414件中 21 - 30件表示
  • 風邪

    風邪から見たインフルエンザインフルエンザ

    インフルエンザ(流行性感冒)やマイコプラズマ肺炎等の症状も、風邪に含める場合もある。特にインフルエンザについては風邪と呼ばれるケースが多い。これについては、「インフルエンザを風邪と呼ぶべきではない」とする者もいるが、これは「インフルエンザは命にかかわる病気なので油断すべきではない」という警鐘である。歴史的にも「スペインかぜ」や「アジアかぜ」など、大勢の死者を出した大規模なインフルエンザのパンデミックは「風邪(かぜ)」と呼ばれており、風邪だから軽度の病気だというのは近年の認識である。医学的に言えば、インフルエンザは疾患・疾病名であり、風邪は症状名であり、概念が異なるのである。もちろんインフルエンザという疾患名が特定できた場合においては、症状名でなく疾患名で呼ぶべきであり、これはインフルエンザに限った話ではない。逆に言えば、症状があまり重くない風邪であれば、疾患名を特定するより先に(あるいは疾患名を特定する必要なく)治癒してしまうので、これが近年における、風邪は軽度の病気であるという認識につながっている。風邪 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見たインフルエンザインフルエンザ

    厚生労働省、インフルエンザ治療薬タミフルについて、10代への使用中止を求める緊急安全性情報を出すよう中外製薬に指示。翌未明、服用後の転落事例が2004年以降22件、うち15件が10代の患者であったとする調査結果を発表。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 水平感染

    水平感染から見たインフルエンザインフルエンザ

    水平感染(すいへいかんせん、horizontal infection)とは感染様式の一つ。水平伝播とも呼ばれる。接触、飲食物、空気、ベクターなどを介することのより個体から個体へと感染すること。垂直感染が縦の広がりとすると、水平感染は横の広がりということができる。水平感染により広がる感染症としてインフルエンザ、口蹄疫などが存在する。水平感染 フレッシュアイペディアより)

  • 抗原原罪

    抗原原罪から見たインフルエンザインフルエンザ

    抗原原罪(こうげんげんざい original antigen sin)とは、一度インフルエンザに感染した人がその時のインフルエンザ株の持っていたエピトープ以外のエピトープに対し、その免疫原性に関わらず反応できなくなっている現象のこと。この現象は、二次反応におけるナイーブリンパ球と記憶リンパ球との相互作用によって説明される。以下、理解に必要と思われる基本的概念と抗原がインフルエンザ変異株である場合(すなわち『抗原原罪』の単語が用いられる場合)との順で解説する。抗原原罪 フレッシュアイペディアより)

  • 流行性感冒

    流行性感冒から見たインフルエンザインフルエンザ

    流行性感冒 フレッシュアイペディアより)

  • 流感

    流感から見たインフルエンザインフルエンザ

    流感 フレッシュアイペディアより)

  • フルー

    フルーから見たインフルエンザインフルエンザ

    フルー フレッシュアイペディアより)

  • インフル

    インフルから見たインフルエンザインフルエンザ

    インフル フレッシュアイペディアより)

  • 戸川安道

    戸川安道から見たインフルエンザインフルエンザ

    相続当初は、天災と疫病に苦しめられた。相続直後に江戸屋敷が安政の大地震で建物の全てが大破。安政3年(1856年)6月、旱魃のため知行地内の竜王宮・鍋森宮に対し雨乞い祈祷をするよう御触書を出している。安政4年(1857年)も知行地内で2月に風邪(流感)が蔓延、さらに6月から9月は旱魃と暴風雨に遭うなど天災に見舞われたため、安政6年(1858年)家臣・片岡藤左衛門に伊勢神宮に代参するよう命じている。しかし、この年から翌安政7年(1859年)までコレラの大流行、万延元年(1860年)の米の不作などがおこっている。戸川安道 フレッシュアイペディアより)

  • C型インフルエンザウイルス

    C型インフルエンザウイルスから見たインフルエンザインフルエンザ

    C型インフルエンザウイルス()とはオルソミクソウイルス科に属するウイルスの1種であり、A型インフルエンザウイルス、B型インフルエンザウイルス同様、インフルエンザを引き起こす。C型インフルエンザウイルス属に属する唯一のウイルスである。C型インフルエンザウイルス フレッシュアイペディアより)

414件中 21 - 30件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード