242件中 11 - 20件表示
  • 蘭州級駆逐艦

    蘭州級駆逐艦から見たイージス艦イージス艦

    基本的には、先行して建造された052B型の設計をもとに、国産のHHQ-9艦隊防空ミサイル・システムを搭載したものであり、特にアクティブ・フェーズド・アレイ(AESA)アンテナを艦橋構造物の4周に貼り付けた外見から、「中華イージス」()とも通称される。蘭州級駆逐艦 フレッシュアイペディアより)

  • オート・メラーラ 127 mm 砲

    オート・メラーラ 127 mm 砲から見たイージス艦イージス艦

    架空のイージス護衛艦、ゆきなみ型護衛艦の装備として登場し、その3番艦で第二次世界大戦時にタイムスリップした「みらい」に搭載されたものが、日本軍や旧アメリカ軍に対して使用される。当時としては考えられない命中率と発射速度で多数の航空機を撃墜し、艦艇にはピンポイント射撃で戦闘能力を奪うことを基本戦術としている。オート・メラーラ 127 mm 砲 フレッシュアイペディアより)

  • 南オセチア紛争 (2008年)

    南オセチア紛争 (2008年)から見たイージス艦イージス艦

    2008年8月20日 アメリカが人道支援を名目に、アメリカ海軍第6艦隊旗艦ブルー・リッジ級揚陸指揮艦マウント・ホイットニー、同艦隊所属アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦(イージス艦)マクファール、アメリカ沿岸警備隊所属ハミルトン級巡視船ダラスの3隻を黒海に派遣することを決定。南オセチア紛争 (2008年) フレッシュアイペディアより)

  • ラッセン (ミサイル駆逐艦)

    ラッセン (ミサイル駆逐艦)から見たイージス艦イージス艦

    2005年9月、ラッセンはアメリカの先制攻撃戦略の柱である「ミサイル防衛」前進拠点基地である横須賀にBM監視艦として配備された。ミサイル防衛対応艦船。6月に配備されたステザム (USS Stethem, DDG-63) に続き、7隻目のイージス艦となった。横須賀基地の第7艦隊は、旗艦ブルー・リッジ (USS Blue Ridge, LCC-19) 以下、空母キティホーク (USS Kitty Hawk, CVA-63) も含め11隻態勢となる。ラッセン (ミサイル駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • トマホーク (ミサイル)

    トマホーク (ミサイル)から見たイージス艦イージス艦

    第二次世界大戦時へタイムスリップした架空のイージス護衛艦「みらい」の搭載兵器として、BGM-109Bが登場。空母「ワスプ」と大和型戦艦「大和」に対して使用される。トマホーク (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • イージス弾道ミサイル防衛システム

    イージス弾道ミサイル防衛システムから見たイージス艦イージス艦

    イージス弾道ミサイル防衛システム(イージスBMDシステム、)は、イージス艦を用いた弾道ミサイル防衛(BMD)システム。開発はアメリカ合衆国国防総省ミサイル防衛局とアメリカ海軍の主導下で行われているが、日本も開発に参加しており、アメリカ海軍と海上自衛隊が導入している。イージス弾道ミサイル防衛システム フレッシュアイペディアより)

  • アスロック

    アスロックから見たイージス艦イージス艦

    架空のイージス護衛艦「あいづ」の搭載兵器として登場。海中へ潜行するゴジラに対して使用されるアスロック フレッシュアイペディアより)

  • SH-60J (航空機)

    SH-60J (航空機)から見たイージス艦イージス艦

    終盤、架空のイージス護衛艦「いそかぜ」から脱出する主人公らの救助のために大挙して出動する。SH-60J (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • しらね型護衛艦

    しらね型護衛艦から見たイージス艦イージス艦

    イージスDDGであるこんごう型(63DDG)が建造されるまでは海上自衛隊最大の護衛艦で、名実共に海上自衛隊の顔であった。しらね型護衛艦 フレッシュアイペディアより)

  • はたかぜ型護衛艦

    はたかぜ型護衛艦から見たイージス艦イージス艦

    53中業の当初計画では、各護衛隊群の8艦8機体制化のため、DDG 4隻の建造が検討されており、これらは船体前部にターター・システムを装備するとともに主機をガスタービン化した新型艦とすることになった。これが本型である。ただしDDG用ガスタービン主機の導入可能性の見極めや経費枠による整備隻数の問題から、53中業中での建造数は1隻に削減され、残り3隻は56中業に先送りされることになった。その後、56中業での計画数は2隻に削減されたうえに、昭和60年度で予定されていた3番艦の建造は中止され、DDに振り替えられた。これは、この時点でイージスシステムの対日リリースの公算が高まったことから、あえて8艦8機体制に必要なDDGの所要数を完全には充足させず、将来のイージス艦のための建造余席を確保するための措置であった。はたかぜ型護衛艦 フレッシュアイペディアより)

242件中 11 - 20件表示