1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示
  • イ・ビョンホン

    イ・ビョンホンから見たイ・ヨンエイ・ヨンエ

    漢陽大学校仏語仏文科在学中に、アルバイトで「コカコーラ」など多数のCF (CM) でモデル活動。母親の友人が、KBS公開採用オーディションの願書を持ってきて、俳優の道を薦められ、1990年、KBS公開採用14期生に合格。翌1991年、トップの成績で研修を終え、すぐにテレビドラマ『アスファルト、我が故郷』で俳優としてデビュー。翌1992年放送開始のテレビドラマ『明日は愛』は2年もの間放送され、主演したイ・ビョンホン自身も青春スターの代名詞となった。1990年代は主にテレビドラマで活躍。大学院では後に『JSA』で共演するイ・ヨンエと同期。イ・ビョンホン フレッシュアイペディアより)

  • 寝むって行くあの雲よ

    寝むって行くあの雲よから見たイ・ヨンエイ・ヨンエ

    2003年、王の女(おう の おんな、朝鮮語: ワンエ ヨジャ、ハングル: )のタイトルでテレビドラマ化され、の枠で放送された。ユン・ジョンゴンが脚本を、キム・ジェヒョン他3名が演出を担当した。主人公光海君とケトンの役はチソンとパク・ソニョンが演じた。当初ケトン役は結婚に伴い芸能界を引退していたシム・ウナで企画されていたがシム・ウナ本人が芸能界復帰を拒否し、パク・ソニョンが担当することとなった。同時間帯にMBCで放送予定であった宮廷女官チャングムの誓いで主役を演じたイ・ヨンエは、かつてキム・ジェヒョンがKBSで手掛けた同一テーマの作品へ出演しており、両者の競合が話題となった。寝むって行くあの雲よ フレッシュアイペディアより)

  • 岡寛恵

    岡寛恵から見たイ・ヨンエイ・ヨンエ

    JSA(ソフィー・チャン〈イ・ヨンエ〉)※ソフト版岡寛恵 フレッシュアイペディアより)

  • 宮廷女官チャングムの誓い

    宮廷女官チャングムの誓いから見たイ・ヨンエイ・ヨンエ

    ソ・ジャングム/テジャングム(チャングム)(徐長今/大長今) - イ・ヨンエ -(生田智子)宮廷女官チャングムの誓い フレッシュアイペディアより)

  • 2014年アジア競技大会

    2014年アジア競技大会から見たイ・ヨンエイ・ヨンエ

    開会式は、3分の1以上が空席という中で行われた。加えて、通常スポーツ関係者が務める最終聖火ランナーが9年ぶりの芸能活動となる女優のイ・ヨンエであったことにも批判があがった。また、自国選手が登場する競技以外ではチケットの販売率がほぼ0であるとみられている。これについて組織委員会は「セウォル号沈没事故と2014 FIFAワールドカップの1次リーグ敗退などでスポーツへの関心が落ちたため」と説明しているが、 ガラガラの競技場などで大規模な赤字が出れば仁川広域市が「財政危機地方自治体」となる可能性があるため、ソウル特別市などの大きな市場で入場券の販売に力を注ぐよう求められている。2014年アジア競技大会 フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・ミギョン

    ヤン・ミギョンから見た李英愛イ・ヨンエ

    『宮廷女官チャングムの誓い』でヒロインのチャングム(李英愛)の師匠、ハン(韓)尚宮を演じた。2007年、マネジメントのトラブルをめぐり実弟との訴訟問題が大きく報道された活動を中止したが、同年8月SBS大河史劇『王と私』で活動を再開した。ヤン・ミギョン フレッシュアイペディアより)

  • 石塚理恵

    石塚理恵から見たイ・ヨンエイ・ヨンエ

    JSA(ソフィー・E・ジャン〈イ・ヨンエ〉)※日本テレビ版石塚理恵 フレッシュアイペディアより)

  • 志位和夫

    志位和夫から見たイ・ヨンエイ・ヨンエ

    「好きなドラマは『宮廷女官チャングムの誓い』」でイ・ヨンエの大ファンである。同番組は毎回欠かさず見ていると同時に単行本も所有していることを、韓国訪問時にインタビューで答えている。また、NHK連続テレビ小説「マッサン」についても「ビデオ録画してでも絶対見ています。面白い。ヒロインのシャーロット・ケイト・フォックスが良いよね。日本語が全然分からないところから頑張っている」と語っている。ロマン・ロランを愛読書とする。志位和夫 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示

「イ・ヨンエ」のニューストピックワード