130件中 81 - 90件表示
  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たアジアかぜ

    2009年には、豚由来の新型インフルエンザのパンデミックが発生し、大きな問題となった。この2009年型と毎年流行する季節性が共に死亡率がとても低いことなどから「インフルエンザは風邪の一種、恐れる病気にあらず」と捉える人が多くなったが、これは誤解である。インフルエンザの症状はいわゆる風邪と呼ばれる症状の中でも別格と言えるほど重く、区別して扱う事も多い。また風邪だから軽度の病気だというのは近年の認識であり、歴史的には「スペインかぜ」「アジアかぜ」などの、風邪(かぜ)と呼ばれたインフルエンザのパンデミックは、大勢の人間を死に至らしめた。現在においても、パンデミック化した新型のインフルエンザは、人類にとって危険なウイルスであるとされる。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たNSAIDs

    解熱に使用できる薬剤は小児ではアセトアミノフェン(商品名:アンヒバやナパなど)に限られる。ジクロフェナクナトリウム(商品名「ボルタレン」など)やメフェナム酸(商品名「ポンタール」など)、アスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs) を15歳未満の小児に使用するとライ症候群の併発を引き起こす可能性が指摘されているため、原則使用が禁止されている。そのため小児のインフルエンザ治療においてはNSAIDsは使用せず、よほど高熱の時のみアセトアミノフェンを少量使用するのが現在では一般的である。市販の総合感冒薬は効果がない。むしろ前述のNSAIDsを含むこともあり避けるべきである。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た総合感冒薬

    解熱に使用できる薬剤は小児ではアセトアミノフェン(商品名:アンヒバやナパなど)に限られる。ジクロフェナクナトリウム(商品名「ボルタレン」など)やメフェナム酸(商品名「ポンタール」など)、アスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs) を15歳未満の小児に使用するとライ症候群の併発を引き起こす可能性が指摘されているため、原則使用が禁止されている。そのため小児のインフルエンザ治療においてはNSAIDsは使用せず、よほど高熱の時のみアセトアミノフェンを少量使用するのが現在では一般的である。市販の総合感冒薬は効果がない。むしろ前述のNSAIDsを含むこともあり避けるべきである。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た嘔吐

    風邪(普通感冒)とは異なり、比較的急速に出現する悪寒、発熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛を特徴とし、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、咳、痰などの気道炎症状を伴う。腹痛、嘔吐、下痢といった胃腸症状を伴う場合もある。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た占星術

    「インフルエンザ」の語は16世紀のイタリアで名付けられた。当時は感染症が伝染性の病原体によって起きるという概念が確立しておらず、何らかの原因で汚れた空気(瘴気、ミアズマ)によって発生するという考え方が主流であった。冬季になると毎年のように流行が発生し春を迎える頃になると終息することから当時の占星術師らは天体の運行や寒気などの影響によって発生するものと考え、この流行性感冒の病名を、「影響」を意味するイタリア語influenzaと名付けた。この語が18世紀にイギリスで流行した際に日常的語彙に持ち込まれ、世界的に使用されるようになった。なお、日本語となっている「インフルエンザ」はイタリア語での読みと違い、イタリア語での読みは「インフルエンツァ」である。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た換気

    換気をこまめに行う。空気清浄機などでも良い。部屋の湿度(50-60%)を保つ。これにより、ウイルスを追い出し飛沫感染の確率を大幅に減らすことが可能である。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た麻黄湯

    麻黄湯 - 「悪寒、発熱、頭痛、腰痛、自然に汗の出ないものの次の諸症:感冒、インフルエンザ(初期のもの)…」との効能・効果の承認がある。また、抗ウイルス薬のタミフルと同じ程度の症状軽減効果があるという研究結果が福岡大学病院の鍋島茂樹・総合診療部長らによって発表されている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た注射

    ワクチン()は身体の免疫機構を利用しウイルスを分解・精製したHA蛋白などの成分を体内に入れることで抗体を作らせ、本物のウイルスが入ってきても感染させないようにする。ワクチンの接種により仮にインフルエンザにかかったとしても軽症で済むとされるが、個人差や流行株とワクチン株との抗原性の違いにより、必ずしも十分な効果が得られない場合もある。投与手段は皮下注射や筋肉注射であるが、米国では鼻噴霧式のものも認可されている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た内科学

    国立感染症研究所が全国の内科・小児科のある病院・診療所で定点調査を行い、公表している。感染症サーベイランス事業の一環として行われる。保健所ごとに基準値を設け患者数が一定数を超えると、大流行が発生または継続しているとみなし「警報レベルに達している」と発表される。流行の発生前で今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性がある場合や流行発生後であるがまだ流行が終わっていない可能性がある場合は「注意報レベルに達している」と発表される。都道府県で個別に発表される警報とは異なるので注意が必要である。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たフェレット

    インフルエンザの病原体はRNAウイルスのインフルエンザウイルスである。ウイルスが分離されたのは1933年。ヒトインフルエンザウイルスの多くはマウスやウサギに対して病原性を持たなかったが、フェレットを用いた感染実験によって初めてコッホの原則に基づいた病原性の証明がなされた(ウイルスが知られていなかった頃は病原体として細菌しか知られていなかったため、患者から分離されたインフルエンザ菌が原因だと思われていた)。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

130件中 81 - 90件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード