172件中 41 - 50件表示
  • 戦術データ・リンク

    戦術データ・リンクから見たイージス艦イージス艦

    海上自衛隊ではイージス艦であるこんごう型護衛艦「ちょうかい」より装備が開始された。典型的な通信速度は115Kbps/58kbps/32kbpsである。戦術データ・リンク フレッシュアイペディアより)

  • VH-71 (航空機)

    VH-71 (航空機)から見たイージス艦イージス艦

    ところが、攻撃攪乱と対核兵器電磁波防御能力、さらにはキッチンの付与など、最終的に約1,900項目もの開発要求が次々追加されていき、当初60億ドル(約6,000億円:1ドル100円)だった開発予算総額が112億ドル(1兆1,200億円、イージス艦10隻が建造できる)と大幅に膨れ上がってしまい、1機4億ドル(400億円)と、F-22ラプター約2.5機分はおろか、VC-25エアフォースワン(3億2,500万ドル)より価格が暴騰してしまった事、2009年1月にアメリカ合衆国大統領がジョージ・W・ブッシュからバラク・オバマに交代、オバマ政権による予算削減のプランに入ってしまい、2009年6月には開発契約を破棄され、事実上の計画打ち切りとなってしまった。実現していれば、2017年度までには27機編成の部隊が発足予定であった。VH-71 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊のC4Iシステム

    自衛隊のC4Iシステムから見たイージス艦イージス艦

    戦術情報処理装置は、各艦の戦闘の統制を目的とした情報処理システムで、戦術データ・リンクは、これら各艦の戦術情報処理装置を連接するためのネットワーク・システムである。戦術情報処理装置として、イージス艦にはイージスシステムが、その他の護衛艦ではOYQシリーズが戦闘指揮所(CIC)に設置されている。戦術データ・リンクとしては、当初はリンク 11あるいはリンク 14が使用されていたが、1990年代後半より、順次新型のリンク 16への移行が始まっている。自衛隊のC4Iシステム フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・サッチ

    ジョン・サッチから見たイージス艦イージス艦

    後年、戦闘空中哨戒機はE-2ホークアイ早期警戒機に、ヘルキャット戦闘機はF-14トムキャット戦闘機に、レーダーピケット艦はイージス艦になったが、基本ドクトリンは現在も活かされている。ジョン・サッチ フレッシュアイペディアより)

  • システム艦

    システム艦から見たイージス艦イージス艦

    マイヤーは、先行して就役したシステム艦であるターター-D・システム搭載艦などの開発プロセスを検討し、武器サイドの開発が先行し、船体サイドとの対話開始が遅れていることに問題があり、この状況が続く限り、システム艦としてのポテンシャルを十全に発揮しうるシステム開発は実現し得ないと結論付けた。この教訓に基づき、イージス計画においては、艦の設計段階より、システムインテグレーターとしてのPMS-400を頂点として、戦闘システムを開発するRCA社、船体を開発するインガルス造船所との間で対話が重ねられ、マイヤーの強力なリーダーシップによって、円滑な意思疎通が実現された。これにより、イージスシステムの初配備となったタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦は、理想的システム艦であるイージス艦として完成されることとなった。イージスシステムは当初、従来の戦闘システムと同様、戦術情報処理装置を中核とした集中処理構造を採用していた。しかし2005年より就役したベースライン7において、分散コンピューティング構造に移行した。またアメリカ海軍においては、同様の分散構造を採用した艦艇自衛システム(SSDS)により、水上戦闘艦以外の戦闘艦においてもシステム艦としての構築が行なわれている。システム艦 フレッシュアイペディアより)

  • 康定級フリゲート

    康定級フリゲートから見たイージス艦イージス艦

    対潜センサーとしては、スフェリオンB 艦首装備ソナーおよびATAS(v)2曳航ソナーを有する。スフェリオン・ソナーは6?8kHzを使用して探知距離は2?24kmで、本型と同様の改ラファイエット級であるサウジアラビアのアル・リヤド級フリゲート、オーストラリアのアデレード級フリゲート(強化後)やアンザック級フリゲート、さらにはノルウェーのイージス艦であるフリチョフ・ナンセン級フリゲート(改良型)でも採用実績のある優秀なソナーであるが、一方、ATAS(v)2は使用時に艦の安定性を損なうという報告がある。また、自艦装備の対潜火力としては、両舷にMk 46短魚雷のMk 32 短魚雷発射管を有する。Mk 46短魚雷は旧西側諸国海軍で標準的な対潜兵器であるが、比較的短射程である。本級はこれを補完する中・長射程の対潜火力は持たないが、有力な哨戒ヘリコプターであるS-70C(SH-60 シーホークにほぼ匹敵)を搭載することから、その対潜戦闘能力に不足はないものと見なされている。なお現在、とくにヨーロッパにおいては、自艦装備の対潜火力は短魚雷のみにとどめ、対潜攻撃は搭載機に任せることが主流となっている。康定級フリゲート フレッシュアイペディアより)

  • 古川貞二郎

    古川貞二郎から見たイージス艦イージス艦

    在任期間は8年7ヶ月にも渡り、前任者の石原信雄を抜いて歴代最長の在任記録保持者である。在任中のアメリカ同時多発テロ事件直後に、内閣にイラク攻撃の米軍支援のため、日本の自衛隊艦船(イージス艦)を戦争域内に派遣するための具体的方策策定のためのプロジェクトチームを作る。 また、現総理大臣官邸整備事業を取り仕切る。古川貞二郎 フレッシュアイペディアより)

  • YJ-91 (ミサイル)

    YJ-91 (ミサイル)から見たイージス艦イージス艦

    Kh-31P対レーダーミサイルは別名「神盾殺手(イージス艦キラー)」とも呼ばれる。YJ-91 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • 統合戦術情報伝達システム

    統合戦術情報伝達システムから見たイージス艦イージス艦

    早期警戒管制機 (AWACS) 、航空母艦、イージス艦など自前でも強力な警戒監視能力及び指揮能力を有するプラットフォームが情報伝達の中核となり、得られた情報を整理して他のプラットフォームに戦域情報を配信する。また、必要に応じて戦術指令を送る。もちろん、中核プラットフォーム間での情報の共有も可能であり、より広範囲の情報を得ることができるうえ、前述のように他の局を中継することで広範囲の戦域もカバーでき、理論上は地球上どこの戦域の情報も得ることができる。統合戦術情報伝達システム フレッシュアイペディアより)

  • 博多港

    博多港から見たイージス艦イージス艦

    1994年から2006年まで博多港にはアメリカ海軍のイージス艦が計14回寄港している。2004年まで第7艦隊所属アーレイバーク級ミサイル駆逐艦「DDG-56 ジョン・S・マケイン」が須崎ふ頭に、2006年には「DDG-62 フィッツジェラルド」が箱崎ふ頭に接岸した。寄港中に艦内閲覧が行われたこともあったが、2006年の寄港では報道関係者のみの内覧に制限された。博多港 フレッシュアイペディアより)

172件中 41 - 50件表示

「イージス艦情報流出事件」のニューストピックワード