある。ATMでは100ルピー、500ルピー、1.000ルピーが使用されていることが多い。近年、偽造防止技術が付加されており、従来の透かしなどに加え、セキュリティー・スレッド、潜像、パールインク、マイクロ文字、表裏透過レジストレーション、ユーリオンなどが採用されている。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見たシェール・シャー

    インドでは古代から銀貨が鋳造・流通されていたが現在のルピーの基となった銀貨は、スール朝を創始したシェール・シャーによって発行されたもの(銀175グレイン=約11.34g)が最初とされている。このルピー銀貨はその後のムガル帝国でも広く流通し、ムガル帝国などと貿易を行っていたイギリス東インド会社もルピー銀貨と等価の硬貨を発行・流通させた。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見た2009年

    2009年3月にインド政府はルピー記号のデザイン公募を発表。2010年予算審議の際ムカージー財務大臣は「新しい通貨記号はインドの文化的特徴を表すものになるだろう」と述べた。最終的に5案に絞られ、2010年7月に内閣がインド工科大学出身のデザイナー、クマルの案に決定し発表した。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見たインド準備銀行

    インド・ルピー(India Rupee)は、インドの通貨の単位のひとつである。英字では「Rs」と、ISO 4217では「INR」と表示される。インド・ルピー通貨の発行はインド準備銀行が実施している。補助単位として「パイサ(単数:Paise、複数:Paisa)」があり、1ルピー=100パイサである。2010年7月15日「Rs」に代わる通貨記号として「10px」の採用を決めた。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見たイギリス東インド会社

    インドでは古代から銀貨が鋳造・流通されていたが現在のルピーの基となった銀貨は、スール朝を創始したシェール・シャーによって発行されたもの(銀175グレイン=約11.34g)が最初とされている。このルピー銀貨はその後のムガル帝国でも広く流通し、ムガル帝国などと貿易を行っていたイギリス東インド会社もルピー銀貨と等価の硬貨を発行・流通させた。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見た透かし

    1996年に発行開始され現在流通している紙幣は「マハトマ・ガンディー」シリーズと呼ばれる。5ルピー、10ルピー、20ルピー、50ルピー、100ルピー、500ルピー、1.000ルピーの7種がある。17カ国語(英語とヒンディー語が表面、残りの15カ国語が裏面)で額面の記載がある。ATMでは100ルピー、500ルピー、1.000ルピーが使用されていることが多い。近年、偽造防止技術が付加されており、従来の透かしなどに加え、セキュリティー・スレッド、潜像、パールインク、マイクロ文字、表裏透過レジストレーション、ユーリオンなどが採用されている。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見たユーリオン

    1996年に発行開始され現在流通している紙幣は「マハトマ・ガンディー」シリーズと呼ばれる。5ルピー、10ルピー、20ルピー、50ルピー、100ルピー、500ルピー、1.000ルピーの7種がある。17カ国語(英語とヒンディー語が表面、残りの15カ国語が裏面)で額面の記載がある。ATMでは100ルピー、500ルピー、1.000ルピーが使用されていることが多い。近年、偽造防止技術が付加されており、従来の透かしなどに加え、セキュリティー・スレッド、潜像、パールインク、マイクロ文字、表裏透過レジストレーション、ユーリオンなどが採用されている。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
25件中 1 - 10件表示