172件中 71 - 80件表示
  • パトリオットミサイル

    パトリオットミサイルから見たイージス艦イージス艦

    ABL (YAL-1) 空中発射レーザーによる遠中距離防衛、THAADミサイルとイージス艦発射のSM-3による中近距離防衛、味方陣地上空でのパトリオット・ミサイルPAC-3による短距離防衛、という多重防衛構想がある。現在開発中のTHAADミサイル(終末高高度防衛ミサイル、Terminal High Altitude Area Defense missile、サードミサイル)の性能が計画通りであればパトリオット・ミサイルPAC-3の位置をTHAADミサイルが取って代わるかもしれない。米軍はこの防衛構想の一部として、現在、Xバンド・レーダーを世界中に展開設置しており、イージス艦のフェーズド・アレイ・レーダーやDSP衛星、Navstar GPS衛星と共に地球規模での弾道弾ミサイル発射探知システムを完成させつつある。パトリオットミサイル フレッシュアイペディアより)

  • バージニア級原子力ミサイル巡洋艦

    バージニア級原子力ミサイル巡洋艦から見たイージス艦イージス艦

    カリフォルニア級原子力ミサイル巡洋艦に続いて、新鋭の艦隊防空システムであるターター-D・システムを搭載しており、イージス艦の登場までの間、最有力の防空艦として、艦隊防空を支えた。バージニア級原子力ミサイル巡洋艦 フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀海軍施設

    横須賀海軍施設から見たイージス艦イージス艦

    また、第7艦隊に所属する航空母艦『ジョージ・ワシントン』、イージスシステムを搭載したミサイル巡洋艦及びミサイル駆逐艦(イージス艦)といった軍艦が事実上の母港としている。「事実上の」と呼称しているのは、母港がアメリカ本国にありながら横須賀を実質的な拠点として運用されているためである。アメリカ国外では唯一空母の母港として機能している。なお、配備する空母に関しては、対日感情に配慮し、第二次世界大戦で活躍したアメリカ海軍将校を冠した名前の空母は避けるなどの措置が取られている。横須賀海軍施設 フレッシュアイペディアより)

  • 蘭州級駆逐艦

    蘭州級駆逐艦から見たイージス艦イージス艦

    本艦が「中華イージス」と呼ばれる事があるが、本艦の主任設計師は本艦がアメリカ海軍のイージス艦より劣る面があると話している。蘭州級駆逐艦 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の日本

    2011年の日本から見たイージス艦イージス艦

    5月11日 - 2008年2月に発生した海上自衛隊のイージス艦「あたご」と漁船の衝突事故で業務上過失致死罪に問われた海上自衛隊の3等海佐2名に横浜地方裁判所は無罪の判決。2011年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 世宗大王級駆逐艦

    世宗大王級駆逐艦から見たイージス艦イージス艦

    本級を保有することで、大韓民国はアメリカ合衆国、日本、スペイン、ノルウェーに次いで世界で5番目の米国製イージス艦の保有国となる。世宗大王級駆逐艦 フレッシュアイペディアより)

  • 19500トン型護衛艦

    19500トン型護衛艦から見たイージス艦イージス艦

    ひゅうが型と異なり、艦そのものの戦闘能力は低く抑えられている。電子装備やソナーは簡略化されており、武装も最低限の自衛火器を除いては搭載せず、対潜用の魚雷すらない。これは前型の大きさですでに艦本体が洋上を機動して対潜その他戦闘に従事するには限界の大きさであり、それ以上の大きさとなる本型は艦隊中核のプラットフォームに徹する運用が想定されているからである。すなわち単艦では運用せず、護衛艦(例えばイージス艦)を伴った艦隊として運用することを前提としている。装備を簡略化した結果として、これだけ大型化したにもかかわらず、建造費は前型とほぼ同等に収まっている。19500トン型護衛艦 フレッシュアイペディアより)

  • アルバロ・デ・バサン級フリゲート

    アルバロ・デ・バサン級フリゲートから見たイージス艦イージス艦

    イージス艦は防空艦としての性能は世界の一級品ではあるが、その建造費もどうしても高くつくものであったため、スペイン海軍は本級の設計にあたって建造費の低減を重視したものと思われる。アルバロ・デ・バサン級フリゲート フレッシュアイペディアより)

  • ターター・システム

    ターター・システムから見たイージス艦イージス艦

    また、キッド級ミサイル駆逐艦やバージニア級原子力ミサイル巡洋艦では新型の連装発射機であるMk 26が使用される。これはターター/スタンダードMRに加えてアスロックの運用も可能になっている。収容弾数などに応じて3つのバージョンがあり、mod 0では24発、mod 1では44発、mod 2では64発のミサイルを収容できる。なお、Mk 26は最初期のイージス艦においても引き続いて使用されている。ターター・システム フレッシュアイペディアより)

  • 石狩湾新港

    石狩湾新港から見たイージス艦イージス艦

    2007年 アメリカ海軍のイージス艦ステザムが「友好・親善」を目的として西地区多目的国際ターミナルに入港。石狩湾新港 フレッシュアイペディアより)

172件中 71 - 80件表示

「イージス艦情報流出事件」のニューストピックワード