130件中 21 - 30件表示
  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た石鹸

    石鹸による手洗いの励行や、手で目や口を触らないこと、手袋やマスクの着用といった物理的な方法でウイルスへの接触や体内への進入を減らす。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た世界保健機関

    2008年現在、専門家にとっては新型インフルエンザの大発生が予想され、国が貯蔵している新型インフルエンザのワクチンが足りないと批判が出ており、厚生労働省も対策に乗り出している。さらに2009年6月11日、WHO(世界保健機関)は新型インフルエンザの世界的な感染拡大を受け、警戒レベルを最も高い「フェーズ6」に引き上げた。これによりパンデミック(世界的大流行)が宣言された。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た栄養

    免疫力の低下は感染しやすい状態を作るため、偏らない十分な栄養や睡眠休息を十分とることが大事である。これは風邪やほかのウイルス感染に関しても非常に効果が高い。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た空気清浄機

    換気をこまめに行う。空気清浄機などでも良い。部屋の湿度(50-60%)を保つ。これにより、ウイルスを追い出し飛沫感染の確率を大幅に減らすことが可能である。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た2009年新型インフルエンザの世界的流行

    2009年には、豚由来の新型インフルエンザのパンデミックが発生し、大きな問題となった。この2009年型と毎年流行する季節性が共に死亡率がとても低いことなどから「インフルエンザは風邪の一種、恐れる病気にあらず」と捉える人が多くなったが、これは誤解である。インフルエンザの症状はいわゆる風邪と呼ばれる症状の中でも別格と言えるほど重く、区別して扱う事も多い。また風邪だから軽度の病気だというのは近年の認識であり、歴史的には「スペインかぜ」「アジアかぜ」などの、風邪(かぜ)と呼ばれたインフルエンザのパンデミックは、大勢の人間を死に至らしめた。現在においても、パンデミック化した新型のインフルエンザは、人類にとって危険なウイルスであるとされる。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たタオル

    感染者が使用した鼻紙やマスクは水分を含ませ密封し、小まめに廃棄や洗濯をする。感染者と同じタオルを使用しない。感染者の触れた物をエチルアルコールや漂白剤などで消毒する。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たうがい

    また、予防効果としてのうがいが有効であると言われてきたが、厚生労働省が作成している予防啓発ポスターには「うがい」の文字がない。また、首相官邸ホームページや報道によると明確な根拠や科学的に証明されていないとのこと。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たブタ

    原因となるインフルエンザウイルスは人畜共通感染症 (zoonosis) であり、と鳥類に感染することが知られている。ヒトインフルエンザは、元は鳥インフルエンザウイルスが遺伝子変異して人間に感染するようになったと考えられている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た重症急性呼吸器症候群

    2002年から国際的に問題となった重症急性呼吸器症候群 (SARS) と流行時期・初期症状が類似しているため、2003年冬以降はSARSとの鑑別診断が大きな問題となる。初期に確実な診断をするためにも、接種を受けることでインフルエンザを除外しやすくすることが強く求められている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たHib

    インフルエンザ桿菌B型 (Hib) の乳幼児感染症は致死率や後遺症発生率が高いが、予防接種(Hibワクチン)で感染を防ぐことが出来る。世界100か国以上でHibワクチンは定期接種プログラムに組み入れられ、公費負担による接種が行われている。日本では、2007年1月に厚生労働省の承認を取得し、2008年12月から発売されている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

130件中 21 - 30件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード