242件中 41 - 50件表示
  • イージス護衛艦

    イージス護衛艦から見たイージス艦イージス艦

    イージス護衛艦 フレッシュアイペディアより)

  • シャンデリア (架空の兵器)

    シャンデリア (架空の兵器)から見たイージス艦イージス艦

    翌4月1日未明、エメリア軍はソーン島周辺へと航空部隊を投入する。この際、グレースメリアのラジオ局から民間人による通信が行われ、エストバキアの軍人(ヴォイチェク)から入手したというシャンデリアのデータが送信され、シャンデリアはエメリア軍の直接攻撃にさらされることとなる。シャンデリアに元々設置されていた対空兵器の他に、イージス艦・巡洋艦・駆逐艦・対空ミサイル艇から成る艦隊、さらにシュトリゴン隊、ステルス機を含めた大規模な航空部隊による大規模な防衛部隊が配備されており、交戦により複数のエメリア軍機が撃墜された。シャンデリア (架空の兵器) フレッシュアイペディアより)

  • CALS/EC

    CALS/ECから見たイージス艦イージス艦

    湾岸戦争終結後、「ピンポイント攻撃」などの新兵器投入成果を、CALSを応用したIT技術と格付けられ、紹介方法として「イージス艦に全技術マニュアルを紙媒体で搭載すると喫水が下がる」と重量を換算した工夫がある。CALS/EC フレッシュアイペディアより)

  • システム艦

    システム艦から見たイージス艦イージス艦

    マイヤーは、先行して就役したシステム艦であるターター-D・システム搭載艦などの開発プロセスを検討し、武器サイドの開発が先行し、船体サイドとの対話開始が遅れていることに問題があり、この状況が続く限り、システム艦としてのポテンシャルを十全に発揮しうるシステム開発は実現し得ないと結論付けた。この教訓に基づき、イージス計画においては、艦の設計段階より、システムインテグレーターとしてのPMS-400を頂点として、戦闘システムを開発するRCA社、船体を開発するインガルス造船所との間で対話が重ねられ、マイヤーの強力なリーダーシップによって、円滑な意思疎通が実現された。これにより、イージスシステムの初配備となったタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦は、理想的システム艦であるイージス艦として完成されることとなった。イージスシステムは当初、従来の戦闘システムと同様、戦術情報処理装置を中核とした集中処理構造を採用していた。しかし2005年より就役したベースライン7において、分散コンピューティング構造に移行した。またアメリカ海軍においては、同様の分散構造を採用した艦艇自衛システム(SSDS)により、水上戦闘艦以外の戦闘艦においてもシステム艦としての構築が行なわれている。システム艦 フレッシュアイペディアより)

  • タイコンデロガ (ミサイル巡洋艦)

    タイコンデロガ (ミサイル巡洋艦)から見たイージス艦イージス艦

    海軍はスプルーアンス級駆逐艦の船体を流用して最初のイージス巡洋艦を建造した。建造契約は1978年9月22日にインガルス造船所に与えられた。タイコンデロガは当初ミサイル駆逐艦 (DDG) として発注されたが、起工前の1980年1月にミサイル巡洋艦 (CG) として再発注された。タイコンデロガ (ミサイル巡洋艦) フレッシュアイペディアより)

  • ベルカ公国

    ベルカ公国から見たイージス艦イージス艦

    海軍も航空戦力に力を入れているらしく、航空隊も編成されており、空母(ニヨルド)を保有。それ以外にもイージス艦など水上艦を多数保有している。陸軍は描写が少ないゆえ、実態は不明だが軍事大国ゆえにそれ相応の兵力を有していると思われる。なお、公式サイト掲載の外伝小説「ある兵士の記録」によると、少なくとも狙撃銃としてG3、また重装備ではRPG-7が配備されており、救援ヘリ部隊にはペイブホーク(劇中の描写から空軍所属の可能性もある)が配備されている模様。この他、ベルカがドイツをモデルとしている関係か、自走式対空砲としてゲパルトが本編劇中で登場している。ベルカ公国 フレッシュアイペディアより)

  • 浦終い

    浦終いから見たイージス艦イージス艦

    2008年2月19日、海上自衛隊のイージス艦あたごが千葉県の野島崎沖で漁船と衝突(イージス艦衝突事故)、乗組員の親子2人が行方不明となった。海上自衛隊、海上保安庁および地元の漁協による懸命な捜索にもかかわらず親子は発見できず、2月25日をもって漁協での捜索を打ち切り、浦終いとして読経や海への献花などの儀式が執り行われた。浦終い フレッシュアイペディアより)

  • 訓練支援艦

    訓練支援艦から見たイージス艦イージス艦

    航空機・ミサイルの高性能化に伴い、より高性能の無人標的機の運用能力が求められるようになり、1989年にはくろべが竣工した。くろべは無人標的機・チャカIIIの運用能力を持ち、対空ミサイルの射撃評価が判定可能なレーダー設備を有する。1999年にはあづまが退役し、2000年に後継艦としててんりゅうが竣工している。てんりゅうでは、イージス艦への訓練支援も考慮されている。訓練支援艦 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍海軍のC4ISRシステム

    中国人民解放軍海軍のC4ISRシステムから見たイージス艦イージス艦

    イージス艦に類似した外見で有名な蘭州級駆逐艦では、戦術情報処理装置としてH/ZBJ-1が搭載された。これはJRSCCSをベースとした点ではZKJ-5と同様であるが、新世代の戦術データ・リンクであるJY10Gに対応したとされている。中国人民解放軍海軍のC4ISRシステム フレッシュアイペディアより)

  • 大戦略III グレートコマンダー

    大戦略III グレートコマンダーから見たイージス艦イージス艦

    視界と索敵の概念も取り入れられ、自陣営の都市と兵器ユニットが持つ視界の外に存在する敵ユニットを視認したり攻撃を加えたりすることができなくなった。思いがけない地点から突如、敵の侵攻を受けたり、こちらから視認できていないが敵からはこちらのユニットが視認できていて一方的に攻撃されるといった状況も発生するようになった。視界はユニットごと・都市種類ごとに海中・地海・低空・高空の4高度それぞれの半径が数値化されており、戦車や歩兵は全高度あまり広い視界を持たず、偵察戦闘車と偵察機は地海に広めの視界を持つ、戦闘機やイージス艦・早期警戒機・レーダー基地は高空に特に広い視界と低空に広い視界を持つ、対潜哨戒機は海中に広い視界を持つといった性格づけがされていた。したがって、有利に攻略を進めるためには、直接的な攻撃能力が乏しい偵察能力に特化した兵器ユニットを生産配備する必要性も生まれた。マップの画面表示機能においても、現在の自軍の視界範囲外を分かりやすく暗く表示する機能があり、どの高度の視界を基準で表示するか選択できた。大戦略III グレートコマンダー フレッシュアイペディアより)

242件中 41 - 50件表示