92件中 81 - 90件表示
  • イーグルス

    イーグルスから見たミネアポリス

    vo, cho, g, banjo, steel guitar, mandolin担当 生1947.7.19 在1971-1975 ミネソタ州ミネアポリス出身イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見た駆け足の人生 (曲)

    1976年、彼らの代表作となる『ホテル・カリフォルニア』を発表。当時のロック界ひいては都市社会の矛盾を揶揄したかのような歌詞と13本ものギターを重ねた完璧なサウンド・ワークによって、1970年代のアメリカン・ロックを代表する曲のひとつとなったフェルダーの曲にヘンリーが詩をつけたタイトル曲「ホテル・カリフォルニア」、かつての勢いを失いつつあったウェストコースト・ロックの凋落を皮肉るように、田舎町にやって来た新参者へ向けられた地元民の一時的な強い好奇心と彼が飽きられていく様を唱った「ニュー・キッド・イン・タウン」、エゴ社会に警鐘を鳴らすかのように、好き勝手にふるまう無頼者が実は虚勢に満ちており内面に苦悩を持つことを言外ににじませた「駆け足の人生」など、単に人間の性(さが)や振る舞いを唱っているように見えながらも暗に根深い社会問題を提起するような深みのある歌詞を、角度を替えた音響アレンジに乗せて展開した曲に散りばめてバンドとしての頂点を醸成し、全世界的な大セールスを記録し、バンドを押しも押されもせぬロック界の代表格にまで押し上げた。イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見たニュー・キッド・イン・タウン

    1976年、彼らの代表作となる『ホテル・カリフォルニア』を発表。当時のロック界ひいては都市社会の矛盾を揶揄したかのような歌詞と13本ものギターを重ねた完璧なサウンド・ワークによって、1970年代のアメリカン・ロックを代表する曲のひとつとなったフェルダーの曲にヘンリーが詩をつけたタイトル曲「ホテル・カリフォルニア」、かつての勢いを失いつつあったウェストコースト・ロックの凋落を皮肉るように、田舎町にやって来た新参者へ向けられた地元民の一時的な強い好奇心と彼が飽きられていく様を唱った「ニュー・キッド・イン・タウン」、エゴ社会に警鐘を鳴らすかのように、好き勝手にふるまう無頼者が実は虚勢に満ちており内面に苦悩を持つことを言外ににじませた「駆け足の人生」など、単に人間の性(さが)や振る舞いを唱っているように見えながらも暗に根深い社会問題を提起するような深みのある歌詞を、角度を替えた音響アレンジに乗せて展開した曲に散りばめてバンドとしての頂点を醸成し、全世界的な大セールスを記録し、バンドを押しも押されもせぬロック界の代表格にまで押し上げた。イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見たサクラメント (カリフォルニア州)

    vo, cho, b担当 生1947.10.30 在1978- カリフォルニア州サクラメント出身イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見たフロリダ州

    g, cho担当 生1947.9.21 在1973-2000 フロリダ州ゲインズ出身イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見た札幌ドーム

    10月24日 札幌ドーム、26日 横浜アリーナ、30日,31日 東京ドーム、11月3日 大阪ドーム、5日 福岡ドーム、7日 ナゴヤドームイーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見たスティール・ギター

    マルチプレイヤーであったレドンが演奏するテレキャスター、バンジョー、スティール・ギター、マンドリンのサウンドが、バンドのイメージを決定付けていた。特に、バンジョーをフィーチャーした「早起き鳥」などの楽曲にみられるブルーグラス要素をロックのダイナミズムと融合させた点は斬新であった。イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見たカンザス州

    vo, cho, g, key担当 生1947.11.20 在1975- カンザス州ウィチタ出身イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見たミシガン州

    vo, cho, g, key担当 生1948.11.6 在1971- ミシガン州デトロイト出身イーグルス フレッシュアイペディアより)

  • イーグルス

    イーグルスから見たスタンダード・ナンバー

    2枚目のアルバム『ならず者』はコンセプト・アルバムで、基本的にはファースト・アルバムと同様のサウンド構成に留まり、バーニー・レドンのカラーが強いブルーグラス的な楽曲と、ロック的な要素の曲が共存しているものの、その音楽的成熟度としては格段の向上を見せた。タイトル曲の哀愁を帯びたバラード「ならず者」は、後にリンダ・ロンシュタットやカーペンターズに至るまで、数多くのアーティストたちにカバーされるスタンダード・ナンバーとなっている。イーグルス フレッシュアイペディアより)

92件中 81 - 90件表示

「イーグルス」のニューストピックワード