242件中 21 - 30件表示
  • 海上自衛隊の航空母艦建造構想

    海上自衛隊の航空母艦建造構想から見たイージス艦イージス艦

    中村ラインを提唱した中村海幕長は、1977年(昭和52年)9月に同職を離任する際の『離任にあたり講話』で、「洋上防空にはミサイルだけでなくV/STOL機のような戦闘機が必要だがこれには手を付けられなかった。誠に無念である。」と述べた。またこの前後より、ソビエト連邦軍において、射程400km、超音速を発揮できるKh-22 (AS-4 キッチン) 空対艦ミサイルと、その発射母機として、やはり超音速を発揮できるTu-22M爆撃機、そして電子攻撃用に改造されたTu-16電子戦機の開発・配備が進められるようになっており、経空脅威は大幅に増大していた。この情勢を受け、1986年(昭和61年)5月、防衛庁(当時)内に設置されていた業務・運営自主監査委員会を発展拡大させて防衛改革委員会が設置され、その傘下の4つの委員会および小委員会の一つとして洋上防空体制研究会(洋防研)が発足した。洋防研においては、OTHレーダーや早期警戒機、要撃戦闘機等による洋上防空体制の強化・効率化が模索されており、護衛艦隊においては、ミサイル護衛艦の艦対空ミサイル・システムのイージスシステムへの更新とともに、航空機搭載型護衛艦(DDV)が検討された。イージス艦が空対艦ミサイルに直接対処する施策であるのに対し、DDVは、ASM発射以前の爆撃機に対処することにより、より根本的な母機対処を担う構想であった。イージスシステムは在来型DDGのターター-D・システムよりもはるかに強力な防空能力を備えるであろうが、それでも、数次にわたる空襲を受けた場合は艦隊の防空網をすり抜けたASMによる損害が蓄積され、最終的に艦隊は失われるとの予測がなされたことから、母機対処の能力は非常に重要であった。海上自衛隊の航空母艦建造構想 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛秘密の漏洩

    防衛秘密の漏洩から見たイージス艦イージス艦

    海上自衛隊第1護衛隊群(神奈川県横須賀市)の2等海曹 がイージス艦の構造図面などを持ち出した。神奈川県警と海自警務隊は極めて秘匿性の高い「特別防衛秘密(特防秘)」に当たるとして、2007年4月4日以降、日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法違反の疑いで捜査を進めてきた。防衛秘密の漏洩 フレッシュアイペディアより)

  • 架空戦記

    架空戦記から見たイージス艦イージス艦

    海上自衛隊のイージス艦「みらい」が太平洋戦争中にタイムスリップする。アニメ化された。架空戦記 フレッシュアイペディアより)

  • Mk 32 短魚雷発射管

    Mk 32 短魚雷発射管から見たイージス艦イージス艦

    第二次世界大戦時へタイムスリップする架空のイージス護衛艦「みらい」の搭載兵器として68式が登場。CICから遠隔操作することが可能となっている。しかし、漫画版では動かすことはあっても短魚雷を発射することはなく、アニメ版では第1話にて、「みらい」と同型艦の「あすか」がアメリカ海軍との合同演習中に短魚雷を発射しているが、「みらい」の短魚雷発射管が使用されることはなかった。Mk 32 短魚雷発射管 フレッシュアイペディアより)

  • 遠征打撃群

    遠征打撃群から見たイージス艦イージス艦

    ESGは従来、多様な揚陸艦によって臨機応変に編成されていたが、アメリカ海軍は21世紀初頭の現在、大型揚陸艦3隻とイージス艦3隻、原子力潜水艦1隻による編成への一本化を進めている。遠征打撃群 フレッシュアイペディアより)

  • RIM-161スタンダード・ミサイル3

    RIM-161スタンダード・ミサイル3から見たイージス艦イージス艦

    イージス艦に備えられたAN/SPY-1レーダーが弾道ミサイルの飛行を探知し、イージスシステムが必要な計算処理を行う。RIM-161スタンダード・ミサイル3 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦衝突事故

    イージス艦衝突事故から見たイージス艦イージス艦

    イージス艦衝突事故(イージスかんしょうとつじこ)とは2008年(平成20年)2月19日に海上自衛隊所属のイージス艦と漁船とが衝突して発生した海難事故。海難審判での事件名は護衛艦あたご漁船清徳丸衝突事件。イージス艦衝突事故 フレッシュアイペディアより)

  • タイドライン・ブルー

    タイドライン・ブルーから見たイージス艦イージス艦

    海上自衛隊イージス護衛艦(新国連艦隊旗艦)「てしお」艦長。かつてはグールドと共にアオイの新国連設立に賛同し腹心となった一人で、現在は道を違えたグールドに激しい敵意を抱いている。タイドライン・ブルー フレッシュアイペディアより)

  • 宣戦布告 (小説)

    宣戦布告 (小説)から見たイージス艦イージス艦

    銃器類(プロップガン)はキャロット社の89式5.56mm小銃やTOP JAPAN社の64式7.62mm小銃、アサヒファイアーアームズの5.56mm機関銃MINIMIなどが用意され(一部東京マルイ製SIG550も使用。空挺レンジャー隊員が、竹に小銃を引っ掛けて転ぶシーン参照)、発火ユニットなどの特殊効果はビッグショットが担当した。車両に関しては、前述の通りミリタリーマニアからの協力の他、高機動車役としてハンヴィーの民生仕様であるハマーが使用された。対戦車ヘリコプターAH-1S コブラやステルス爆撃機B-2 スピリットの登場するシーンは、CGや実際の演習映像などが使用された。イージス艦についてはアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦が「みょうこう」の代役で出演している。宣戦布告 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • ハープーン (ミサイル)

    ハープーン (ミサイル)から見たイージス艦イージス艦

    第二次世界大戦時へタイムスリップする架空のイージス護衛艦「みらい」の搭載兵器として、RGM-84が登場。オペレーション「サジタリウス」では、ガダルカナル島に上陸したアメリカ海兵隊に対して警告を送るために無弾頭型が1発使用され、レーザー誘導で物資集積所に着弾する。アリューシャン撤退戦では、ノースカロライナ級戦艦「ノースカロライナ」に対して3発使用される。ハープーン (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

242件中 21 - 30件表示