前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
130件中 1 - 10件表示
  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たザナミビル

    治療用の薬であるオセルタミビル(商品名「タミフルカプセル75」)・ザナミビル(商品名「リレンザ」)は、予防用としても使用認可されている。予防薬としての処方は日本では健康保険の適用外であり、原則的な利用条件が定められている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た風邪

    インフルエンザ()とはインフルエンザウイルスによる急性感染症の一種で流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、略称・流感(りゅうかん)ともいう。発病すると、高熱、筋肉痛などを伴う風邪の様な症状があらわれる(詳細は症状の節を参照)。急性脳症や二次感染により死亡することもある。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たオセルタミビル

    治療用の薬であるオセルタミビル(商品名「タミフルカプセル75」)・ザナミビル(商品名「リレンザ」)は、予防用としても使用認可されている。予防薬としての処方は日本では健康保険の適用外であり、原則的な利用条件が定められている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た中外製薬

    オセルタミビル(商品名「タミフル®」 - ロシュ/中外製薬) - 唯一の内服ノイラミニダーゼ阻害薬である。カプセルとドライシロップがある。適用上、A型・B型両方に使用可能だが、その根拠となる文献ではB型のインフルエンザ患者はわずか3%程度しか含まれていない。オセルタミビルの臨床効果として、平均治癒期間を4.9日から3.6日に29.1時間短縮する。未成年服用者の異常行動例が報告されているが、因果関係については不明である(当該項目を参照)。厚生労働省の通達により、因果関係が判明するまで10代患者への投与は事実上の禁忌とされている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た富山化学工業

    T-705(富山化学工業) - RNAポリメラーゼ阻害剤であり、ウイルスの遺伝子複製時に作用を示し、その増殖を防ぐ効果がある。高病原性トリインフルエンザH5N1型を含む広範囲なインフルエンザをターゲットとして臨床試験中。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た第一三共

    ラニナミビル(商品名「イナビル®」 - 第一三共開発・販売) - ザナミビルと同様の吸入ノイラミニダーゼ阻害薬。こちらは持続時間が長く、一旦吸入すると5日間薬効が持続する。世界に先駆け、日本で2010年10月より上市された。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た塩野義製薬

    ペラミビル(バイオクリスト開発、日本では商品名「ラピアクタ®」として塩野義製薬がライセンス生産) - 唯一の注射剤形ノイラミニダーゼ阻害薬である。A型およびB型インフルエンザウイルスに抗ウイルス活性を有し、H5N1型にも活性を示す。2010年1月から発売された。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たグラクソ・スミスクライン

    ザナミビル(商品名「リレンザ®」 - グラクソ・スミスクライン) - ノイラミニダーゼ阻害薬である。吸入薬として使用。A型・B型両方に効果がある。未成年服用者の異常行動例が報告されているが、因果関係については不明である。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たギラン・バレー症候群

    点鼻ワクチンであり、針を介さないため針を好まない人に有用である。また、生ワクチンであるが故、抗体の定着も良好。適応は5歳以上、50歳未満。禁忌は不活化ワクチンとは対照的に慢性的な循環器・腎臓・呼吸器疾患や代謝疾患、血液疾患、易感染性の者、妊娠している女性、ギラン・バレー症候群を既往に持つ者。副作用で頻繁に起こりうるのは鼻炎や感冒症状。日本では未承認である。よって輸入ワクチン取扱い医療機関にて申込み、全額自己負担での接種となる。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たトリインフルエンザ

    A型インフルエンザウイルスにはHAとNAの変異が特に多く、これまでHAに16種類、NAに9種類の大きな変異が見つかっており、その組み合わせの数の亜型が存在しうる。亜型の違いはH1N1 - H16N9といった略称で表現されている。ヒトのインフルエンザの原因になることが明らかになっているのは2009年現在で、「Aソ連型」として知られているH1N1、「A香港型」として知られているH3N2、H1N2、H2N2、の4種類である。この他にH9N1、高病原性トリインフルエンザとして有名になったH5N1などのいくつかの種類がヒトに感染した例が報告されているが、ヒトからヒトへの伝染性が低かったため大流行には至っていない。しかし、いずれ新型インフルエンザが定期的に大流行を起こすことは予言されつづけている。ヒトに感染しない亜型のウイルスは鳥類や他の哺乳動物を宿主にしていると考えられている。特に水鳥ではHAとNAの組み合わせがすべて見つかっており、自然宿主として重要な地位を占めていると考えられている。同じH1N1であってもさらに細かな変異によって抗原性や宿主が異なり、年によって流行するウイルスの型は異なる。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
130件中 1 - 10件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード