172件中 21 - 30件表示
  • アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦

    アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦から見たイージス艦イージス艦

    アメリカ海軍のミサイル駆逐艦。イージス・システムおよびトマホーク武器システムを搭載しており、元来はイージス艦として防空艦の任務を想定していたが、戦略環境の変化に伴い、現在では、海賊の取り締まりやトマホークによる対地攻撃など、様々な任務を遂行している。高価なイージス・システム搭載艦ではあるが、効率的な設計により、実に60隻以上にも及ぶ大量建造を実現した。なお、これは、第二次世界大戦後にアメリカ海軍が建造した水上戦闘艦としては最多である。アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦 フレッシュアイペディアより)

  • 亡国のイージス

    亡国のイージスから見たイージス艦イージス艦

    原作の「いそかぜ」は、はたかぜ型護衛艦の3番艦にいわゆるイージスレーダーSPY-1ではなく試験艦「あすか」のFCS-3を搭載し改装した「ミニ・イージス艦」であり、名前だけでなく形状的にも架空の艦である。しかしこれは模型やCGといった特撮による再現が困難なため、映画版では実物のこんごう型イージス護衛艦DDG175「みょうこう」をそのまま撮影に使用した(その為、ラストの爆沈の際にみょうこうの艦番号である175の文字が映っている。なお、設定上は「いそかぜ型」一番艦となっている)。静岡県内の海岸にこんごう型をモデルとした「いそかぜ」の実物大の巨大撮影用セットも建設された。なお、登場人物や内容が若干変更されている。亡国のイージス フレッシュアイペディアより)

  • キッド級ミサイル駆逐艦

    キッド級ミサイル駆逐艦から見たイージス艦イージス艦

    アメリカ海軍からは1990年代後半に全艦退役した。退役した本級は、高価なイージスシステムより劣るが、手ごろな艦隊防空能力を有するため、ギリシャ海軍やオーストラリア海軍が興味を示したが、費用対効果の問題などで導入を断念。結局、中華人民共和国への配慮から引渡しを見送ったイージス艦の代わりとして、台湾に約2億ドルで売却された。キッド級は、もともとイランの潤沢なオイルマネーで贅沢に作られた艦であり、その後の近代化改修による戦闘能力の更なる向上を考えると、台湾海軍は格安で有力な防空艦を入手したと言えるであろう。キッド級ミサイル駆逐艦 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の日本

    2007年の日本から見たイージス艦イージス艦

    海上自衛隊で5隻目となるイージス艦、あたご型護衛艦「あたご」が就役。2007年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 波動大戦

    波動大戦から見たイージス艦イージス艦

    平成のテクノロジーを駆使し戦局を変えつつある大日本帝国だが新兵器の開発・強化兵器の生産・新造艦の建造などの軍事費増大(平成時空難民支援の予算が1番の足かせ)で予算不足に悩まされていた。そこで戦艦「武蔵」をナチス・ドイツに売却することを思いつき、更に「武蔵」の売却金の一部でドイツ製陸戦兵器を購入するためイージス艦「きりしま」を旗艦とし連合艦隊から航空母艦「翔鶴」と「瑞鶴」の2隻、海上自衛隊から輸送艦「おおすみ」と護衛艦を中心とする遺独艦隊を編成しドイツへと向かわせた。波動大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 松内純隆

    松内純隆から見たイージス艦イージス艦

    海上自衛隊第1護衛隊群(神奈川県横須賀市)の某2等海曹がイージス艦の構造図面などを持ち出した。神奈川県警と海自警務隊は極めて秘匿性の高い「特別防衛秘密(特防秘)」に当たると見2007年(平成19年)4月4日以降、日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法違反の疑いで捜査を進めてきた。松内純隆 フレッシュアイペディアより)

  • イージス護衛艦

    イージス護衛艦から見たイージス艦イージス艦

    イージス護衛艦 フレッシュアイペディアより)

  • 訓練支援艦

    訓練支援艦から見たイージス艦イージス艦

    航空機・ミサイルの高性能化に伴い、より高性能の無人標的機の運用能力が求められるようになり、1989年にはくろべ(ATS-4201)が竣工した。くろべは無人標的機・チャカIIIの運用能力を持ち、対空ミサイルの射撃評価が判定可能なレーダー設備を有する。1999年にはあづまが退役し、2000年に後継艦としててんりゅうが竣工している。てんりゅうでは、イージス艦への訓練支援も考慮されている。訓練支援艦 フレッシュアイペディアより)

  • 秋月型 (架空戦記)

    秋月型 (架空戦記)から見たイージス艦イージス艦

    この他、1990年代に海上自衛隊の「10・4・10・10艦隊計画」によってあきづき型打撃護衛艦が建造された。打撃護衛艦とはアーセナル・シップと同じ設計思想によるミサイルキャリアーであり、原案ではイージス艦またはイージス・システムの捜索・捕捉用レーダーのみを搭載した航空護衛艦から標的のデータを受け取って対空ミサイルを発射するだけの艦であったが、「乗組員の士気を維持するため」という名目で対艦ミサイルも追加された。秋月型 (架空戦記) フレッシュアイペディアより)

  • 東欧ミサイル防衛構想

    東欧ミサイル防衛構想から見たイージス艦イージス艦

    新たな計画では2011年から2020年頃までの第4段階で構成される。第1段階でSM-3を搭載したイージス艦を配備し、第2段階では地上発射型SM-3をポーランドとチェコに配備、第3段階は日本とアメリカが共同開発しているSM-3 ブロックIIAを配備、最後の第4段階ではSM-3 ブロックIIBによって長距離ミサイル対処能力をもつ。東欧ミサイル防衛構想 フレッシュアイペディアより)

172件中 21 - 30件表示

「イージス艦情報流出事件」のニューストピックワード