前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
242件中 1 - 10件表示
  • 名探偵コナン 絶海の探偵

    名探偵コナン 絶海の探偵から見たイージス艦イージス艦

    本作は、第15作『沈黙の15分』以降総監督を務めていた山本泰一郎がアニメシリーズの監督に復帰し、静野孔文の初の単独監督作品となった。脚本はテレビドラマ『相棒』や『ATARU』を手がけた櫻井武晴が担当。櫻井がアニメ作品の脚本を担当するのは本作が初である。海上自衛隊の新鋭イージス艦を舞台に、偶然居合わせたコナンたちが巨大な陰謀に立ち向かう。劇場版でスパイミステリーをテーマにした作品は初である。なお、劇場版コナン史上初めて自衛隊が登場している。名探偵コナン 絶海の探偵 フレッシュアイペディアより)

  • イージスシステム

    イージスシステムから見たイージス艦イージス艦

    イージス武器システム (AWS) を搭載する艦(イージス艦)のすべての武器システムは、イージスシステム (AWS) を中核として連結され、システム艦を構築して、艦全体の戦闘を有機的に統括している。この統合戦闘システムをイージス戦闘システム(ACS)と通称する。ここで接続される周辺機器はイージス・システムに特有のものではなく、他の艦艇などにも搭載されうる。イージスシステム フレッシュアイペディアより)

  • こんごう型護衛艦

    こんごう型護衛艦から見たイージス艦イージス艦

    こんごう型護衛艦(こんごうがたごえいかん、)は、海上自衛隊が運用する護衛艦の艦級。海自初のイージスシステム(AWS)搭載ミサイル護衛艦(DDG)にして、アメリカ海軍以外が初めて保有したイージス艦でもある。61・03中期防に基づき、昭和63年度から平成5年度にかけて4隻が建造された。ネームシップの建造単価は約1,223億円であった。こんごう型護衛艦 フレッシュアイペディアより)

  • タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦

    タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦から見たイージス艦イージス艦

    スプルーアンス級駆逐艦を元に、イージスシステムを搭載するよう設計を修正した初の実用イージス艦として1978年度より建造が開始され、1983年から1994年までに同型艦27隻が就役した。アメリカ海軍の巡洋艦としては、クリーブランド級軽巡洋艦と並び最多建造数を誇っているほか、1999年にカリフォルニア級原子力ミサイル巡洋艦が退役したため、アメリカ海軍が保有する唯一の巡洋艦となっている。タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦 フレッシュアイペディアより)

  • 護衛艦

    護衛艦から見たイージス艦イージス艦

    アメリカ海軍は原子力空母を中心とする空母打撃群によって海上戦力を構成するが、航空母艦を持たない海上自衛隊では、ヘリコプター搭載護衛艦を中心としたDDHグループと、ミサイル護衛艦(イージス艦)を中心としたDDGグループ各4個から戦術単位を形成する。護衛艦 フレッシュアイペディアより)

  • キッド級ミサイル駆逐艦

    キッド級ミサイル駆逐艦から見たイージス艦イージス艦

    アメリカ合衆国で開発されていたスプルーアンス級駆逐艦の防空艦派生型の設計に基づいて帝政イラン海軍が発注したものの、イラン革命によってキャンセルされた艦をアメリカ海軍が買い取って建造を継続、就役させたものである。イージス艦実用化前夜、有力な防空艦として活躍したものの、イージス艦の増勢に伴って相対的な陳腐化が指摘され、1999年までに運用を終了した。その後、2006年までに全艦が中華民国(台湾)に売却されて、基隆級駆逐艦()として運用されている。キッド級ミサイル駆逐艦 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見たイージス艦イージス艦

    海上自衛隊で5隻目となるイージス艦、あたご型護衛艦「あたご」が就役。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • ルーントルーパーズ 自衛隊漂流戦記

    ルーントルーパーズ 自衛隊漂流戦記から見たイージス艦イージス艦

    武力紛争解決のために編成される国連軍に参加するため、海上自衛隊の最新鋭イージス護衛艦「いぶき」を旗艦とし、輸送艦とヘリコプター搭載護衛艦に陸上自衛隊の部隊を乗せた、自衛隊の国連平和維持軍派遣艦隊は、紛争の発生地であるアフリカへ向けて洋上を航行していた。ルーントルーパーズ 自衛隊漂流戦記 フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン・E・マイヤー

    ウェイン・E・マイヤーから見たイージス艦イージス艦

    ウェイン・E・マイヤー(', 1926年4月21日 - 2009年9月1日)は、アメリカ海軍の軍人。最終階級は少将。1970年から1983年の13年間にわたってイージスシステムのプログラム・マネージャーを務め、イージスシステムおよびイージス艦の建造・構築・運用のすべてを監督し、卓越したリーダーシップにより、プログラム全体を成功に導いた。その功績から、イージスの父'として絶大な尊敬を受けており、アメリカ海軍の通算100隻目のイージス艦は、同提督の名を冠してウェイン・E・マイヤー (DDG-108)と命名された。ウェイン・E・マイヤー フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊インド洋派遣

    自衛隊インド洋派遣から見たイージス艦イージス艦

    2002年(平成14年)には、イージス艦「きりしま」が初めて派遣された。イージス艦の海外派遣については、国会の場で諸外国の警戒感を呼び起こすとして反対の声が強かったが、「艦内の生活環境」を理由に派遣されることとなった。この問題について元防衛官僚の太田述正は、「日本政府は、補給艦派遣をダシにして護衛艦をインド洋に派遣している」と指摘している。自衛隊インド洋派遣 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
242件中 1 - 10件表示