92件中 71 - 80件表示
  • イーグルス

    イーグルスから見たカントリー・ロック

    メンバーのグレン・フライが、当時同一のアパートに居住していたシンガー・ソングライターのジャクソン・ブラウンと共作した「テイク・イット・イージー」が、1972年にデビュー曲でいきなりシングル・ヒットを記録。続く「魔女のささやき」も全米ヒットとなった。デビュー当初は一般にはカントリー・ロックのイメージが強かった。イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見たネブラスカ州

    vo, cho, b担当 生1946.3.8 在1971-1978 ネブラスカ州ブラフ郡スコッツブラフ出身イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見たビルボード

    ※順位は全てビルボード誌による。シングルの順位も同様。イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見たデトロイト

    vo, cho, g, key担当 生1948.11.6 在1971- ミシガン州デトロイト出身イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見たレッド・ツェッペリン I

    プロデューサーはグリン・ジョンズで、すでにローリング・ストーンズの『ベガーズ・バンケット』やレッド・ツェッペリンのデビュー・アルバムなど、ロック指向の強い多くの作品にエンジニアとして関わっていた経験を持つベテランだったが、同作のレコーディング時にはイーグルスをバラード・グループと見なして「君たちはロックンロールに向いていない」などと発言し、またどの程度カントリー的要素をブレンドするかといった意見について、しばしば衝突を繰り返したとされる。イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見たいつわりの瞳

    1975年、大ヒット・アルバム『呪われた夜』を発表。タイトル曲「呪われた夜」をはじめとし、グラミー賞、ベストポップボーカル賞を獲得した「いつわりの瞳」、ランディー・マイズナーがボーカルをとる「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」と3つのヒット曲を生んだ。オリジナル・メンバーの音楽的なルーツであるカントリー色の濃い楽曲も依然見られるものの、全体としてはよりロック色を強め、またタイトル曲ではAORやファンク、ダンス・ミュージック的要素を盛り込むなど、音楽的な幅はさらに広がった。セールス的にも前作に続き大きな成功を収めている。イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見たフロリダ

    元々の音楽的ルーツとしてカントリー・ロック志向が強い4人であったため、前作のレコーディングとプロモーションにはかなりの労力が注がれたが、セールス的には失敗といえる有様であった。そのため、3枚目の『オン・ザ・ボーダー』においては、よりロック的なアルバムにすべく、2曲を収録したところでプロデューサーがロック志向の強いビル・シムジク に替わった。同アルバムには、「オール・レディ・ゴーン」と「ジェームス・ディーン」という2曲の佳作が収録されている。また、バーニー・レドンの紹介で、彼の親友でアマチュア時代のバンドメイトであったフロリダ出身のギタリスト、元フロウ(Flow )のドン・フェルダーが収録曲中2曲において参加し、ロック的色彩を強めることとなった。ドン・フェルダーは後にメンバーとして正式加入しており、ツアーではカントリー的な楽曲ではレドン、ロック的な楽曲ではフェルダーがリード・ギターを主に担った。イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見たハードロック

    レドンの後任には、元ジェイムズ・ギャングのメンバーであったジョー・ウォルシュを迎えた。ウォルシュの加入には反対するメンバーもいたが、音楽的には一気にハードロック色を強める結果となった。1976年には、初来日公演を果たしている。イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見たレコーディング

    バンドの活動停止後は各メンバーが個別の活動に入り、各自のソロ・アルバムを発表したり、繋がりの深いウエストコースト系のアーティストを中心にレコーディングへのゲスト参加などを行っている。グレン・フライは「ユー・ビロング・トゥー・ザ・シティ」や「ヒート・イズ・オン」が大ヒットし、ドン・ヘンリーは「ボーイズ・オブ・サマー」と「エンド・オブ・ジ・イノセンス」でグラミー賞ベスト・ロック・ボーカル部門を受賞し、ソロとしても成功を収めた。イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見たファンク

    1975年、大ヒット・アルバム『呪われた夜』を発表。タイトル曲「呪われた夜」をはじめとし、グラミー賞、ベストポップボーカル賞を獲得した「いつわりの瞳」、ランディー・マイズナーがボーカルをとる「テイク・イット・トゥ・ザ・リミット」と3つのヒット曲を生んだ。オリジナル・メンバーの音楽的なルーツであるカントリー色の濃い楽曲も依然見られるものの、全体としてはよりロック色を強め、またタイトル曲ではAORやファンク、ダンス・ミュージック的要素を盛り込むなど、音楽的な幅はさらに広がった。セールス的にも前作に続き大きな成功を収めている。イーグルス フレッシュアイペディアより)

92件中 71 - 80件表示

「イーグルス」のニューストピックワード

  • NPBアワーズ2016

  • Symantec Endpoint Protection 14

  • FIDO ジャパンワーキンググループ