414件中 11 - 20件表示
  • 南魚沼市消防本部

    南魚沼市消防本部から見たインフルエンザインフルエンザ

    5月16日 新型インフルエンザ(A/H1N1)患者が国内で発生、管内では6月23日に発生し流行拡大南魚沼市消防本部 フレッシュアイペディアより)

  • 薬害

    薬害から見たインフルエンザインフルエンザ

    インフルエンザなどにより高熱を呈する小児に対して、サリチル酸やスルピリン・ジクロフェナクナトリウムなどの解熱鎮痛剤(大衆薬を含む)を投与したことで脳症を発症し、後遺障害が発生する症状。2000年に緊急安全性情報が発出され、15歳未満への小児に対しての解熱には上記成分は使用禁忌となり、アセトアミノフェン等ごく限られた薬品を用いる。なおハンセン病(らい病)とは別の病態。薬害 フレッシュアイペディアより)

  • 感染症の歴史

    感染症の歴史から見たインフルエンザインフルエンザ

    すなわち、コレラ、インフルエンザ、マラリア、麻疹、ペスト、猩紅熱、睡眠病(嗜眠性脳炎)、天然痘、結核、腸チフス、黄熱などが、ユーラシアとアフリカからアメリカ大陸へもたらされた。感染症の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • セント・キルダ

    セント・キルダから見たインフルエンザインフルエンザ

    20世紀の転換点にくると、正式な学校教育が再び島の特徴となった。そして1906年に教会は校舎を作るため拡張された。子供たちは今や全員が英語と母語であるゲール語を学んだ。マッカイ牧師によって島へ来ることを拒否されていた助産師の能力が改善され、小児破傷風問題が減少した。1880年代から、北大西洋で漁をするトロール漁船が定期的に島に停泊するようになり、さらなる貿易をもたらした。マッカイ牧師任期中の1875年に避難の話が持ち上がったが、時折の食糧不足と1913年のインフルエンザ流行にもかかわらず、人口は75から80の間で安定していた。数年以内に千年続いた島の歴史が終焉を迎えるという明らかな兆しは見えていなかった。セント・キルダ フレッシュアイペディアより)

  • World Community Grid

    World Community Gridから見たインフルエンザインフルエンザ

    Influenza Antiviral Drug Search(インフルエンザ抗ウイルス薬の探索:フェーズ1 2009年5月5日発足、2009年10月22日保留) - 体内でインフルエンザの蔓延を抑える化学合成物(chemical compounds)の特定。World Community Grid フレッシュアイペディアより)

  • 小児科学

    小児科学から見たインフルエンザインフルエンザ

    小児のウイルス感染は季節変動が知られている。春は熱性痙攣、ライノウイルスによる普通感冒、ノロウイルスによる流行性嘔吐症が多い。梅雨時になると気管支喘息発作が増加するが、それに伴ってパラインフルエンザウイルスによる咳喘息も増加する。コクサッキーウイルスによるヘルパンギーナ、発疹、無菌性髄膜炎、アデノウイルスによる咽頭結膜炎(プール熱)は夏に多い。秋になると再び気管支喘息発作が増加するが、ライノウイルスによる普通感冒も流行する。冬になるとRSウイルスによる細気管支炎やロタウイルス、ノロウイルスによる乳児嘔吐下痢症、インフルエンザが猛威を振るう。小児科学 フレッシュアイペディアより)

  • 麻黄湯

    麻黄湯から見たインフルエンザインフルエンザ

    臨床では、初期のインフルエンザや各種感染症・気管支炎・気管支喘息の発作期・アレルギー性鼻炎の発作期・夜尿症などに応用する。麻黄湯 フレッシュアイペディアより)

  • ワクチン

    ワクチンから見たインフルエンザインフルエンザ

    点鼻投与型インフルエンザワクチン(針を使用しないのと、粘膜免疫ができるため、有用である)ワクチン フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本

    2009年の日本から見たインフルエンザインフルエンザ

    1月16日 - 国立感染症研究所、流行中のAソ連型インフルエンザウイルスに治療薬であるタミフル(オセルタミビル)が効かない薬剤耐性ウイルスが97%を占めることを発表2009年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ガチフロキサシン

    ガチフロキサシンから見たインフルエンザインフルエンザ

    肺炎球菌、インフルエンザ菌、肺炎クラミジア、マイコプラズマ、レジオネラなどに強い抗菌活性を有するレスピラトリーキノロンの一種で、同系統で先に上市していたトスフロキサシンやスパルフロキサシンの薬剤吸収低下や光線過敏症の欠点がなく、さらに従来のニューキノロン剤による薬剤耐性が出来ている多剤耐性肺炎球菌による市中肺炎に優れた効果を示す点から発売当初は「有望な抗菌剤」として注目され、杏林製薬は初年度売上85億円、以後年間売上100億円以上にする戦略をたてた。ガチフロキサシン フレッシュアイペディアより)

414件中 11 - 20件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード