172件中 81 - 90件表示
  • ザクセン級フリゲート

    ザクセン級フリゲートから見たイージス艦イージス艦

    ザクセン級フリゲート (, ) は、ドイツ海軍のフリゲート。124型フリゲート(F124、Type 124)とも呼ばれる。NAAWS戦闘システムを搭載した防空艦で、その外見と性能から、ミニ・イージス艦とも俗称される。ザクセン級フリゲート フレッシュアイペディアより)

  • イージス弾道ミサイル防衛システム

    イージス弾道ミサイル防衛システムから見たイージス艦イージス艦

    イージス弾道ミサイル防衛システム(Aegis Ballistic Missile Defense System, Aegis BMD)はアメリカ合衆国国防総省ミサイル防衛局とアメリカ海軍が開発中のイージス艦を用いた弾道ミサイル防衛システム(BMD)。国家ミサイル防衛(NMD)の一部を構成する。 アメリカ海軍と海上自衛隊が導入している。日本も開発に参加している。イージス弾道ミサイル防衛システム フレッシュアイペディアより)

  • 釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪♪

    釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪♪から見たイージス艦イージス艦

    佐世保へ出張することになった浜崎(西田)と社長の鈴木(三國)。だが浜崎は仕事そっちのけで、偶然知り合った米軍基地に勤めるボブ(ボビー・オロゴン)と釣りを楽しむ。その夜、酒を飲みに街へ繰り出した浜崎は消息を絶ってしまう。実は、浜崎は米軍のイージス艦に迷い込みハワイへ向かっていた。そんなこととはつゆ知らず、浜崎と連絡の取れないまま帰京した鈴木は、彼が行方不明と知り大騒ぎする。釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪♪ フレッシュアイペディアより)

  • 領空侵犯

    領空侵犯から見たイージス艦イージス艦

    日本においては自衛隊法第84条に基づき、領空侵犯に対しては航空自衛隊が対応している。また、海上自衛隊のイージス艦や陸上自衛隊の中SAM対空ミサイル部隊も、対領空侵犯措置に連動している。領空侵犯 フレッシュアイペディアより)

  • アンザック級フリゲート

    アンザック級フリゲートから見たイージス艦イージス艦

    オーストラリア海軍では、本級の防空能力の近代化改修計画「ASMD」(Anti-Ship Missile Defence、対艦ミサイル防衛)が進められている。これは、現有のシースパロー PDMSをESSMに変更し、従来の2種のレーダーに代わって国産の3次元レーダーであるCEAFAR 多機能アクティブ・フェーズド・アレイ・レーダーおよびCEA-MOUNTイルミネーターを装備することによって、本艦に限定的な艦隊防空能力(僚艦防空)を付与するもので、イージス艦として計画されているホバート級駆逐艦導入までの間にアデレード級フリゲートとともに艦隊防空を支え、またホバート級を補完することが期待されている。なお、パース級駆逐艦の退役後、防空艦としてオーストラリア海軍が導入しているアデレード級フリゲートには3次元レーダーがないため、本級に対するASMD改修が実行に移されるまで、オーストラリア艦隊は、遠距離で目標の高度を知る手段を失なうことになる。アンザック級フリゲート フレッシュアイペディアより)

  • 中国人民解放軍海軍のC4ISRシステム

    中国人民解放軍海軍のC4ISRシステムから見たイージス艦イージス艦

    イージス艦に類似した外見で有名な蘭州級駆逐艦では、戦術情報処理装置としてH/ZBJ-1が搭載された。これはJRSCCSをベースとした点ではZKJ-5と同様であるが、新世代の戦術データ・リンクであるJY10Gに対応したとされている。中国人民解放軍海軍のC4ISRシステム フレッシュアイペディアより)

  • アドミラル・ゴルシコフ級フリゲート

    アドミラル・ゴルシコフ級フリゲートから見たイージス艦イージス艦

    外見はRCS(レーダー反射断面積)を大幅に低減させたステルスデザイン(ステルス艦)であり、上記「タルワー」級や、ロシア海軍の「ステレグシュチイ」級を拡大したようなシンプルなものとなっている(中国では、艦橋構造物に4面フェーズドアレイレーダーが装備されているところから、「ロシア版イージス艦」と呼ばれている)。アドミラル・ゴルシコフ級フリゲート フレッシュアイペディアより)

  • 台湾有事

    台湾有事から見たイージス艦イージス艦

    中華人民共和国政府は台湾をあくまで1つの国家を標榜「不可分のひとつ」としており、台湾独立派分子に対する「非平和的手段」直接的軍事行動手段を取ることを合法化した反国家分裂法を成立させた。台湾が独立を宣言した際に、中華人民共和国が軍事侵攻し有事が勃発するのではないかという推測も一部にある。このことから台湾の防衛の為に米国からのイージス艦やF-16シリーズ戦闘機の購入に猛烈に国家を挙げて反対を表明している。台湾有事 フレッシュアイペディアより)

  • 独島級揚陸艦

    独島級揚陸艦から見たイージス艦イージス艦

    韓国海軍は2020年の機動艦隊(海上自衛隊の自衛艦隊にあたる)創設を目指し、イージス艦(世宗大王級駆逐艦)、3500トン級潜水艦(KSS-III) 、独島級大型揚陸艦(LPX)の開発計画を進めており、LPXについては「大洋海軍(ブルーウォーターネイビー)への足場」と表現し、韓国海軍の遠距離作戦能力の強化を見込んでいる。独島級揚陸艦 フレッシュアイペディアより)

  • F-X (航空自衛隊)

    F-X (航空自衛隊)から見たイージス艦イージス艦

    一部のメディアではタイフーンが欧州製であるため、アメリカ軍との共同作戦が難しいといった誤った報道があるが、多機能情報伝達システム(MIDS)の端末を搭載しており、北大西洋条約機構の新しい標準的戦術データ・リンクであるリンク 16(TADIL J)のネットワークに参加することができる。リンク 16は、海軍用のリンク 11と空軍用のリンク 4を統合する新しい規格であり、航空自衛隊やアメリカ軍の作戦機、早期警戒管制機、地上レーダーサイトに加えて、イージス艦や航空母艦、パトリオット地対空ミサイル部隊など他軍種の部隊との情報共有をも実現するもので、その情報を元に効率的な統合作戦行動を可能とする。F-X (航空自衛隊) フレッシュアイペディアより)

172件中 81 - 90件表示

「イージス艦情報流出事件」のニューストピックワード