前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
172件中 1 - 10件表示
  • 護衛艦

    護衛艦から見たイージス艦イージス艦

    アメリカ海軍は原子力空母を中心とする空母打撃群によって海上戦力を構成するが、航空母艦を持たない日本の海上自衛隊では、ヘリコプター搭載護衛艦を中心としたDDHグループと、ミサイル護衛艦(イージス艦)を中心としたDDGグループ各4個から戦術単位を形成する。護衛艦 フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・E・マイヤー

    ウェイン・E・マイヤーから見たイージス艦イージス艦

    ウェイン・E・マイヤー(', 1926年4月21日 - 2009年9月1日)は、アメリカ海軍の軍人。最終階級は少将。1970年から1983年の13年間にわたってイージスシステムのプログラム・マネージャーを務め、イージスシステムおよびイージス艦の建造・構築・運用のすべてを監督し、卓越したリーダーシップにより、プログラム全体を成功に導いた。その功績から、イージスの父'として絶大な尊敬を受けており、アメリカ海軍の通算100隻目のイージス艦は、同提督の名を冠してウェイン・E・マイヤー (DDG-108)と命名された。ウェイン・E・マイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊インド洋派遣

    自衛隊インド洋派遣から見たイージス艦イージス艦

    2002年(平成14年)には、イージス艦「きりしま」が初めて派遣された。イージス艦の海外派遣については、国会の場で諸外国の警戒感を呼び起こすとして反対の声が強かったが、「艦内の生活環境」を理由に派遣されることとなった。とは言え、給油中の周辺海域の監視だけなら通常型の護衛艦の能力でも十分であり、イージス艦をわざわざ派遣するまでもないことは確かであるので、補給艦の護衛以外の他の理由があったのではないかと推測されている。またこの問題について元防衛官僚の太田述正は、「日本政府は、補給艦派遣をダシにして護衛艦をインド洋に派遣している」と指摘している。自衛隊インド洋派遣 フレッシュアイペディアより)

  • ラッセン (ミサイル駆逐艦)

    ラッセン (ミサイル駆逐艦)から見たイージス艦イージス艦

    2005年9月、ラッセンは米国の先制攻撃戦略の柱である「ミサイル防衛」前進拠点基地である横須賀にBM監視艦として配備された。ミサイル防衛対応艦船。6月に配備されたステザム (USS Stethem, DDG-63) に続き、7隻目のイージス艦となった。横須賀基地の第7艦隊は、旗艦ブルー・リッジ (USS Blue Ridge, LCC-19) 以下、空母キティホーク (USS Kitty Hawk, CVA-63) も含め11隻態勢となる。9月2日、ミサイル防衛に反対する「ヨコスカ平和船団」平和団体のメンバーがヨットに乗り込み、沖合でミサイル防衛反対と書かれた横断幕を掲げてラッセンの入港に対する抗議行動を行った。ラッセン (ミサイル駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • 防衛秘密の漏洩

    防衛秘密の漏洩から見たイージス艦イージス艦

    海上自衛隊第1護衛隊群(神奈川県横須賀市)の2等海曹 がイージス艦の構造図面などを持ち出した。神奈川県警と海自警務隊は極めて秘匿性の高い「特別防衛秘密(特防秘)」に当たるとして、2007年4月4日以降、日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法違反の疑いで捜査を進めてきた。防衛秘密の漏洩 フレッシュアイペディアより)

  • 韓半島 (映画)

    韓半島 (映画)から見たイージス艦イージス艦

    そんな中、カルチャーセンターを転々としていた歴史学者チェ・ミンジェ(チョ・ジェヒョン)は、京義線における契約書に押された国璽は偽物である事に気付き、高宗皇帝がどこかへ隠した事実を掴む。本物の国璽を発見、大統領のもとへ届けようとするが、チェ・ミンジェは拉致され国璽は壊されてしまう。国璽を奪ったのは日本しかいないと考えた大統領は、日本大使館を警察の部隊により包囲させる。この事態に対し、日本政府は東海(日本海)へイージス艦や空母を有する海上自衛隊の自衛艦隊を派遣し、韓国海軍との武力衝突寸前のにらみ合いが発生してしまう。韓半島 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 宣戦布告 (小説)

    宣戦布告 (小説)から見たイージス艦イージス艦

    銃器類(プロップガン)はキャロット社の89式5.56mm小銃やTOP社の64式7.62mm小銃、アサヒファイヤーアームズのミニミ軽機関銃などが用意され(一部東京マルイ製SIG550も使用。空挺レンジャー隊員が、竹に小銃を引っ掛けて転ぶシーン参照)、発火ユニットなどの特殊効果はビッグショットが担当した。車両に関しては、前述の通りミリタリーマニアからの協力の他、高機動車役としてハンヴィーの民生仕様であるハマーが使用された。対戦車ヘリコプターコブラやB-2爆撃機の登場するシーンは、CGや実際の演習映像などが使用された。イージス艦についてはアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦がみょうこうの代役で出演している。宣戦布告 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 海上自衛隊の航空母艦建造構想

    海上自衛隊の航空母艦建造構想から見たイージス艦イージス艦

    中村ラインを提唱した中村海幕長は、1977年(昭和52年)9月に同職を離任する際の『離任にあたり講話』で、「洋上防空にはミサイルだけでなくV/STOL機のような戦闘機が必要だがこれには手を付けられなかった。誠に無念である。」と述べた。またこの前後より、ソビエト連邦軍において、射程400km、超音速を発揮できるKh-22 (AS-4 キッチン) 空対艦ミサイルと、その発射母機として、やはり超音速を発揮できるTu-22M爆撃機、そして電子攻撃用に改造されたTu-16電子戦機の開発・配備が進められるようになっており、経空脅威は大幅に増大していた。この情勢を受け、1986年(昭和61年)5月、防衛庁(当時)内に設置されていた業務・運営自主監査委員会を発展拡大させて防衛改革委員会が設置され、その傘下の4つの委員会および小委員会の一つとして洋上防空体制研究会(洋防研)が発足した。洋防研においては、OTHレーダーや早期警戒機、要撃戦闘機等による洋上防空体制の強化・効率化が模索されており、護衛艦隊においては、ミサイル護衛艦の艦対空ミサイル・システムのイージスシステムへの更新とともに、航空機搭載型護衛艦(DDV)が検討された。イージス艦が空対艦ミサイルに直接対処する施策であるのに対し、DDVは、ASM発射以前の爆撃機に対処することにより、より根本的な母機対処を担う構想であった。イージスシステムは在来型DDGのターター-D・システムよりもはるかに強力な防空能力を備えるであろうが、それでも、数次にわたる空襲を受けた場合は艦隊の防空網をすり抜けたASMによる損害が蓄積され、最終的に艦隊は失われるとの予測がなされたことから、母機対処の能力は非常に重要であった。海上自衛隊の航空母艦建造構想 フレッシュアイペディアより)

  • 架空戦記

    架空戦記から見たイージス艦イージス艦

    『ジパング』(かわぐちかいじ) - 海上自衛隊のイージス艦「みらい」が太平洋戦争中にタイムスリップする。アニメ化された。架空戦記 フレッシュアイペディアより)

  • タイドライン・ブルー

    タイドライン・ブルーから見たイージス艦イージス艦

    海上自衛隊イージス護衛艦(新国連艦隊旗艦)「てしお」艦長。かつてはグールドと共にアオイの新国連設立に賛同し腹心となった一人で、現在は道を違えたグールドに激しい敵意を抱いている。タイドライン・ブルー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
172件中 1 - 10件表示

「イージス艦情報流出事件」のニューストピックワード