182件中 11 - 20件表示
  • ホテル・カリフォルニア (アルバム)

    ホテル・カリフォルニア (アルバム)から見たイーグルスイーグルス

    『ホテル・カリフォルニア』(英:Hotel California)は、1976年にリリースされた、ロックバンド・イーグルスの5作目のアルバム。同年度のグラミー賞最優秀レコード賞受賞作品。ホテル・カリフォルニア (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • フライング・ブリトー・ブラザーズ

    フライング・ブリトー・ブラザーズから見たイーグルスイーグルス

    バーズを脱退したグラム・パーソンズとクリス・ヒルマンを中心に結成された。カントリーとロックの融合」を試み、デビューアルバム『The Gilded Palace Of Sin』や2作目『Burrito Deluxe』などカントリーロック史に残る作品を残す。『Burrito Deluxe』の発表後に、グラム・パーソンズが脱退し、クリス・ヒルマンと新メンバーのリック・ロバーツを中心に活動を続けるが1971年に解散。「カントリー・ロック」の土台を築いた彼らの音楽はポコやイーグルスなどのロサンゼルスの後続バンドに大いに影響を与えた。フライング・ブリトー・ブラザーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジャクソン・ブラウン

    ジャクソン・ブラウンから見たイーグルスイーグルス

    1967年10月、ニコのデビュー・ソロ・アルバム『Chelsea Girl』に「青春の日々(These Days)」が収録される。以来、イーグルスやニッティー・グリッティー・ダート・バンド、トム・ラッシュなどが作品を取り上げ、デビュー前からその名は広く知られていた。ジャクソン・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • カーラ・ボノフ

    カーラ・ボノフから見たイーグルスイーグルス

    1968年、実姉とフォーク・デュオを結成しプロ活動を開始するが、シングルデビューまでには至らず解散。その頃に出入りしていたライブハウス『トゥルバドール』にて、フォークバンド ストーン・ポニーズで活動していたリンダ・ロンシュタットとケニー・エドワーズや、ジャクソン・ブラウン、ジェームス・テイラー、後にイーグルスを結成する面々等と知り合う。カーラ・ボノフ フレッシュアイペディアより)

  • 十三人の刺客 (2010年の映画)

    十三人の刺客 (2010年の映画)から見たイーグルスイーグルス

    イメージソング:EAGLES/DESPERADO(デスペラード、邦題:ならず者)(アサイラム・レコード)十三人の刺客 (2010年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • バーニー・レドン

    バーニー・レドンから見たイーグルスイーグルス

    バーナード・マシュー・レドン3世(Bernard Mathew Leadon, III、1947年7月19日 - ミネソタ州ミネアポリス出身)はアメリカの音楽家、シンガーソングライター、音楽プロデューサー。ギター、バンジョー、マンドリン、スティール・ギターなど、様々な楽器を演奏するマルチプレイヤーである。カントリーロック・バンド、ディラード&クラーク、フライング・ブリトー・ブラザーズなどで活動した後、創設メンバーとしてイーグルスに参加。イーグルス在籍中には、ポップミュージック、ロックのリスナーに自身のバックグラウンドであるブルーグラスを紹介した。バーニー・レドン フレッシュアイペディアより)

  • カントリー・ミュージック

    カントリー・ミュージックから見たイーグルスイーグルス

    1960年代および1970年代に流行したこの新しいスタイルの初期の導入者にはカントリーへ回帰した第一人者のボブ・ディランなどがおり、1967年にアルバム『ジョン・ウェズリー・ハーディング』を出版し、次の『ナッシュヴィル・スカイライン』はよりカントリー色が濃い。続いてジーン・クラーク、クラークが以前所属していたバーズ(グラム・パーソンズ)の『Sweetheart of the Rodeo 』を含む)、フライング・ブリトー・ブラザーズ(グラム・パーソンズが所属)、C.C.R.、ニュー・ライダーズ・オブ・ザ・パープル・セイジ、ニッティ・グリッティ・ダート・バンド、ギタリストのクラレンス・ホワイト、マイク・ネスミス、グレイトフル・デッド、ニール・ヤング、コマンダー・コディ、オールマン・ブラザーズ・バンド、マーシャル・タッカー・バンド、ポコ、バッファロー・スプリングフィールド、イーグルスなどがいる。ローリング・ストーンズも『カントリー・ホンク』や『ホンキー・トンク・ウィメン』、『Dead Flowers 』でカントリー・ロックを取り入れた。カントリー・ミュージック フレッシュアイペディアより)

  • リンゴ・スター

    リンゴ・スターから見たイーグルスイーグルス

    そんな彼も、1989年にアルコール依存症患者更生施設での治療を経てカムバック。ブルース・スプリングスティーンのバックバンドであるEストリート・バンドや、イーグルスの元メンバーなどを集めた、「リンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンド」というスーパーバンドを結成し、ビートルズ解散後初の本格的なワールド・ツアーに出る。その年の秋には日本公演も実現、元メンバーで解散後最初に武道館公演も行った。ビートルズのメンバーがコンサート催行を目的として日本に行くのは実に23年ぶりのことであった(ちなみに1990年にはポール・1991年にはジョージも日本公演を行っている。ビートルズのメンバーが3年連続で訪日したことは日本のロック・ファンを大いに沸き立たせた)。リンゴ・スター フレッシュアイペディアより)

  • ベスト・アルバム

    ベスト・アルバムから見たイーグルスイーグルス

    世界で歴代最高売上のベスト・アルバムは、イーグルスの『グレイテスト・ヒッツ1971-1975』であり、約4,100万枚(歴代最高売上のオリジナル・アルバムはマイケル・ジャクソンの『スリラー』で約1億400万枚)(2007年現在)。ベスト・アルバム フレッシュアイペディアより)

  • タンポポ (フォークデュオ)

    タンポポ (フォークデュオ)から見たイーグルスイーグルス

    1975年7月25日発売の「嵯峨野さやさや」(伊藤アキラ・作詞、小林亜星・作曲、萩田光雄・編曲、京都レコード・発売)は株式会社愛染蔵(愛ZECRA)のCMソングとして使われた。ほかにはイーグルスのカバー「ホテル・カリフォルニア」(なかにし礼の日本語詞)が有名である。タンポポ (フォークデュオ) フレッシュアイペディアより)

182件中 11 - 20件表示

「イーグルス」のニューストピックワード