172件中 91 - 100件表示
  • スカイガールズ

    スカイガールズから見たイージス艦イージス艦

    日本海軍の航空巡洋艦、特務艦113号。ステルスタイプのイージス巡洋艦である。少人数で運航できるように設計されている。全くの新造艦ではなく、同型の巡洋艦をソニックダイバー運用のために内部改造されている。艦橋下部にソニックダイバー用の格納庫があり、ソニックダイバーの出撃時はリニアカタパルトで射出する。動力はソニックダイバーと同じく小型核融合炉である。スカイガールズ フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤祐靖

    伊藤祐靖から見たイージス艦イージス艦

    1999年(平成11年)に発生した能登半島沖不審船事件の際には、イージス艦みょうこうの航海長として、不審船を追跡した。この時、不審船が停船した場合の臨検を想定し、みょうこうの砲雷科員に小銃と拳銃を持たせて臨時の臨検部隊を編成した経験を上層部に買われ、異動により不審船への臨検を行う特別警備隊の発足準備に携わることとなった。伊藤は、特殊警備訓練を経て、特別警備隊で即応部隊を率いる先任小隊長としての任務に就いた。訓練ではNavy SEALsをはじめとした海外の特殊部隊とも交流しながら技術の向上を図った。伊藤祐靖 フレッシュアイペディアより)

  • 弾道弾迎撃ミサイル

    弾道弾迎撃ミサイルから見たイージス艦イージス艦

    アメリカは先述したようにSDI 計画が頓挫した後に開発を再開しており、イージス艦に搭載して海上で発射、大気圏外まで到達して高高度を飛翔中のミサイル迎撃を行うスタンダードミサイル SM-3と、拠点近くの陸上から、ミサイルの高度が低くなる再突入時を狙うパトリオットミサイル PAC-3を開発しており、2011年までに配備を完了する予定である。日本も同様に配備を目指しているが、1兆円という高額な予算がかかるという問題点がある。弾道弾迎撃ミサイル フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見たイージス艦イージス艦

    海上自衛隊で6隻目となるイージス艦、あたご型護衛艦「あしがら」が就役、佐世保基地に配備。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 空母打撃群

    空母打撃群から見たイージス艦イージス艦

    しかし、1980年代より、これらよりはるかに先進的なイージスシステム (Mk 7 AWS)の艦隊配備が開始され、現在、空母打撃群に配備されたミサイル艦の全てがイージス艦となっている。現在の空母打撃群の一般的な編制では、防空中枢艦としてのタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦と、これに指揮されるアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦、合計3隻が含まれていることが多い。また、航空母艦自身は、改良型個艦防空ミサイル・システム(IPDMS)、Mk 31 RAMシステム、Mk 15 CIWSといった自衛防空火力を装備している。これらは、現在、SSDS Mk 2によって統合された戦闘システムとして再構築されつつある。空母打撃群 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤一長

    伊藤一長から見たイージス艦イージス艦

    市長選出馬前は「防衛、外交は国の専管事項」として平和問題、核問題には言及しない姿勢を示していたものの、市長就任後は一転して平和推進路線に転換。被爆地の市長として核兵器の撤廃運動を積極的に行なった。また、しばしば核兵器の使用、及び核保有国であるアメリカ合衆国への批判をした。1995年11月に核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見の口頭陳述で核兵器の使用は明らかに国際法違反と、涙を浮かべながら訴えた。2002年の原爆の日には同時多発テロ以後の米国の核政策を批判した。2005年5月の核不拡散条約再検討会議では「核兵器と人類は共存できない」と主張。2006年には米国と北朝鮮の核実験を批判し、2007年3月の米軍イージス艦の長崎港入港を「残念」とした。伊藤一長 フレッシュアイペディアより)

  • 機動部隊

    機動部隊から見たイージス艦イージス艦

    空母打撃群と並ぶアメリカ海軍のもう一つの機動部隊といえるのが遠征打撃群(ESG)である。従来からあった両用即応グループを拡張したもので、強襲揚陸艦(ワスプ級)、ドック型揚陸艦・輸送揚陸艦(ホイッドビー・アイランド級、ハーパーズ・フェリー級、サン・アントニオ級)にイージス艦を含む水上戦闘艦艇を3隻と攻撃型原子力潜水艦1隻を加えて対地・対空・対水上・対潜の攻撃能力を高めたものとなっている。上記の揚陸艦には約2,200名の海兵隊遠征隊(MEU)が乗り組んでいる。上陸作戦を行う場合にはこれらが主戦力となる。強襲揚陸艦にはハリアーIIV/STOL攻撃機を20機程度搭載可能で、限定的ではあるが空母打撃群の代替的な行動が可能となっている。機動部隊 フレッシュアイペディアより)

  • 光明星3号1号機

    光明星3号1号機から見たイージス艦イージス艦

    自衛隊が採用している弾道ミサイル防衛システムは、イージス艦によるイージス弾道ミサイル防衛システムで運用されるSM-3と、パトリオットミサイルPAC-3で構成されている。PAC-3部隊は首都圏のほか沖縄本島、宮古島、石垣島に輸送艦「おおすみ」などで運搬され配備された。イージス艦は「みょうこう」が日本海に、「きりしま」と「ちょうかい」が沖縄周辺海域に配置された。中国およびロシアがイージス艦に情報収集機を接近させる可能性があることや、ミサイル迎撃時には自艦の防空機能が一時的に低下するため、航空自衛隊のF-15戦闘機が警戒にあたった。光明星3号1号機 フレッシュアイペディアより)

  • 歴史改変SF

    歴史改変SFから見たイージス艦イージス艦

    『ジパング』では、海上自衛隊の最新イージス艦が1942年のミッドウェー海戦の時代にタイムスリップする。結果として第二次世界大戦の情勢を変えてしまい、歴史を変えてしまう。歴史改変SF フレッシュアイペディアより)

  • ホバート級駆逐艦

    ホバート級駆逐艦から見たイージス艦イージス艦

    ホバート級駆逐艦()は、オーストラリア海軍が開発・建造中のミサイル駆逐艦。イージスシステムを搭載するイージス艦であり、オーストラリア防空駆逐艦(AWD: Australian Air Warfare Destroyer)、SEA 4000号計画艦、F105型駆逐艦としても知られている。ホバート級駆逐艦 フレッシュアイペディアより)

172件中 91 - 100件表示

「イージス艦情報流出事件」のニューストピックワード