前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
414件中 1 - 10件表示
  • パンデミック

    パンデミックから見たインフルエンザインフルエンザ

    これまでヒトの世界でパンデミックを起こした感染症には、天然痘、インフルエンザ、AIDSなどのウイルス感染症、ペスト、梅毒、コレラ、結核、発疹チフスなどの細菌感染症、原虫感染症であるマラリアなど、さまざまな病原体によるものが存在する。現在も、AIDS、結核、マラリア、コレラなど複数の感染症において、世界的な流行が見られるパンデミックの状態にあり、また毎年見られる季節性インフルエンザ(A/ソ連、A/香港、B型)の流行も、パンデミックの一種と言える。パンデミック フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザウイルス

    インフルエンザウイルスから見たインフルエンザインフルエンザ

    インフルエンザウイルス (influenzavirus , flu virus) は、人に感染して、伝染病であるインフルエンザを起こすウイルスである。インフルエンザウイルス フレッシュアイペディアより)

  • ライ症候群

    ライ症候群から見たインフルエンザインフルエンザ

    ライ症候群(ライしょうこうぐん、Reye's syndrome)とは、インフルエンザや水痘などの感染後、特にアスピリンを服用している小児に、急性脳症、肝臓の脂肪浸潤を引き起こし、生命にもかかわる原因不明で稀な病気である。名前は後述の通り研究者の人名に由来し、かつて、らい病(癩病)とも呼ばれたハンセン病とは全く異なる。ライ症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年新型インフルエンザの世界的流行

    2009年新型インフルエンザの世界的流行から見たインフルエンザインフルエンザ

    2009年春頃から2010年3月にかけ、A型、H1N1亜型という種類の型のインフルエンザウイルスによるインフルエンザ(流行性感冒)が世界的に流行した。2009年新型インフルエンザの世界的流行 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見たインフルエンザインフルエンザ

    インフルエンザ、ウイルス性肝炎、ウイルス性髄膜炎、後天性免疫不全症候群 (AIDS)、成人T細胞性白血病、エボラ出血熱、黄熱、風邪症候群、狂犬病、サイトメガロウイルス感染症、重症急性呼吸器症候群 (SARS)、進行性多巣性白質脳症、水痘、帯状疱疹、手足口病、デング熱、伝染性紅斑、伝染性単核球症、天然痘、風疹、急性灰白髄炎(ポリオ)、麻疹 、咽頭結膜熱(プール熱)、マールブルグ出血熱、ハンタウイルス腎出血熱、ラッサ熱、流行性耳下腺炎、ウエストナイル熱、ヘルパンギーナ、チクングニア熱など感染症 フレッシュアイペディアより)

  • e防人

    e防人から見たインフルエンザインフルエンザ

    目の前の患者さんにインフルエンザを疑うが迅速検査は陰性だった、インフルエンザをほとんど疑わないのに患者さんの要請で検査をしてみたら迅速検査が陽性だった。このような状況でどう診断すべきかを解説している。e防人 フレッシュアイペディアより)

  • 舞姫 テレプシコーラ

    舞姫 テレプシコーラから見たインフルエンザインフルエンザ

    主人公。雪降る1月生まれ(第2部で1月17日生まれと判明)。甘ちゃんでメンタル面が弱いところもあるが、姉や友達思いの優しい性格で感受性の強い少女。姉の千花とは背格好も含め傍目にはよく似た美少女姉妹だが、千花はいかにも意志の強そうな美人系、六花はどちらかと言えば可愛らしいタイプ。本来は千花と同じくF中を受験する予定だったが、直前にひとみにインフルエンザをうつされて失敗。滑り止めだったS中に補欠入学する。S中ではダンス部で振り付けをしたが、直後クララ役に抜擢されたこともあってか入部はせず、いわゆる帰宅部。学校が終わると本部か自宅のレッスンに直行するか、語学塾通いの日々(千花もそうだった)。舞姫 テレプシコーラ フレッシュアイペディアより)

  • 有楽町アニメタウン

    有楽町アニメタウンから見たインフルエンザインフルエンザ

    第15話のみ、インフルエンザによる吉田欠席のため、ゲストであったSINJIがナレーションを務め、劇中でも「ヨシダ副長はインフルエンザで寝込んでいる」という設定であった。有楽町アニメタウン フレッシュアイペディアより)

  • マスクフェティシズム

    マスクフェティシズムから見たインフルエンザインフルエンザ

    もっとも一般的なマスクはガーゼマスクである。日常的によく目にするうえに、ほとんどの小学校において給食の配膳係は衛生教育の観点からガーゼマスクの着用が義務づけられていた(もっともインフルエンザなどには効果は薄い)。また、中学校、高等学校においても日常的に着用されるマスクであり、医師や看護師、歯科衛生士なども着用しており、幼少時から思春期までに多くの性的嗜好の固着を生み出す可能性が高い。フェティシズム的服装倒錯症としては、女医や看護師と言った白衣に対するフェティシズムやセーラー服やブレザーといった制服に対するフェティシズムとオーバーラップしやすい。マスクフェティシズム フレッシュアイペディアより)

  • ムラサキバレンギク属

    ムラサキバレンギク属から見たインフルエンザインフルエンザ

    日本では、ムラサキバレンギクのタネが昭和期に奈良県の平和圓によって発売され、切り花やドライフラワーとして利用されているが、あまり普及していない。イギリスなどでは数種のタネが発売されており、インターネットなどで購入することができる。日本でもかつては一部の植物が薬草として利用されていたが、現在はすべて花卉として栽培されている。欧米では下記に有るように、生薬(風邪薬、インフルエンザ薬)としての利用が盛んである。ムラサキバレンギク属 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
414件中 1 - 10件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード