130件中 31 - 40件表示
  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たインフルエンザ脳症

    合併症として肺炎とインフルエンザ脳症がある。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たコロナウイルス

    SARSの原因はSARSコロナウイルスという全く別のウイルスである。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た人畜共通感染症

    原因となるインフルエンザウイルスは人畜共通感染症 (zoonosis) であり、豚と鳥類に感染することが知られている。ヒトインフルエンザは、元は鳥インフルエンザウイルスが遺伝子変異して人間に感染するようになったと考えられている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た後発医薬品

    アマンタジン(商品名「シンメトレル」など) - 錠剤となっている。A型用の治療薬として使用され、ジェネリック医薬品も製造できたため価格が安かったが、2005年の鳥インフルエンザの際に、中国で政府が大量に配布したアマンタジンを“予防として”鶏の餌に混ぜる行為が行われた結果、耐性ウイルスがつくられた。そのため、インフルエンザ治療薬としては選択肢に加えることができない状況にある。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たH1N1

    A型インフルエンザウイルスにはHAとNAの変異が特に多く、これまでHAに16種類、NAに9種類の大きな変異が見つかっており、その組み合わせの数の亜型が存在しうる。亜型の違いはH1N1 - H16N9といった略称で表現されている。ヒトのインフルエンザの原因になることが明らかになっているのは2009年現在で、「Aソ連型」として知られているH1N1、「A香港型」として知られているH3N2、H1N2、H2N2、の4種類である。この他にH9N1、高病原性トリインフルエンザとして有名になったH5N1などのいくつかの種類がヒトに感染した例が報告されているが、ヒトからヒトへの伝染性が低かったため大流行には至っていない。しかし、いずれ新型インフルエンザが定期的に大流行を起こすことは予言されつづけている。ヒトに感染しない亜型のウイルスは鳥類や他の哺乳動物を宿主にしていると考えられている。特に水鳥ではHAとNAの組み合わせがすべて見つかっており、自然宿主として重要な地位を占めていると考えられている。同じH1N1であってもさらに細かな変異によって抗原性や宿主が異なり、年によって流行するウイルスの型は異なる。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たラニナミビル

    ラニナミビル(商品名「イナビル®」 - 第一三共開発・販売) - ザナミビルと同様の吸入ノイラミニダーゼ阻害薬。こちらは持続時間が長く、一旦吸入すると5日間薬効が持続する。世界に先駆け、日本で2010年10月より上市された。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たヘマグルチニン

    A型とB型のウイルス粒子表面にあるヘマグルチニン(赤血球凝集素、HA:haemagglutinin)とノイラミニダーゼ(NA:neuraminidase)という糖蛋白は変異が大きく、インフルエンザの種類が多い要因となっている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たRNAポリメラーゼ

    T-705(富山化学工業) - RNAポリメラーゼ阻害剤であり、ウイルスの遺伝子複製時に作用を示し、その増殖を防ぐ効果がある。高病原性トリインフルエンザH5N1型を含む広範囲なインフルエンザをターゲットとして臨床試験中。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たペラミビル

    ペラミビル(バイオクリスト開発、日本では商品名「ラピアクタ®」として塩野義製薬がライセンス生産) - 唯一の注射剤形ノイラミニダーゼ阻害薬である。A型およびB型インフルエンザウイルスに抗ウイルス活性を有し、H5N1型にも活性を示す。2010年1月から発売された。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た2009年

    2009年には、豚由来の新型インフルエンザのパンデミックが発生し、大きな問題となった。この2009年型と毎年流行する季節性が共に死亡率がとても低いことなどから「インフルエンザは風邪の一種、恐れる病気にあらず」と捉える人が多くなったが、これは誤解である。インフルエンザの症状はいわゆる風邪と呼ばれる症状の中でも別格と言えるほど重く、区別して扱う事も多い。また風邪だから軽度の病気だというのは近年の認識であり、歴史的には「スペインかぜ」「アジアかぜ」などの、風邪(かぜ)と呼ばれたインフルエンザのパンデミックは、大勢の人間を死に至らしめた。現在においても、パンデミック化した新型のインフルエンザは、人類にとって危険なウイルスであるとされる。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

130件中 31 - 40件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード