インフルエンザ ニュース&Wiki etc.

インフルエンザ()とはインフルエンザウイルスによる急性感染症の一種で流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、略称・流感(りゅうかん)ともいう。発病すると、高熱、筋肉痛などを伴う風邪の様な症状があらわれる(詳細は症状の節を参照)。急性脳症や二次感染により死亡することもある。 (出典:Wikipedia)

「インフルエンザ」Q&A

  • Q&A

    インフルエンザ予防接種について教えてください。 1週間前くらいから、のど風邪!?をひ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月4日 09:42

  • Q&A

    喘息の急性発作の重症度について 今週のはじめから呼吸がしんどく、昨日呼吸器内科にいっ…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月3日 23:30

  • Q&A

    インフルエンザは何故起きるのでしょうか? 運?それとも重大な過失?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年12月3日 23:24

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「インフルエンザ」のつながり調べ

  • 過労死

    過労死から見たインフルエンザ

    奈良県立三室病院に勤務していた当時26歳の臨床研修医が、2004年1月に勤務中にA型インフルエンザを発症し、自宅療養をしていたが死亡した。この男性は、死亡直前の2003年12月には、1日当たりの勤務時間が12?24時間に及ぶ日が連続6日間もあり、また、食事時間や休憩時間もほとんど取れない状態だった。地方公務員災害補償基金奈良県支部は2007年2月に、この男性の死を公務災害と認定し、両親に遺族補償一時金約417万円と、父親に約56万円の葬祭補償を支給したが、両親は、補償一時金に時間外手当が導入されていないとして、奈良地方裁判所に訴えを起こした。2010年8月26日に同地裁は、「時間外労働の存在は明確で、これを考慮しなかったことは違法」として、同支部の決定を取り消す判決を言い渡した。(過労死 フレッシュアイペディアより)

  • トレヴァー・ハワード

    トレヴァー・ハワードから見たインフルエンザ

    父は保険組合の理事。生まれてまもなくセイロンへ移り、5歳の頃まで過ごす。その後は移住好きの父の意思で、アメリカ、カナダと転じ、オンタリオ州ブラントフォードの学校に通う。帰国後はブリストルのクリフトン・カレッジで学ぶかたわらクリケットの選手として活躍した後、奨学金を得て王立演劇学校でも学び、1934年からロンドンの舞台に立つ。第二次世界大戦中は1940年から3年間従軍、落下傘部隊としてナチス占領下のノルウェイに降下し、またシシリー進攻にも参加するなど活躍して戦功十字章を受けている。帰還後の1944年9月8日にロンドンの舞台で共演したヘレン・チェリーと結婚。1945年に映画デビュー。戦後にかけて、重厚な存在感を持つ俳優として活躍し、デヴィッド・リーンの『逢びき』をはじめ『ライアンの娘』の神父役など、キャロル・リードの『第三の男』の出演で知られた。1988年1月7日午後、インフルエンザ気管支炎、黄疸の合併症のために死去した。(トレヴァー・ハワード フレッシュアイペディアより)

「インフルエンザ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「インフルエンザ」のニューストピックワード