159件中 41 - 50件表示
  • ウェストコースト・ロック

    ウェストコースト・ロックから見たイーグルスイーグルス

    日本で「ウェストコースト・ロック」という語彙を使用する場合、1960年代後半のサマー・オブ・ラブの時代にドラッグ、ヒッピー文化の担い手、伝搬役として活躍した一群(ジェファーソン・エアプレインやグレイトフル・デッドなど)を指す場合もあれば、1970年代以降に商業ベースで成功を収めた大衆的なアーティスト(イーグルス、リンダ・ロンシュタット、ドゥービー・ブラザーズなど)を指す場合もある。ウェストコースト・ロック フレッシュアイペディアより)

  • ギブソン・EDS-1275

    ギブソン・EDS-1275から見たイーグルスイーグルス

    ドン・フェルダー(イーグルス)「ホテル・カリフォルニア」で使用。ギブソン・EDS-1275 フレッシュアイペディアより)

  • ランズダウン・ロード

    ランズダウン・ロードから見たイーグルスイーグルス

    コンサート会場としても使用されることがあり、 ニール・ダイアモンド、U2、R.E.M.、イーグルス、オアシス、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、ザ・コアーズなどがここで演奏している。ランズダウン・ロード フレッシュアイペディアより)

  • 心中天浦島

    心中天浦島から見たイーグルスイーグルス

    「遙かな草原に……」、「ただひとたびの」、「優しい接触」の3編には、それぞれ「いとしのエリー」(サザンオールスターズ)、「I can't tell you why」(イーグルス)、「亡き王女のためのパヴァーヌ」(モーリス・ラヴェル)がB.G.M.として指定されている。また、「ステファンの六つ子」は同名曲「ステファンの六つ子」(パンタ)に構想を得た作品であるとしている。心中天浦島 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ブラウン

    チャールズ・ブラウンから見たイーグルスイーグルス

    チャールズ・ブラウン (Charles Brown, 1922年9月13日 - 1999年1月21日)は、米国のブルース・ピアニスト、シンガー。甘く滑らかで洗練されたバラードが特徴的で、そのスタイルはレイ・チャールズなど多くの後続ミュージシャンに影響を与えた。"Please Come Home for Christmas"(イーグルス、ボン・ジョヴィらがカバー)、"Merry Christmas Baby"などのクリスマス・ソングが特によく知られている。チャールズ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • 宮澤篤司

    宮澤篤司から見たイーグルスイーグルス

    主なレパートリーはオフコースの「さよなら」「I LOVE YOU」、トワ・エ・モワの「或る日突然」「誰もいない海」、EAGLESの「Desperado」、ケツメイシ「さくら」、宮澤篤司「ごめんね」他。宮澤篤司 フレッシュアイペディアより)

  • 完全走破!上野〜札幌寝台特急北斗星の旅

    完全走破!上野〜札幌寝台特急北斗星の旅から見たイーグルスイーグルス

    Hotel California / ホテル・カリフォルニア(イーグルス):三沢駅 - 青森駅 ※4完全走破!上野〜札幌寝台特急北斗星の旅 フレッシュアイペディアより)

  • 矢口清治

    矢口清治から見たイーグルスイーグルス

    音楽ライターとしてはエルトン・ジョン、セリーヌ・ディオン、ビリー・ジョエル、イーグルス、ミート・ローフ等のCDライナーノーツを手がけ、ミュージック・マガジンやレコード・コレクターズなど音楽雑誌への執筆も多数。矢口清治 フレッシュアイペディアより)

  • スティーヴン・スティルス

    スティーヴン・スティルスから見たイーグルスイーグルス

    1960年代前半、音楽の道に進むことを決意しフロリダ大学を辞め、いくつかのバンドを転々とする(後にイーグルスに加入するドン・フェルダーとも一時期バンドを組んでいた)。またグリニッジ・ヴィレッジのコーヒーハウスでひとりで歌うこともあった。スティーヴン・スティルス フレッシュアイペディアより)

  • 死滅遊戯

    死滅遊戯から見たイーグルスイーグルス

    ウォーターズ自身はソングライターとヴォーカリストに徹しており、演奏面は多数の腕利きミュージシャンで固めている。ジェフ・ベック、イーグルスのドン・ヘンリー、TOTOのスティーヴ・ルカサーとジェフ・ポーカロ、P.P.アーノルドなど多彩な面々が招かれた。死滅遊戯 フレッシュアイペディアより)

159件中 41 - 50件表示

「イーグルス」のニューストピックワード