590件中 91 - 100件表示
  • 湯川寛吉

    湯川寛吉から見たインフルエンザインフルエンザ

    昭和3年(1928年)停年を迎えたが、若い16代家長住友友成の後見人として停年が3年間延長された。昭和5年(1930年)任期延長を満たさず総理事を辞職し、相談役として、また貴族院議員として、関西経済界の重鎮となる。しかし昭和6年(1931年)8月23日、インフルエンザによる肺炎により64歳で急逝した。湯川寛吉 フレッシュアイペディアより)

  • 気管支肺炎

    気管支肺炎から見たインフルエンザインフルエンザ

    風邪やインフルエンザに感染後、発症する市中肺炎が多い。次いで、入院施設内で発症する院内肺炎が増加している。肺胞内と肺胞上皮内に、肺炎球菌、インフルエンザ桿菌、黄色ブドウ球菌、A群溶連菌、マイコプラズマ.ニュウモニエ、マイコプラズマ.ジェニタリウム、マイコプラズマ.ホミニス、レジオネラ菌、クラミジア.トラコマーティス、 クラミジア.ニュウモニエ、 結核菌、非定型抗酸菌などが感染し増殖して発症する。気管支肺炎 フレッシュアイペディアより)

  • 北野豊吉

    北野豊吉から見たインフルエンザインフルエンザ

    1970年の天皇賞馬であったメジロアサマは現役時代に流感にかかった際に抗生物質を使った後遺症のため、生殖機能が極度に悪くなっていて初年度の受胎数はゼロと即種牡馬廃業になってもおかしくない状況であった。それでも「アサマの仔で天皇賞を勝つ」と誓った豊吉は周りから馬鹿にされながらも人間の(獣医ではない)産婦人科医に診てもらったり、大枚をはたいて輸入した牝馬に種付けを試みた。その結果、輸入牝馬・シェリルとの間に生まれたのが1982年の天皇賞馬・メジロティターンであった。北野豊吉 フレッシュアイペディアより)

  • チキンスープ

    チキンスープから見たインフルエンザインフルエンザ

    アメリカ合衆国では一般的に鶏肉の切り身、ニンジン、タマネギ、セロリから作られ、塩と胡椒で味をつける。鶏卵をつなぎとしたエッグヌードルという麺が入るとチキンヌードルスープと呼ばれる。調理しやすく、比較的安く、栄養に富み、消化しやすいため、病人食や風邪やインフルエンザの民間療法として伝統的に用いられ、俗に「ユダヤ人のペニシリン」とも呼ばれる。多くのヨーロッパ系アメリカ人のおふくろの味の一つである。チキンスープ フレッシュアイペディアより)

  • シキミ酸

    シキミ酸から見たインフルエンザインフルエンザ

    最近では、インフルエンザの治療薬オセルタミビル(タミフル)の原料として用いられている。以前は、多段階の発酵法、多量の副生成物との分離といった課題があり、効率が悪かったが、コーヒー粕麹法により量産のめどがついた。シキミ酸 フレッシュアイペディアより)

  • パトリック・デイト

    パトリック・デイトから見たインフルエンザインフルエンザ

    2014年3月、新たに代表監督に就任したトーマス・ドゥーリーからマレーシア代表との親善試合に挑む代表メンバーに控えとして初選出され、正GKのローラント・ミュラーがインフルエンザのためにフライトをキャンセルしたために、初出場も果たした。パトリック・デイト フレッシュアイペディアより)

  • ベン・ターピン

    ベン・ターピンから見たインフルエンザインフルエンザ

    ターピンは、最初の妻で女優のキャリー・ルミュー(Carrie Le Mieux)と1907年にシカゴで結婚した。妻キャリーは1923年、インフルエンザに罹患し、聴覚を失ってしまった。打ちひしがれたターピンは、重病の妻をカナダのケベック州にある、重病人の快癒の逸話が多く伝わることで有名なサンタンヌ・ド・ボープレ大聖堂に連れてゆき、妻の快癒を祈願した。妻の病状が重くなるにつれ、ターピンは妻の介護のため俳優業を休むようになった。キャリーは1925年10月2日に亡くなった。ベン・ターピン フレッシュアイペディアより)

  • ヴァージニア・チェリル

    ヴァージニア・チェリルから見たインフルエンザインフルエンザ

    しかし、ここで一つ問題が起こる。ヴァージニアが特にチャップリンを気に入っておらず、チャップリンもまたヴァージニアには好意を持てなかったことで、チャップリン視点でいえば、個人的に好意を寄せていない女優と共演するのは初めてだった。『街の灯』の撮影のうち、ヴァージニア演じる盲目の花売り娘が放浪者と出会うシーンが最初に撮影されたのは1929年1月29日から2月14日の間で、チャップリンがインフルエンザと食中毒で床に臥せっていた期間を挟んで4月1日から10日までの間に一度は撮影されたが、チャップリンは取り直しを重ねても出来栄えに満足せず、当該シーンの撮影はいったん放置された。半年後の1929年11月ごろから再び当該シーンの撮影が再開されるが、その半年間、ヴァージニアは夜毎にパーティーに出かけたりして退屈をしのぐ日々だった。相変わらずチャップリンはヴァージニアに興味が持てず、気分は散漫になりがちであった。そして、一つの事件が起こる。重要なシーンの撮影を間近に控えたとき、ヴァージニアは「美容室の予約がある」という理由で早退を求め、これを聞いたチャップリンは不満が爆発してヴァージニアとの契約を停止してしまった。代わりに『黄金狂時代』でヒロインを務めたジョージア・ヘイルが盲目の花売り娘役を演じることとなり、テストフィルムまで撮られ好評を得たものの、側近の忠告に気持ちがぐらついて気が変わり、別の女優をテストしてみたものの気に入らなかったこともあって、チャップリンは10日後にヴァージニアを復帰させることを決断した。ところが、ヴァージニアは週給を停止前の75ドルから倍の150ドルにしてくれたら戻る、最初に契約した時は未成年だったから契約は無効だ、とチャップリンに訴え出る。週給の件は、ハーストの愛人マリオン・デイヴィスの入れ知恵であった。完全に鼻をへし折られた形のチャップリンではあったが、好意という形ではないにせよヴァージニアと仕事をすることにようやく気が向いたのか再契約に応じ、出会いのシーン、花売り娘の家でのシーンおよびラストシーンの撮影が順調に進むこととなった。『街の灯』全体の製作も憑き物が落ちたかのように順調となり、チャップリン自身もこれまでの不安を一気に吹き飛ばしたかのようであった。かくして『街の灯』の撮影は1930年10月30日に終わった。ヴァージニア・チェリル フレッシュアイペディアより)

  • 川上とも子のうさぎのみみたぶ

    川上とも子のうさぎのみみたぶから見たインフルエンザインフルエンザ

    2007年2月20日 とも蔵が初のインフルエンザにより番組は休止、#434は2月27日に配信された。その後、続けて#435(3月6日)も収録した。川上とも子のうさぎのみみたぶ フレッシュアイペディアより)

  • NACK ON TOWN

    NACK ON TOWNから見たインフルエンザインフルエンザ

    以前までは、土屋の仕事への姿勢は真面目そのものだったが、ある時 HITS! THE TOWN のパーソナリティーであるバカボン鬼塚がインフルエンザで急病で休み、代役としてHITS! THE TOWNに出演したが、余りにも maylee (当時の HITS! THE TOWN パーソナリティ)のやる気の無さと HITS! THE TOWN のぬるい番組進行に困惑し、番組終盤には maylee に毒され、翌週の当番組では土屋のキャラクターが180度変わった。澤に「どうしたの?土屋さん!?」と驚かれ、心配された。以後、土屋の仕事への姿勢が弾けたものとなる。NACK ON TOWN フレッシュアイペディアより)

590件中 91 - 100件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード