242件中 31 - 40件表示
  • レーダーサイト

    レーダーサイトから見たイージス艦イージス艦

    軍事用レーダー運用拠点としては、固定的に運用する本レーダーサイトのほか、航空機に搭載して運用する早期警戒管制機と早期警戒機、および艦船に搭載して運用するレーダーピケット艦やイージス艦、車両に搭載されて設置場所を変更可能な移動式レーダーがある。レーダーサイト フレッシュアイペディアより)

  • むらさめ型護衛艦

    むらさめ型護衛艦から見たイージス艦イージス艦

    「いかづち」は、架空の護衛艦「うらかぜ」役で登場しており、反乱を起こした架空のイージス護衛艦「いそかぜ」と交戦し、「いそかぜ」から発射された2発のハープーンをシースパローと62口径76ミリ速射砲で迎撃するが、防ぎきれなかった1発が命中し、撃沈されてしまう。むらさめ型護衛艦 フレッシュアイペディアより)

  • あたご型護衛艦

    あたご型護衛艦から見たイージス艦イージス艦

    日本海軍所属艦として、「7700トン型イージス護衛艦」と呼ばれていた頃の完成予想図に従った艦が2隻登場。あたご型護衛艦 フレッシュアイペディアより)

  • F-15E (航空機)

    F-15E (航空機)から見たイージス艦イージス艦

    また、統合戦術情報伝達システム(JTIDS)を装備することで、他のF-15EやAWACS、その他ユニット(イージス艦など)の間でTADIL J戦術データ・リンク・ネットワークを構築し、戦術状況を即時に把握できるようになっている。F-15E (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 9mm拳銃

    9mm拳銃から見たイージス艦イージス艦

    某国工作員に協力して反乱を起こした架空のイージス護衛艦「いそかぜ」の個人装備として登場。「いそかぜ」の幹部自衛官たちが使用する。撮影には海上自衛隊の協力で実物の護衛艦や衣服が使用されているが、拳銃については武器のため、発火式のプロップガンが使われている。9mm拳銃 フレッシュアイペディアより)

  • フリチョフ・ナンセン級フリゲート

    フリチョフ・ナンセン級フリゲートから見たイージス艦イージス艦

    本級はイージスシステムを搭載しており、これにより、ノルウェーはスペインに次いでヨーロッパで2番目のイージス艦の保有国となる。なお、その小さな艦型ゆえに、本級は「ミニ・イージス艦」と呼ばれることもある。フリチョフ・ナンセン級フリゲート フレッシュアイペディアより)

  • V-22 (航空機)

    V-22 (航空機)から見たイージス艦イージス艦

    第二次世界大戦時にタイムスリップした、架空のイージス護衛艦「みらい」の艦載機として、オスプレイをモデルとした架空機である、MV/SA-32J「海鳥」が登場する。V-22 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 亡国のイージス

    亡国のイージスから見たイージス艦イージス艦

    「いそかぜ」は、はたかぜ型2番艦の「しまかぜ」と同じ年に竣工した。はたかぜ型は、それまでの自衛艦と比べて多数のコンピューターを搭載した多機能水上戦闘艦艇であり、最有力の防空戦力と認識されていたが、その座はイージス艦の登場によって奪われてしまい、海上自衛隊へのイージス艦導入が決定したことで、一気に旧式扱いとされていた。亡国のイージス フレッシュアイペディアより)

  • 独島級揚陸艦

    独島級揚陸艦から見たイージス艦イージス艦

    韓国海軍は2020年の機動艦隊(海上自衛隊の護衛艦隊にあたる)創設を目指し、イージス艦(世宗大王級駆逐艦)、3,500トン級潜水艦 (KSS-III)、独島級大型揚陸艦 (LPX) の開発計画を進めており、LPXについては「大洋海軍(ブルーウォーターネイビー)への足場」と表現し、韓国海軍の遠距離作戦能力の強化を見込んでいる。独島級揚陸艦 フレッシュアイペディアより)

  • 松内純隆

    松内純隆から見たイージス艦イージス艦

    海上自衛隊第1護衛隊群(神奈川県横須賀市)の某2等海曹がイージス艦の構造図面などを持ち出した。神奈川県警と海自警務隊は極めて秘匿性の高い「特別防衛秘密(特防秘)」に当たると見2007年(平成19年)4月4日以降、日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法違反の疑いで捜査を進めてきた。松内純隆 フレッシュアイペディアより)

242件中 31 - 40件表示