242件中 91 - 100件表示
  • 水上戦闘群

    水上戦闘群から見たイージス艦イージス艦

    水上戦闘群(SAG)は、イージス艦を主力とした水上戦闘艦によって編制されており、イージスシステム、トマホークシステムといった先進的火力システム、そしてアメリカ軍が構築してきたC4Iシステムなどにより、小規模な任務群レベルでありながら、最低限度の空間支配・火力投射任務を遂行できる。冷戦後の世界環境の変化、および、アメリカ海軍の戦闘艦勢力の縮小に対応するため、先進的な技術を積極的に活用することで、限定的ながらも空母打撃群(CVSG)や遠征打撃群(ESG)の代替任務を可能としている、いわゆる中等(Mid-Mix)コンセプトの軍事システムである。水上戦闘群 フレッシュアイペディアより)

  • ノブナガン

    ノブナガンから見たイージス艦イージス艦

    鰭が未発達の単純構造であり、蛇行して泳ぐ。突進と噛みつきによる攻撃でアメリカ海軍のイージス艦を多数撃沈した。ノブナガン フレッシュアイペディアより)

  • AN/SPY-1

    AN/SPY-1から見たイージス艦イージス艦

    パッシブ・フェーズド・アレイ・タイプの固定式平板アンテナを4枚持ち、これを四方に向けて上部構造物に固定装備することで、全周半球空間の捜索が可能になっている。その特徴的な外見は、イージス艦の特徴ともなっている。極めて優れた探知能力を備えており、アメリカ海軍は「SPYレーダー表示画面に目標を視認すれば、そこには目標が存在する。表示画面に目標を視認しなければ、そこには絶対に目標は存在しない」と豪語するほどである。AN/SPY-1 フレッシュアイペディアより)

  • 要撃機

    要撃機から見たイージス艦イージス艦

    アメリカ海軍のF-14は、艦隊防空を主任務とする要撃戦闘機的な性格の強い機体であった。搭載された火器管制装置・フェニックスミサイルは空軍と海軍の共同開発であり、空軍用としては陸上要撃機に搭載する事が目的であった。しかし上述の通り空軍の要撃機としては採用されず、またイージス艦の就役やソ連崩壊により、この種の専用機が配備される必要性が小さくなり、既に退役済みである。要撃機 フレッシュアイペディアより)

  • 成功級フリゲート

    成功級フリゲートから見たイージス艦イージス艦

    アメリカ合衆国の支援の下、台湾科学院がO・H・ペリー級を元にした、新型戦闘システムやVLSを有する「ミニ・イージス艦」を開発することが決まった。当然、一から新型艦の開発をするのに時間がかかるため、1986年には8隻の内4隻を新型艦にする計画に変更されたが、1989年に就任した葉昌桐上将は新型艦の隻数を2隻まで削減。さらに、O・H・ペリー級フリゲートを2隻共同建造、5隻をライセンス生産して、後期型の5隻をミニ・イージス艦として建造し合計12隻整備するなど計画は二転三転した。結局、建造費の関係から8隻のみ建造することで決着し、1番艦「成功」は1990年に起工された。成功級フリゲート フレッシュアイペディアより)

  • 歴史改変SF

    歴史改変SFから見たイージス艦イージス艦

    『ジパング』では、海上自衛隊の最新イージス艦が1942年のミッドウェー海戦の時代にタイムスリップする。結果として第二次世界大戦の情勢を変えてしまい、歴史を変えてしまう。歴史改変SF フレッシュアイペディアより)

  • 軍艦の事故

    軍艦の事故から見たイージス艦イージス艦

    セオドア・ルーズベルト(アメリカ・原子力空母)とレイテ・ガルフ(アメリカ・イージス巡洋艦) - 1996年10月14日軍艦の事故 フレッシュアイペディアより)

  • 西沙諸島

    西沙諸島から見たイージス駆逐艦イージス艦

    2016年1月30日に、アメリカ海軍の横須賀基地所属イージス駆逐艦「カーティス・ウィルバー」を派遣し、トリトン島(中建島)から12海里(約22km)内を航行させたことをアメリカ国防総省が明らかにした。南シナ海での航行の自由を行動で示す作戦(「航行の自由」作戦、Freedom Of Navigation Operation)の一環で、前年10月の南沙諸島(スプラトリー諸島)での実施以来2度目であり、これに対して中華人民共和国外交部は批判する談話を発表した。西沙諸島 フレッシュアイペディアより)

  • バージニア級原子力ミサイル巡洋艦

    バージニア級原子力ミサイル巡洋艦から見たイージス艦イージス艦

    建造費の高騰を受けて、1971年5月には、建造数を3隻に削減する決定が下された。1番艦(DLGN-38)の建造費は1969年度予算に盛り込まれたが、実際の調達は1970年度とされた。同様に、2番艦は1970年・71年度、3番艦は1971・72年度で建造されることとなった。核動力艦を支持する議会は、1974・75年度および1975年度で4・5番艦の建造を追加したが、イージスシステムの実用化とともに、本級の設計を流用してこれを搭載するのが困難であることが判明したことから、5番艦の建造は中止され、イージス艦としての後期型の建造も実現しなかった。バージニア級原子力ミサイル巡洋艦 フレッシュアイペディアより)

  • 戦術データ・リンク

    戦術データ・リンクから見たイージス艦イージス艦

    海上自衛隊ではイージス艦であるこんごう型護衛艦「ちょうかい」より装備が開始された。典型的な通信速度は115kbps/58kbps/32kbpsである。戦術データ・リンク フレッシュアイペディアより)

242件中 91 - 100件表示