590件中 41 - 50件表示
  • 急性中耳炎

    急性中耳炎から見たインフルエンザインフルエンザ

    猩紅熱、ジフテリア、インフルエンザなどの感染症で血行性に感染することがある。まれではあるが、一般の中耳炎に比べ重症になりやすい。急性中耳炎 フレッシュアイペディアより)

  • NADPHオキシダーゼ

    NADPHオキシダーゼから見たインフルエンザインフルエンザ

    NADPHオキシダーゼはアポシニンやDPI(diphenylene iodonium)で阻害される。アポシニンはNADPHオキシダーゼサブユニットの集合を妨げる。マウスのin vivo研究により、アポシニンによるNADPHオキシダーゼの阻害は、インフルエンザ性肺炎を軽減することが示された。NADPHオキシダーゼ フレッシュアイペディアより)

  • リンパ球性脈絡髄膜炎

    リンパ球性脈絡髄膜炎から見たインフルエンザインフルエンザ

    潜伏期は5~6日であり、インフルエンザ様症状、白血球、血小板の減少がみられ、一般に軽症であるが、まれに髄膜炎、髄膜脳炎などを引き起こし致命的な場合もある。感染者の1/3は発症しない。リンパ球性脈絡髄膜炎 フレッシュアイペディアより)

  • 初乳

    初乳から見たインフルエンザインフルエンザ

    風邪やインフルエンザ予防、ロタウイルスなどの感染症予防、初乳 フレッシュアイペディアより)

  • 抗原原罪

    抗原原罪から見たインフルエンザインフルエンザ

    抗原原罪(こうげんげんざい original antigen sin)とは、一度インフルエンザに感染した人がその時のインフルエンザ株の持っていたエピトープ以外のエピトープに対し、その免疫原性に関わらず反応できなくなっている現象のこと。この現象は、二次反応におけるナイーブリンパ球と記憶リンパ球との相互作用によって説明される。以下、理解に必要と思われる基本的概念と抗原がインフルエンザ変異株である場合(すなわち『抗原原罪』の単語が用いられる場合)との順で解説する。抗原原罪 フレッシュアイペディアより)

  • ヴィクトリア・マルガレーテ・フォン・プロイセン

    ヴィクトリア・マルガレーテ・フォン・プロイセンから見たインフルエンザインフルエンザ

    プロイセン王子フリードリヒ・レオポルトとその妻でシュレースヴィヒ=ホルシュタイン公フリードリヒ8世の娘ルイーゼ・ゾフィーの間の第1子、長女として生まれた。母の長姉アウグステ・ヴィクトリアはドイツ皇帝・プロイセン王ヴィルヘルム2世の皇后だったため、ヴィルヘルム2世の義理の姪にあたった。1913年5月17日にポツダムの新宮殿において、ロイス=ケストリッツ侯子ハインリヒ33世と結婚した。結婚式の際は皇帝ヴィルヘルム2世に腕を支えられてヴァージンロードを歩いた。夫妻は間に1男1女をもうけたが、1922年に離婚した。まもなく従弟のアウグスト・ヴィルヘルム王子との再婚話が持ち上がったが、翌1923年にインフルエンザで急死した。ヴィクトリア・マルガレーテ・フォン・プロイセン フレッシュアイペディアより)

  • 中田千代

    中田千代から見た流行性感冒インフルエンザ

    1928年(昭和3年)2月21日、流行性感冒で死去した。2月23日、柏木聖書学院で告別式が行われて、大江捨一・陸奥夫妻、辻啓蔵・京夫妻などが出席した。中田重治は当時オーストラリアを旅行中であり、2月23日シドニーで電報で訃報を知った。中田千代 フレッシュアイペディアより)

  • メフェナム酸

    メフェナム酸から見たインフルエンザインフルエンザ

    胃に負担がかかるため、空腹時を避けて服用する。眠気が生じることがあるため、服用後は自動車の運転等は避ける。他に頭痛や胃痛、嘔吐、下痢、発疹、血小板減少などの副作用が生じることがある。まれにアナフィラキシーや溶血性貧血、急性腎不全、消化性潰瘍、肝機能障害などの重篤な副作用が生じる場合がある。インフルエンザ脳症を重症化させると考えられるため、15歳未満のインフルエンザ患者への投与は原則として禁止されている。過剰に摂取すると嘔吐、吐血、痙攣、昏睡などの症状があらわれる。症状は服用後30分?4時間ほどで現れるが、腎不全などは発症までに数日かかる場合がある。致死量は約2.5グラムである。メフェナム酸 フレッシュアイペディアより)

  • ロビー・ニコルズ

    ロビー・ニコルズから見たインフルエンザインフルエンザ

    オクラホマ州のクリーブランド高校、タルサ大学時代には円盤投の選手でもあった。NFLのボルチモア・コルツで1970年、1971年の2シーズンプレーした。タルサ大学時代、ラインバッカーとしてプレーするとともに、タイトエンドとしてもプレーした。チームには、オールアメリカンに選ばれたジェリー・ローム(Jerry Rhome)やハワード・トゥウィリーが在籍していた。空軍士官学校戦で香港型のインフルエンザに多くの選手がかかり、そのためヒューストン大学に6-100で敗れたことがあったという。ロビー・ニコルズ フレッシュアイペディアより)

  • ノイラミニダーゼ

    ノイラミニダーゼから見たインフルエンザインフルエンザ

    ノイラミニダーゼ(Neuraminidase、)は、ノイラミン酸のグリコシド結合を切断するグリコシダーゼである。シアリダーゼ(Sialidase)とも呼ばれる。ノイラミニダーゼは、広範な生物で見つかっている大きな酵素のファミリーである。最も良く知られているものは、インフルエンザ感染の拡大を防ぐ薬のターゲットとなるウイルス・ノイラミニダーゼである。ウイルス・ノイラミニダーゼは、しばしばインフルエンザウイルス表面の抗原決定基として用いられている。ホモログはほ乳類の細胞中にも存在し、様々な機能を持つ。少なくとも4つのほ乳類のノイラミニダーゼのホモログは、ヒトゲノムにも含まれている (NEU1, NEU2, NEU3, NEU4)。ノイラミニダーゼ フレッシュアイペディアより)

590件中 41 - 50件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード