590件中 111 - 120件表示
  • ペラミビル

    ペラミビルから見たインフルエンザインフルエンザ

    ペラミビル (Peramivir) はアメリカのバイオクリスト社 (BioCryst Pharmaceuticals) 開発のインフルエンザ用抗ウイルス薬である。日本での商品名は「ラピアクタ」。ペラミビル フレッシュアイペディアより)

  • ヨーゼフ・ヴォルフスタール

    ヨーゼフ・ヴォルフスタールから見たインフルエンザインフルエンザ

    ベルリンでインフルエンザをこじらせた肺炎により死去。ヨーゼフ・ヴォルフスタール フレッシュアイペディアより)

  • ワクチンの年表

    ワクチンの年表から見たインフルエンザインフルエンザ

    1945年 ? インフルエンザ(Influenza)の最初のワクチンが開発。ワクチンの年表 フレッシュアイペディアより)

  • 医者がすすめる専門医

    医者がすすめる専門医から見たインフルエンザインフルエンザ

    インフルエンザ」専門医:横須賀共済病院小児科 番場正博部長医者がすすめる専門医 フレッシュアイペディアより)

  • 田勢康弘の週刊ニュース新書

    田勢康弘の週刊ニュース新書から見たインフルエンザインフルエンザ

    水原恵理(テレビ東京アナウンサー、2009年1月17日、大江のインフルエンザによる欠席のため、当日急遽代役として出演。また、代役ではないが2012年9月15日放送のスペシャルでも出演)田勢康弘の週刊ニュース新書 フレッシュアイペディアより)

  • ファニー・ブロック・ワークマン

    ファニー・ブロック・ワークマンから見たインフルエンザインフルエンザ

    1889年、ワークマン家はウィリアムの健康を理由にドイツに移転したが、ポーリーはこれが単に口実に過ぎなかったと推測しており、事実ウィリアムは驚くほど急速に快復した。ドレスデンに到着してから間もなく、夫婦の2番目の子供であるジークフリートが生まれた。ファニーとウィリアムはこうして2人の子供を得ていたが、ファニーは妻であり母であるという社会的に受け入れられる役割に落ち着くことを拒否し、その代わりに著作家かつ冒険家になった。1800年代の理想とされた女性らしさとは異なった活発な生活を送った。フェミニストとして、自分は困難な生活でも男性と同等かそれを超えることができる例だと考えた。当時の新しい女としての精神を実現できると考えた。さらには、ミラーが女性探検家に関する著作で指摘しているように、当時の理想の家庭は大きなものであり、避妊に関する情報は容易に得られなかったので、ウィリアムの医学の知識が貴重なものだったに違いないということである。ワークマン家は長い旅行をする間、子供たちを子守に預けた。1893年、ジークフリートがインフルエンザと肺炎の合併症で死んだ。その死後、ポーリーに拠れば、ワークマンは自転車旅行を通じて積極的に新たなアイデンティティを求め、それは妻や母という伝統的な責任から開放されるものであり、「彼女の」興味や大望に合わせることを認めるものだった。夫妻は1912年にあった娘の結婚式も、カラコルム山脈を探検していたので、出席できなかった。ファニー・ブロック・ワークマン フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・マサ

    ジョージ・マサから見たインフルエンザインフルエンザ

    マサは、1933年にインフルエンザで死亡した。マサは生前、ノースカロライナ州にある畏友ケファートの墓の隣に葬られることを強く望んでいたが、それは果たされず、アシュビルのリバーサイド墓地(Riverside Cemetery:の一部)に葬られた。ジョージ・マサ フレッシュアイペディアより)

  • 真夜中の訪問客

    真夜中の訪問客から見たインフルエンザインフルエンザ

    12月の霧の立ち込めるフィレンツェの早朝、カラビニエリの分署にグアルナッチャ准尉宛てに准尉の知り合いだという掃除夫から、要領を得ない電話がかかってきた。グアルナッチャがインフルエンザに罹患して寝ていたため見習い士官のバッチ憲兵が出動したところ、掃除夫が働くアパートメントの住人でイギリス人のA・ラングレー=スマイスが自室で射殺死体となって発見された。真夜中の訪問客 フレッシュアイペディアより)

  • 後件肯定

    後件肯定から見たインフルエンザインフルエンザ

    私はインフルエンザにかかっているとき、ノドが痛くなる。後件肯定 フレッシュアイペディアより)

  • ミハイル・ミハイロヴィチ

    ミハイル・ミハイロヴィチから見たインフルエンザインフルエンザ

    第一次世界大戦とそれに続くロシア革命で、ミハイルの資産はほとんどが失われた。彼らは小さな家に住み替えるなどして窮乏をしのいだ。ジョージ5世と王妃メアリー・オブ・テックから1万ポンドの援助を受けることができた。また、長女アナスタシアが資産家ハロルド・ワーナーと1917年に結婚し、この義理の息子からも援助を受けていた。次女ナデジダは1916年にバッテンベルク公ルートヴィヒの長男ジョージ(ドイツ語名ゲオルク)と結婚した。ジョージはヴィクトリア女王の曾孫として殿下の称号で呼ばれるイギリス王室の一員であったが、第一次大戦中のイギリス国民のドイツに対する国民感情の悪化を懸念したイギリス王室の改姓に従い、バッテンベルク家の姓をマウントバッテンに改めた。家族親類縁者のむごたらしい処刑の報を聞くにつれ、ミハイルは精神の均衡を失っていった。彼は短気になり、些細なことで従者や妻ゾフィーに虐待を加えた。1927年にゾフィーに先立たれてからさらに症状は重くなっていった。1929年、インフルエンザのためロンドンで死去した。ミハイル・ミハイロヴィチ フレッシュアイペディアより)

590件中 111 - 120件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード