138件中 41 - 50件表示
  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たペラミビル

    ペラミビル(ラピアクタ):注射薬(バイオクリスト開発、日本では塩野義製薬がライセンス生産)インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たエフ・ホフマン・ラ・ロシュ

    オセルタミビル(タミフル):経口薬(ロシュ/中外製薬)インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たバイオクリスト

    ペラミビル(ラピアクタ):注射薬(バイオクリスト開発、日本では塩野義製薬がライセンス生産)インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たアマンタジン

    英国国立医療技術評価機構の2008年の診療ガイドラインでは、オセルタミビル(タミフル)とザナミビル(リレンザ)の予防利用は、特定のリスク群の項をすべて満たす場合にのみ推奨している。それ以外の場合には、季節的なインフルエンザ流行の予防に対して、オセルタミビルとザナミビルは推奨しないとしている。アマンタジンは、インフルエンザ予防に推奨しないとしている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た呼吸器

    インフルエンザ()はインフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症。略称としてインフル()がある。多くは上気道炎症状・呼吸器疾患を伴うことで流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、詰めて流感(りゅうかん)と言われる。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た出版バイアス

    2014年のコクラン共同計画による、出版バイアスを除外した臨床試験の完全なデータに基づいた分析ではインフルエンザの発症を予防するが、当初の使用の理由である入院や合併症を減少させるという十分な証拠はなく、5%に嘔吐・悪心の副作用が生じ、精神医学的な副作用を1%増加させるとし、世界的な備蓄が必要なほどの恩恵があるかどうかの見直しの必要性を報告した。小児では入院、重篤な合併症、肺炎のリスクの低下はなかった。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た中華人民共和国

    アマンタジン(シンメトレル):経口薬。ウイルスの細胞への侵入・脱殻に関与するプロトンチャネルであるM2タンパク質の作用を特異的に阻害する。1964年にA型インフルエンザに効果があることが発見された。日本では当初パーキンソン病の治療薬として承認され、1998年にインフルエンザに対しても承認。現在は、ジェネリック医薬品もあり価格が安かったが、2005年の鳥インフルエンザの際に、中国で政府が大量に配布したアマンタジンを“予防として”鶏の餌に混ぜる行為が行われた結果、耐性ウイルスが発生し、インフルエンザ治療薬としては選択肢に加えることができない状況にある。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たインフルエンザ菌

    インフルエンザワクチンは、不活化ワクチンである。インフルエンザ菌、特にHib(Haemophilus influenzae b型)に対するワクチンとの混同を避けるため、「インフルエンザHAワクチン」「沈降インフルエンザワクチンH5N1」と表記される。身体の免疫機構を利用しウイルスを分解・精製したHA蛋白などの成分を体内に入れることで抗体を作らせ、重症化を防ぐ目的に使用される。なお、インフルエンザワクチンに限ってはワクチンは接種を行っても個人差や流行株とワクチン株との抗原性の違い等により、必ずしも十分な感染抑制効果が得られない場合があり、100%の防御効果は無い。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た鳥類

    原因となるインフルエンザウイルスは人畜共通感染症 (zoonosis) であり、豚と鳥類に感染することが知られている。ヒトインフルエンザは、元は鳥インフルエンザウイルスが遺伝子変異して人間に感染するようになったと考えられている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たコクラン共同計画

    2014年のコクラン共同計画による、出版バイアスを除外した臨床試験の完全なデータに基づいた分析ではインフルエンザの発症を予防するが、当初の使用の理由である入院や合併症を減少させるという十分な証拠はなく、5%に嘔吐・悪心の副作用が生じ、精神医学的な副作用を1%増加させるとし、世界的な備蓄が必要なほどの恩恵があるかどうかの見直しの必要性を報告した。小児では入院、重篤な合併症、肺炎のリスクの低下はなかった。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

138件中 41 - 50件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード