414件中 41 - 50件表示
  • 真夜中の訪問客

    真夜中の訪問客から見たインフルエンザインフルエンザ

    12月の霧の立ち込めるフィレンツェの早朝、カラビニエリの分署にグアルナッチャ准尉宛てに准尉の知り合いだという掃除夫から、要領を得ない電話がかかってきた。グアルナッチャがインフルエンザに罹患して寝ていたため見習い士官のバッチ憲兵が出動したところ、掃除夫が働くアパートメントの住人でイギリス人のA・ラングレー=スマイスが自室で射殺死体となって発見された。真夜中の訪問客 フレッシュアイペディアより)

  • 追加入試

    追加入試から見たインフルエンザインフルエンザ

    インフルエンザなどの災害が原因となって受験できなかった者を救済する事を目的として追加入試を実施している所が存在し、その場合は進学校や名門大学の実施例も見られる。追加入試 フレッシュアイペディアより)

  • 中田千代

    中田千代から見た流行性感冒インフルエンザ

    1928年(昭和3年)2月21日、流行性感冒で死去した。2月23日、柏木聖書学院で告別式が行われて、大江捨一・陸奥夫妻、辻啓蔵・京夫妻などが出席した。中田重治は当時オーストラリアを旅行中であり、2月23日シドニーで電報で訃報を知った。中田千代 フレッシュアイペディアより)

  • 猫インフルエンザ

    猫インフルエンザから見たインフルエンザインフルエンザ

    猫インフルエンザ()とはネコ科動物の上気道疾患。通常はインフルエンザウイルス感染による疾病ではないため、猫インフルエンザは誤称であるとみなされる。猫インフルエンザとはネコにおけるインフルエンザ様の呼吸器疾患を示す用語である。猫インフルエンザは1種あるいは複数の病原体によって引き起こされると考えられている。猫インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • 吉原賢二

    吉原賢二から見たインフルエンザインフルエンザ

    社会的活動としては二男のインフルエンザ予防接種禍を契機として予防接種の安全及び被害者救済の運動を起こし、20年に及ぶ国家賠償法訴訟に勝訴した。この方面の著書として岩波新書『私憤から公憤へ』(1975初版、1999アンコール版)は多くの反響を呼び起こした。これを契機として1996年「いのちの尊厳を考える会」を設立、会長となる。その活動は『いのちの杜に歌声起こる』(イー・ピックス出版2007)にまとめられている。またエッセイストとして活動、日本エッセイスト・クラブ会員となり、著書に『夕映えの杜に』(イー・ピックス出版2009)などがある。吉原賢二 フレッシュアイペディアより)

  • 備蓄推奨品

    備蓄推奨品から見たインフルエンザインフルエンザ

    農林水産省は、インフルエンザの場合は、電力・ガス・水道が使えなくなる事態を想定して3日程度の食料備蓄を推奨。2009年新型インフルエンザについては、2009年5月17日現在は発熱外来へ連絡の上適切な治療を受ければ軽症ですむとされているものの、感染時に重症になるリスクの高い妊娠中の女性、糖尿病、心臓病、高血圧、喘息、リウマチなどの持病を抱えた人は十分に注意する必要があるとされている。備蓄推奨品 フレッシュアイペディアより)

  • パン・ソニック

    パン・ソニックから見たインフルエンザインフルエンザ

    ファッションショーでの音楽担当を含め複数の来日歴があり、2007年2月にも来日したが、直前になりイルポ・ヴァイサネンがインフルエンザを発病し来日が遅れ、山口市で予定されていたライヴは急遽ミカ・ヴァイニオと灰野敬二との共演となった。パン・ソニックの二人は灰野に対して敬意を表しており、思いがけないところで共演が実現したことになる。パン・ソニック フレッシュアイペディアより)

  • 医者がすすめる専門医

    医者がすすめる専門医から見たインフルエンザインフルエンザ

    インフルエンザ」専門医:横須賀共済病院小児科 番場正博部長医者がすすめる専門医 フレッシュアイペディアより)

  • 嗅覚障害

    嗅覚障害から見たインフルエンザインフルエンザ

    風邪やインフルエンザなどの呼吸器系感染症や花粉症などから鼻炎・副鼻腔炎を起こし、吸気が鼻の最上部にある嗅細胞に達する経路が遮断されて起こる呼吸器性と、嗅細胞・嗅神経の障害による末梢神経性および大脳の一部が腫瘍やこうそくなどで傷害されて起こる中枢神経性の区別がある。嗅覚障害 フレッシュアイペディアより)

  • 梅肉エキス

    梅肉エキスから見たインフルエンザインフルエンザ

    ウメは中国原産のバラ科サクラ属の落葉高木で、中国から薬用の烏梅(うばい)という形で伝来したという説が有力である。烏梅は未熟な青梅を煙でいぶし焼きにして天日に干し乾燥させたもので、鎮痛、解毒の作用があり、熱冷まし、下痢、吐き気止め、せき止め、回虫駆除などに有効とされる。中国最古の薬物書『神農本草経』にはウメの薬効が説かれている。梅肉エキスは、日本で考案されたもので、江戸時代末の医師・衣関順庵(きぬどめじゅんあん)が著わした医学書『諸国古伝秘方』(1817年)には梅肉エキスの作り方が記され、赤痢やチフス、食中毒、吐き下し、下痢、便秘、消化不良などに対する効用が記されている。現在では、血流改善、降圧作用、免疫細胞の活性化、抗インフルエンザウイルス活性、疲労回復、肝臓強化、静菌作用などの効用が知られている。非常に酸味が強い。この酸味は、主成分のクエン酸によるものである。梅肉エキスを製造する過程で生まれるムメフラールは梅肉エキスだけに含まれる成分である。梅肉エキス フレッシュアイペディアより)

414件中 41 - 50件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード