130件中 41 - 50件表示
  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たバイオクリスト

    ペラミビル(バイオクリスト開発、日本では商品名「ラピアクタ®」として塩野義製薬がライセンス生産) - 唯一の注射剤形ノイラミニダーゼ阻害薬である。A型およびB型インフルエンザウイルスに抗ウイルス活性を有し、H5N1型にも活性を示す。2010年1月から発売された。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たエフ・ホフマン・ラ・ロシュ

    オセルタミビル(商品名「タミフル®」 - ロシュ/中外製薬) - 唯一の内服ノイラミニダーゼ阻害薬である。カプセルとドライシロップがある。適用上、A型・B型両方に使用可能だが、その根拠となる文献ではB型のインフルエンザ患者はわずか3%程度しか含まれていない。オセルタミビルの臨床効果として、平均治癒期間を4.9日から3.6日に29.1時間短縮する。未成年服用者の異常行動例が報告されているが、因果関係については不明である(当該項目を参照)。厚生労働省の通達により、因果関係が判明するまで10代患者への投与は事実上の禁忌とされている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た中華人民共和国

    アマンタジン(商品名「シンメトレル」など) - 錠剤となっている。A型用の治療薬として使用され、ジェネリック医薬品も製造できたため価格が安かったが、2005年の鳥インフルエンザの際に、中国で政府が大量に配布したアマンタジンを“予防として”鶏の餌に混ぜる行為が行われた結果、耐性ウイルスがつくられた。そのため、インフルエンザ治療薬としては選択肢に加えることができない状況にある。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たコッホの原則

    インフルエンザの病原体はRNAウイルスのインフルエンザウイルスである。ウイルスが分離されたのは1933年。ヒトインフルエンザウイルスの多くはマウスやウサギに対して病原性を持たなかったが、フェレットを用いた感染実験によって初めてコッホの原則に基づいた病原性の証明がなされた(ウイルスが知られていなかった頃は病原体として細菌しか知られていなかったため、患者から分離されたインフルエンザ菌が原因だと思われていた)。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たアメリカ疾病予防管理センター

    1976年に米国でH1N1が発生し、4300万人に予防接種を行った。約400人がギラン・バレー症候群 (GBS) となり、25人が死亡した。インフルエンザによる死亡は0のため大問題になった。 1957年にも同様な現象が見られた。CDCによると通常でも毎週80-160例の新規患者が発生している。因果関係は明らかだが、予防接種を中止するほどの問題とはされていない(新型では11月末現在10例)。米国ではVAERS (Vaccine Adverse Events Reporting System) によるワクチン副反応監視が行われている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た真正細菌

    インフルエンザの病原体はRNAウイルスのインフルエンザウイルスである。ウイルスが分離されたのは1933年。ヒトインフルエンザウイルスの多くはマウスやウサギに対して病原性を持たなかったが、フェレットを用いた感染実験によって初めてコッホの原則に基づいた病原性の証明がなされた(ウイルスが知られていなかった頃は病原体として細菌しか知られていなかったため、患者から分離されたインフルエンザ菌が原因だと思われていた)。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たパンデミック

    インフルエンザとヒトとの関わりは古く、古代エジプトにはすでにインフルエンザと見られる病気の記録が残っている。最も重大な転機は1918年から1919年にかけて発生したスペインかぜ(スペインインフルエンザ)の世界的な大流行(パンデミック)である。これは規模、死亡率の点で強力で、感染者数6億人、死亡者数4000万?5000万人(さらに多いという説もある)にのぼり、第一次世界大戦終結の遠因ともいわれる。スペインかぜ以降も、インフルエンザは毎年継続して感染流行を起こしている。さらに数年から数十年ごとに新型のヒトインフルエンザの出現とその新型ウイルスのパンデミックが起こっており、毒性の強い場合は多数の死者が出る。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たアセトアミノフェン

    解熱に使用できる薬剤は小児ではアセトアミノフェン(商品名:アンヒバやナパなど)に限られる。ジクロフェナクナトリウム(商品名「ボルタレン」など)やメフェナム酸(商品名「ポンタール」など)、アスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs) を15歳未満の小児に使用するとライ症候群の併発を引き起こす可能性が指摘されているため、原則使用が禁止されている。そのため小児のインフルエンザ治療においてはNSAIDsは使用せず、よほど高熱の時のみアセトアミノフェンを少量使用するのが現在では一般的である。市販の総合感冒薬は効果がない。むしろ前述のNSAIDsを含むこともあり避けるべきである。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たインフルエンザ菌

    インフルエンザの病原体はRNAウイルスのインフルエンザウイルスである。ウイルスが分離されたのは1933年。ヒトインフルエンザウイルスの多くはマウスやウサギに対して病原性を持たなかったが、フェレットを用いた感染実験によって初めてコッホの原則に基づいた病原性の証明がなされた(ウイルスが知られていなかった頃は病原体として細菌しか知られていなかったため、患者から分離されたインフルエンザ菌が原因だと思われていた)。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た湿度

    インフルエンザは、主に次の3つのルートで伝播する。患者の粘液が、他人の目や鼻や口から直接に入る経路、患者の咳、くしゃみ、つば吐き出しなどにより発生した飛沫を吸い込む経路、ウイルスが付着した物や、握手のような直接的な接触により、手を通じ口からウイルスが侵入する経路である。この3つのルートのうち、どれが主要であるかについては明らかではないが、いずれのルートもウイルスの拡散を引き起こすと考えられる。空気感染において、人が吸い込む飛沫の直径は0.5から5マイクロメートルであるが、たった1個の飛沫でも感染を引き起こし得る。1回のくしゃみにより40000個の飛沫が発生するが、多くの飛沫は大きいので、空気中から速やかに取り除かれる。飛沫中のウイルスが感染力を保つ期間は、湿度と紫外線強度により変化する。冬では、湿度が低く日光が弱いので、この期間は長くなる。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

130件中 41 - 50件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード

  • オオハクチョウ

  • 食品産業技術総合研究機構動物衛生研究部門

  • TELEHOUSE LONDON Docklands North Two