182件中 101 - 110件表示
  • キース・アーバン

    キース・アーバンから見たイーグルスイーグルス

    Eagles Summer 2010 Tour (2010年) - イーグルス 、ディクシー・チックスと共演。2010年3月16日、キースは両者と共に北米のスタジアム・コンサート・ツアーに出ることを発表した。ボストン、シカゴを含む5公演が行われる。キース・アーバン フレッシュアイペディアより)

  • 緑の地平線〜ホライゾン

    緑の地平線〜ホライゾンから見たイーグルスイーグルス

    「愛は虹の色 (デスペラード)」はイーグルスのカヴァー(イーグルスのヴァージョンの日本語タイトルは「ならず者」)。「プリーズ・ミスター・ポストマン」はマーヴェレッツのカヴァー。「ソリテアー」はニール・セダカのカヴァー。なお、本作に伴うアメリカ・ツアーではセダカがオープニング・アクトを務めたが、途中で降板してしまうというトラブルも発生した。緑の地平線〜ホライゾン フレッシュアイペディアより)

  • ワイルドバンチ (強盗団)

    ワイルドバンチ (強盗団)から見たイーグルスイーグルス

    イーグルスの1973年のアルバム『ならず者』に収録されている「ドゥーリン・ドルトン」は、この一味からインスパイアされて作られた曲である。ワイルドバンチ (強盗団) フレッシュアイペディアより)

  • パール・ジャム

    パール・ジャムから見たイーグルスイーグルス

    ローリングストーン誌が行った90年代を代表する曲というテーマの読者投票では、「Black」が選ばれており、2005年にUsa Today誌が行った最も偉大なアメリカのロック・バンドというテーマの読者投票では、イーグルスなどの大御所を抑えてパール・ジャムが選ばれるなど、アメリカの一般聴衆からの評価は高い。パール・ジャム フレッシュアイペディアより)

  • 死滅遊戯

    死滅遊戯から見たイーグルスイーグルス

    ウォーターズ自身はソングライターとヴォーカリストに徹しており、演奏面は多数の腕利きミュージシャンで固めている。ジェフ・ベック、イーグルスのドン・ヘンリー、TOTOのスティーヴ・ルカサーとジェフ・ポーカロ、P.P.アーノルドなど多彩な面々が招かれた。死滅遊戯 フレッシュアイペディアより)

  • グラミー・ノミニーズ

    グラミー・ノミニーズから見たイーグルスイーグルス

    夏の約束 / イーグルス(7:47)グラミー・ノミニーズ フレッシュアイペディアより)

  • アイム・ノット・イン・ラヴ

    アイム・ノット・イン・ラヴから見たイーグルスイーグルス

    1975年5月にシングル・リリースされた「アイム・ノット・イン・ラヴ」は、全英シングルチャートで1973年の「ラバー・ブレッツ」に続く、10?では2曲目の1位を獲得した。アメリカの「ビルボード」の全米シングルチャートでは3週間にわたる2位が最高位で、このときそれぞれの週で1位だったのは、ヴァン・マッコイ&ソウル・シティ・シンフォニーの「ザ・ハッスル」、イーグルスの「呪われた夜」、ビー・ジーズの「ジャイヴ・トーキン」だった。なお、イギリスでシングル・リリースされた「アイム・ノット・イン・ラヴ」はアルバムに収録された6分10秒のフルバージョンで、アメリカでは3分42秒にカットされたバージョンがシングル・リリースされている。アイム・ノット・イン・ラヴ フレッシュアイペディアより)

  • 我が愛の至上

    我が愛の至上から見たイーグルスイーグルス

    「我が愛の至上」(原題: Best of My Love)は、イーグルスが1974年に発表した楽曲。我が愛の至上 フレッシュアイペディアより)

  • ブラウンストーン

    ブラウンストーンから見たイーグルスイーグルス

    イーグルスの「私はあなたに理由を伝えることはできません」のカバーもマイナー・ヒットとなった。ブラウンストーン フレッシュアイペディアより)

  • 10cc

    10ccから見たイーグルスイーグルス

    1970年代の彼らを代表する曲。日産・スカイライン等日本のCMでもたびたび使用される。1991年にウィル・トゥ・パワーがカヴァーし、こちらもヒットしている。もともとは「架空の映画のサウンドトラック」というコンセプトでリリースされた『オリジナル・サウンドトラック』中の1曲。アメリカのFMのDJ達がこの曲を流したことに気を良くしたレコード会社がすぐにシングルカットをメンバーに要求したが、「ライヴであの楽曲のクオリティーを表現出来ない」として最後までメンバーはシングルカットに難色を示していた。この曲はビルボード・週間シングルチャートで3週連続第2位(1975年7月26日付?8月9日付)。1位を阻んだのはヴァン・マッコイ&ソウル・シティ・シンフォニーの「ザ・ハッスル」、次いでイーグルスの「呪われた夜」、最後に、当時4年ぶりの全米No.1獲得となったビー・ジーズの「ジャイヴ・トーキン」であった。なお全英ではNo.1になっている。バックに流れる幻想的なコーラスはグレアム、ケヴィン、ロルの3人の声をテープ編集により624人分(3人×13音階×16トラック)に増幅して作成された(エリックはミキシングを担当)。またこの曲にはギズモは使用されていない。10cc フレッシュアイペディアより)

182件中 101 - 110件表示

「イーグルス」のニューストピックワード