130件中 91 - 100件表示
  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た肺炎

    合併症として肺炎とインフルエンザ脳症がある。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た予防接種

    一般的な予防方法としては、日常生活上の注意とワクチンを使用した予防接種がある。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た遺伝子変異

    原因となるインフルエンザウイルスは人畜共通感染症 (zoonosis) であり、豚と鳥類に感染することが知られている。ヒトインフルエンザは、元は鳥インフルエンザウイルスが遺伝子変異して人間に感染するようになったと考えられている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た非ステロイド性抗炎症薬

    解熱に使用できる薬剤は小児ではアセトアミノフェン(商品名:アンヒバやナパなど)に限られる。ジクロフェナクナトリウム(商品名「ボルタレン」など)やメフェナム酸(商品名「ポンタール」など)、アスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs) を15歳未満の小児に使用するとライ症候群の併発を引き起こす可能性が指摘されているため、原則使用が禁止されている。そのため小児のインフルエンザ治療においてはNSAIDsは使用せず、よほど高熱の時のみアセトアミノフェンを少量使用するのが現在では一般的である。市販の総合感冒薬は効果がない。むしろ前述のNSAIDsを含むこともあり避けるべきである。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た接触感染

    感染経路は咳やくしゃみなどによる飛沫感染が主と言われている。一般的には経口・経鼻で呼吸器系に感染する。飛沫核感染(空気感染)や接触感染など違った形式によるものもある。予防においては、有症状患者のマスク着用が有用であり、飛沫感染防止に特に効果的であるが、形状や機能性などによっては完全に防げない場合もある。マスクのみでは飛沫核感染や接触感染を防ぐことができないため、手洗いなどの対策も必要である。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た抗体

    ワクチン()は身体の免疫機構を利用しウイルスを分解・精製したHA蛋白などの成分を体内に入れることで抗体を作らせ、本物のウイルスが入ってきても感染させないようにする。ワクチンの接種により仮にインフルエンザにかかったとしても軽症で済むとされるが、個人差や流行株とワクチン株との抗原性の違いにより、必ずしも十分な効果が得られない場合もある。投与手段は皮下注射や筋肉注射であるが、米国では鼻噴霧式のものも認可されている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たイギリス

    「インフルエンザ」の語は16世紀のイタリアで名付けられた。当時は感染症が伝染性の病原体によって起きるという概念が確立しておらず、何らかの原因で汚れた空気(瘴気、ミアズマ)によって発生するという考え方が主流であった。冬季になると毎年のように流行が発生し春を迎える頃になると終息することから当時の占星術師らは天体の運行や寒気などの影響によって発生するものと考え、この流行性感冒の病名を、「影響」を意味するイタリア語influenzaと名付けた。この語が18世紀にイギリスで流行した際に日常的語彙に持ち込まれ、世界的に使用されるようになった。なお、日本語となっている「インフルエンザ」はイタリア語での読みと違い、イタリア語での読みは「インフルエンツァ」である。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た肺炎球菌

    一方で、北里柴三郎らが1892年に重症のインフルエンザ患者から分離したヘモフィルス・インフルエンザエ (Haemophilus influenzae) という細菌を「インフルエンザ菌」と呼ぶ(グラム陰性桿菌であり「インフルエンザ桿菌」とも呼ばれている)。院内感染でない市中肺炎の原因菌は、肺炎球菌に次いでインフルエンザ菌であることが多い。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たウマ

    ウマに感染する呼吸器疾患。発見されると競馬の開催が不可能になることが多い。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たハツカネズミ

    インフルエンザの病原体はRNAウイルスのインフルエンザウイルスである。ウイルスが分離されたのは1933年。ヒトインフルエンザウイルスの多くはマウスやウサギに対して病原性を持たなかったが、フェレットを用いた感染実験によって初めてコッホの原則に基づいた病原性の証明がなされた(ウイルスが知られていなかった頃は病原体として細菌しか知られていなかったため、患者から分離されたインフルエンザ菌が原因だと思われていた)。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

130件中 91 - 100件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード