138件中 81 - 90件表示
  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た肺炎

    主要な合併症として肺炎とインフルエンザ脳症がある。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た遺伝子変異

    原因となるインフルエンザウイルスは人畜共通感染症 (zoonosis) であり、豚と鳥類に感染することが知られている。ヒトインフルエンザは、元は鳥インフルエンザウイルスが遺伝子変異して人間に感染するようになったと考えられている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た香港

    2003年末から2004年初めにかけ韓国・香港・ベトナムと東アジアで大きな被害を出した鳥インフルエンザはH5N1型である。日本でも2004年1月に山口県で感染ニワトリが見つかったのを皮切りに、各地で鳥類への感染が報告されている。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たノイラミニダーゼ阻害薬

    NA(ノイラミターゼ)阻害剤:A型、B型双方に効果。ウイルスそのものの増殖を抑えるのではなく、増殖したウイルスが細胞内から出られなくする。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た粘液

    インフルエンザは、主に次の3つのルートで伝播する。患者の粘液が、他人の目や鼻や口から直接に入る経路、患者の咳、くしゃみ、つば吐き出しなどにより発生した飛沫を吸い込む経路、ウイルスが付着した物や、握手のような直接的な接触により、手を通じ口からウイルスが侵入する経路である。この3つのルートのうち、どれが主要であるかについては明らかではないが、いずれのルートもウイルスの拡散を引き起こすと考えられる。空気感染において、人が吸い込む飛沫の直径は0.5から5マイクロメートルであるが、たった1個の飛沫でも感染を引き起こし得る。1回のくしゃみにより40000個の飛沫が発生するが、多くの飛沫は大きいので、空気中から速やかに取り除かれる。飛沫中のウイルスが感染力を保つ期間は、湿度と紫外線強度により変化する。冬では、湿度が低く日光が弱いので、この期間は長くなる。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見た病院

    国立感染症研究所が、全国の内科・小児科のある病院・診療所で定点調査を行い、公表している。感染症サーベイランス事業の一環として行われる。保健所ごとに基準値を設け患者数が一定数を超えると、大流行が発生または継続しているとみなし「警報レベルに達している」と発表される。流行の発生前で今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性がある場合や流行発生後であるがまだ流行が終わっていない可能性がある場合は「注意報レベルに達している」と発表される。都道府県で個別に発表される警報とは異なるので注意が必要である。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たイブプロフェン

    解熱に使用できる薬剤は、小児ではアセトアミノフェン(商品名:アンヒバ坐剤、カロナール、タイレノールなど)に限られる。ジクロフェナクナトリウム(商品名:ボルタレンなど)やメフェナム酸(商品名:ポンタールなど)、イブプロフェン、アスピリンなどの非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs) を15歳未満の小児に使用するとライ症候群を含むインフルエンザ脳症の併発を引き起こす可能性が指摘されているため、原則使用が禁止されている。そのため小児のインフルエンザ治療においてはNSAIDsは使用せず、よほど高熱の時のみアセトアミノフェンを少量使用するのが現在では一般的である。市販の総合感冒薬は効果がなく、むしろ前述のNSAIDsを含むこともあり避けるべきである。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たコッホの原則

    当時はウイルスというものの存在は広く認知されておらず、ヘモフィルス・インフルエンザエという細菌がインフルエンザ感染症を引き起こしている病原体の候補であると考えられたが、コッホの原則に基づく証明ができなかった。1933年にインフルエンザウイルスこそが真の病原体であると証明されたことで、この細菌が病原体であるという仮説が否定された。ヘモフィルス・インフルエンザエはインフルエンザウイルスに感染し免疫力が低下した人に二次感染して症状を悪化させていたことが原因であったと考えられる。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たイタリア語

    「インフルエンザ」の語は16世紀のイタリアで名付けられた。当時は感染症が伝染性の病原体によって起きるという概念が確立しておらず、何らかの原因で汚れた空気(瘴気、ミアズマ)によって発生するという考え方が主流であった。冬季になると毎年のように流行が発生し春を迎える頃になると終息することから当時の占星術師らは天体の運行や寒気などの影響によって発生するものと考え、この流行性感冒の病名を、「影響」を意味するイタリア語influenzaと名付けた。この語が18世紀にイギリスで流行した際に日常的語彙に持ち込まれ、世界的に使用されるようになった。なお、日本語となっている「インフルエンザ」はイタリア語での読みと違い、イタリア語での読みは「インフルエンツァ」である。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

  • インフルエンザ

    インフルエンザから見たH5N1亜型

    ただしA型インフルエンザウイルスのH5N1亜型はヒト・トリを始めネコにも感染する。インフルエンザ フレッシュアイペディアより)

138件中 81 - 90件表示

「インフルエンザ」のニューストピックワード