前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
590件中 1 - 10件表示
  • ライ症候群

    ライ症候群から見たインフルエンザインフルエンザ

    ライ症候群(ライしょうこうぐん、Reye's syndrome)とは、インフルエンザや水痘などの感染後、特にアスピリンを服用している小児に、急性脳症、肝臓の脂肪浸潤を引き起こし、生命にもかかわる原因不明で稀な病気である。名前は後述の通り研究者の人名に由来する。かつて、らい病(癩病)とも呼ばれたハンセン病とは全く異なる。ライ症候群 フレッシュアイペディアより)

  • ワクチン

    ワクチンから見たインフルエンザインフルエンザ

    点鼻投与型インフルエンザワクチン(針を使用しないのと、粘膜免疫ができるため、有用である)ワクチン フレッシュアイペディアより)

  • 感染症

    感染症から見たインフルエンザインフルエンザ

    インフルエンザ、ウイルス性肝炎、ウイルス性髄膜炎、後天性免疫不全症候群 (AIDS)、成人T細胞性白血病、エボラ出血熱、黄熱、風邪症候群、狂犬病、サイトメガロウイルス感染症、重症急性呼吸器症候群 (SARS)、進行性多巣性白質脳症、水痘・帯状疱疹、単純疱疹、手足口病、デング熱、伝染性紅斑、伝染性単核球症、天然痘、風疹、急性灰白髄炎(ポリオ)、麻疹、咽頭結膜熱(プール熱)、マールブルグ出血熱、ハンタウイルス腎出血熱、ラッサ熱、流行性耳下腺炎、ウエストナイル熱、ヘルパンギーナ、チクングニア熱など感染症 フレッシュアイペディアより)

  • 化学及血清療法研究所

    化学及血清療法研究所から見たインフルエンザインフルエンザ

    国内製造シェアは2015年(平成27年)時点で、A型肝炎ワクチンが100%、B型肝炎ワクチンが約80%、日本脳炎ワクチンが約40%、インフルエンザワクチンが約30%。化学及血清療法研究所 フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザウイルス

    インフルエンザウイルスから見たインフルエンザインフルエンザ

    インフルエンザウイルス (influenzavirus , flu virus) はヒト(人間)に感染して、感染症であるインフルエンザを引き起こすウイルス。インフルエンザウイルス フレッシュアイペディアより)

  • e防人

    e防人から見たインフルエンザインフルエンザ

    目の前の患者にインフルエンザを疑うが迅速検査は陰性だった、インフルエンザをほとんど疑わないのに患者の要請で検査をしてみたら迅速検査が陽性だった。このような状況でどう診断すべきかを解説している。e防人 フレッシュアイペディアより)

  • 麻黄湯

    麻黄湯から見たインフルエンザインフルエンザ

    臨床では、初期のインフルエンザや各種感染症・気管支炎・気管支喘息の発作期・アレルギー性鼻炎の発作期・夜尿症などに応用する。麻黄湯 フレッシュアイペディアより)

  • マスクフェティシズム

    マスクフェティシズムから見たインフルエンザインフルエンザ

    もっとも一般的なマスクはガーゼマスクである。日常的によく目にするうえに、ほとんどの小学校において給食の配膳係は衛生教育の観点からガーゼマスクの着用が義務づけられていた(もっともインフルエンザなどには効果は薄い)。また、中学校、高等学校においても日常的に着用されるマスクであり、医師や看護師、歯科衛生士なども着用しており、幼少時から思春期までに多くの性的嗜好の固着を生み出す可能性が高い。フェティシズム的服装倒錯症としては、女医や看護師と言った白衣に対するフェティシズムやセーラー服やブレザーといった制服に対するフェティシズムとオーバーラップしやすい。マスクフェティシズム フレッシュアイペディアより)

  • E・W・ホーナング

    E・W・ホーナングから見たインフルエンザインフルエンザ

    第一次世界大戦のためにホーナングの創作活動が止まった。息子のオスカーが1915年7月の第二次イーペルの戦いで戦死した。ホーナングはまずイングランドで、その後フランスでYMCAの活動に加わり、食堂と図書館の運営を助けた。戦中に詩集2巻を出版し、戦後にさらに詩とフランスで過ごした時代の回想録『西部戦線のキャンプフォロワーの記録』を合わせた本を出した。ホーナングの壊れやすい体質は戦時の労働のストレスによって、さらに悪くなった。健康を快復するためにホーナングとその妻は1921年に南フランスを訪れた。その道中でインフルエンザに罹り、1921年3月22日に死んだ。54歳だった。E・W・ホーナング フレッシュアイペディアより)

  • 気道感染

    気道感染から見たインフルエンザインフルエンザ

    入院適応のある重症感染症か?これはバイタルサインや呼吸状態によって評価される場合が多い。また気道感染の場合は、空気感染するものが多く、隔離の必要性も考慮する。隔離が必要な疾患としてはインフルエンザ、麻疹、百日咳、結核、SARSなどが知られているが対応は明らかに異なる。結核ならば結核病床での入院となるが、インフルエンザならば感染のリスクの説明のみで帰宅できることが多い。これらは起炎菌が同定されるまでわからないため、咳や痰がある患者は否定されるまで感染症として扱い、疑わしきは隔離対象とするのが原則である。気道感染 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
590件中 1 - 10件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード