138件中 11 - 20件表示
  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た北里柴三郎

    一方で、北里柴三郎らが1892年に重症のインフルエンザ患者から分離したヘモフィルス・インフルエンザエ (Haemophilus influenzae) という細菌を「インフルエンザ菌」と呼ぶ(グラム陰性桿菌であり「インフルエンザ桿菌」とも呼ばれている)。院内感染でない市中肺炎の原因菌は、肺炎球菌に次いでインフルエンザ菌であることが多い。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たワクチン

    一般的な予防方法としては、日常生活上の注意とワクチンを使用した予防接種がある。マスクの着用によってインフルエンザを予防することは、欧米およびWHOでは推奨されていないし、十分な予防効果の証拠がないとされる。マスクは湿気を保つためと、感染者が感染を大きく広げないための手段として考えられている。理論的にはウイルスを含む飛沫がマスクの編み目に捉えられると考えられるが、十分な臨床結果を必要とする。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た薬事法

    以下のとおり一部の漢方薬には、日本においてインフルエンザ(あるいは流感)の適用を承認されているものがある。同名処方であっても薬事法に基づく製造販売承認上の効能・効果の承認内容が異なる場合がある(2008年10月現在)。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たネコ

    ただしA型インフルエンザウイルスのH5N1亜型はヒト・トリを始めネコにも感染する。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た厚生労働省

    インフルエンザ桿菌B型 (Hib) の乳幼児感染症は致死率や後遺症発生率が高いが、予防接種(Hibワクチン)で感染を防ぐことが出来る。世界100か国以上でHibワクチンは定期接種プログラムに組み入れられ、公費負担による接種が行われている。日本では、2007年1月に厚生労働省の承認を取得し、2008年12月から発売されている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た石鹸

    石鹸による手洗いの励行や、手で目や口を触らないこと、手袋やマスクの着用といった物理的な方法でウイルスへの接触や体内への進入を減らす。ただし、間違ったマスクの使用は感染を拡大させる危険性がある。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た世界保健機関

    フェーズ5 - ヒト―ヒト伝染がWHOの同一管区の複数の国で広まる。大半の国は影響を受けていない段階だが、フェーズ5の宣言は、パンデミックが差し迫り、鎮静手段の計画を策定、伝達、実行するための時間が短いことを、強く示すものである。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たうがい

    予防としてうがいが有効であると言われてきたが、厚生労働省が作成している予防啓発ポスターには「うがい」の文字がない。また、首相官邸公式ウェブサイトや報道によると、うがいには明確な根拠や科学的に証明されていない。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たラニナミビル

    ラニナミビル(イナビル):吸入薬(第一三共)インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たWHO

    日本では、インフルエンザウイルスのA型及びB型株をそれぞれ個別に発育鶏卵(鶏の受精卵)で培養し、増殖したウイルスを含む尿膜腔液をゾーナル遠心機による蔗糖密度勾配遠心法により濃縮精製後、ウイルス粒子をエーテル等により処理して分解、ホルマリンで不活化したHA画分を用い、各株ウイルスのHAが規定量含まれるよう希釈調製して製造している。2014-15シーズンまではA型2株とB型1株の3価ワクチンだったが、B型である山形系統とビクトリア系統の混合流行が続いていること、2013年WHOの推奨もあり、2015-16シーズンよりA型2株とB型2株の4価ワクチンが選定された。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

138件中 11 - 20件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード