61件中 11 - 20件表示
  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見た預金

    突然の『高額紙幣無効』を宣告したのは、脱税目的で銀行口座に預金せず、現金のまま自宅の貯金箱や金庫(=日本で言う「タンス預金」の状態)で保有している、富裕層の隠し資産を炙り出す狙いがあり、銀行口座を介さないインドの地下経済は、推定で国内総生産の20?45%(バンク・オブ・アメリカ、メリルリンチ)に及ぶと試算されている。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見た通貨

    インド・ルピー(India Rupee)は、インドの通貨の単位のひとつである。英字では「Rs」と、ISO 4217では「INR」と表示される。インド・ルピー通貨の発行はインド準備銀行が実施している。補助単位として「パイサ(単数:Paisa、複数:Paise)」があり、1ルピー=100パイサである。2010年7月15日「Rs」に代わる通貨記号として「?(10px)」の採用を決めた。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見た現金自動預け払い機

    1996年に発行開始され、現在流通している紙幣は「マハトマ・ガンディー」シリーズと呼ばれる。5ルピー、10ルピー、20ルピー、50ルピー、100ルピーの5種がある。17カ国語(英語とヒンディー語が表面、残りの15カ国語が裏面)で額面の記載がある。ATMでは100ルピーが使用されていることが多い。近年、偽造防止技術が付加されており、従来の透かしなどに加え、セキュリティー・スレッド、潜像、パールインク、マイクロ文字、表裏透過レジストレーション、ユーリオンなどが採用されている。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見た銀行口座

    突然の『高額紙幣無効』を宣告したのは、脱税目的で銀行口座に預金せず、現金のまま自宅の貯金箱や金庫(=日本で言う「タンス預金」の状態)で保有している、富裕層の隠し資産を炙り出す狙いがあり、銀行口座を介さないインドの地下経済は、推定で国内総生産の20?45%(バンク・オブ・アメリカ、メリルリンチ)に及ぶと試算されている。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見た汚職

    2016年11月8日午後8時に、ナレンドラ・モディ首相が、突如「インドに蔓延している汚職と脱税の根絶を目的」として、1,000ルピー紙幣(当時の為替レートでは日本円で1,600円)と500ルピー紙幣(同日本円で800円)の流通差止を命じ、4時間後の11月9日午前0時(日本標準時同3時半)以降、これら2種類の紙幣は、法定通貨としての効力を失うと、インド国営テレビ局(DDTV)を通じて宣言した。この発表により、銀行やATMに通貨交換を求めて国民が殺到した。ただし、2016年12月30日までは、銀行や郵便局で旧紙幣(旧500ルピー紙幣・旧1000ルピー紙幣)の交換を受け付け、11月10日以降にインド準備銀行が、新たに新500ルピー紙幣・新2,000ルピー紙幣を発行するとしている。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見た富裕層

    突然の『高額紙幣無効』を宣告したのは、脱税目的で銀行口座に預金せず、現金のまま自宅の貯金箱や金庫(=日本で言う「タンス預金」の状態)で保有している、富裕層の隠し資産を炙り出す狙いがあり、銀行口座を介さないインドの地下経済は、推定で国内総生産の20?45%(バンク・オブ・アメリカ、メリルリンチ)に及ぶと試算されている。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見た2009年

    2009年3月にインド政府はルピー記号のデザイン公募を発表。2010年予算審議の際ムカージー財務大臣は「新しい通貨記号はインドの文化的特徴を表すものになるだろう」と述べた。最終的に5案に絞られ、2010年7月に内閣がインド工科大学出身のデザイナー、クマル案の「?」に決定し発表した。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見たイギリス東インド会社

    インドでは古代から銀貨が鋳造・流通されていたが現在のルピーの基となった銀貨は、16世紀前半にスール朝を創始したシェール・シャーによって発行されたもの(銀175グレイン=約11.34g)が最初とされている。このルピー銀貨はその後のムガル帝国でも広く流通し、ムガル帝国などと貿易を行っていたイギリス東インド会社もルピー銀貨と等価の硬貨を発行・流通させた。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見た透かし

    1996年に発行開始され、現在流通している紙幣は「マハトマ・ガンディー」シリーズと呼ばれる。5ルピー、10ルピー、20ルピー、50ルピー、100ルピーの5種がある。17カ国語(英語とヒンディー語が表面、残りの15カ国語が裏面)で額面の記載がある。ATMでは100ルピーが使用されていることが多い。近年、偽造防止技術が付加されており、従来の透かしなどに加え、セキュリティー・スレッド、潜像、パールインク、マイクロ文字、表裏透過レジストレーション、ユーリオンなどが採用されている。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

  • インド・ルピー

    インド・ルピーから見たグレーン

    インドでは古代から銀貨が鋳造・流通されていたが現在のルピーの基となった銀貨は、16世紀前半にスール朝を創始したシェール・シャーによって発行されたもの(銀175グレイン=約11.34g)が最初とされている。このルピー銀貨はその後のムガル帝国でも広く流通し、ムガル帝国などと貿易を行っていたイギリス東インド会社もルピー銀貨と等価の硬貨を発行・流通させた。インド・ルピー フレッシュアイペディアより)

61件中 11 - 20件表示

「インド・ルピー相場」のニューストピックワード

  • Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2020特別編〜新たな挑戦〜

  • この日は、マスクの着用を拒否して離陸直前に飛行機内から降ろされたニュースを紹介。

  • 函館空港行き