242件中 81 - 90件表示
  • ジョン・サッチ

    ジョン・サッチから見たイージス艦イージス艦

    後年、戦闘空中哨戒機はE-2ホークアイ早期警戒機に、ヘルキャット戦闘機はF-14トムキャット戦闘機に、レーダーピケット艦はイージス艦になったが、基本ドクトリンは現在も活かされている。ジョン・サッチ フレッシュアイペディアより)

  • 戦闘指揮所

    戦闘指揮所から見たイージス艦イージス艦

    一方、アメリカにおいては、ターター-D・システムにおいてNTDSとWDS(武器管制システム)の連接が実現し、その後継となるイージスシステムにおいてこれらの機能は統合され、高度に自動化された。1983年の「タイコンデロガ」の就役を皮切りに、アメリカの水上戦闘艦の主力はイージス艦に移行していった。戦闘指揮所 フレッシュアイペディアより)

  • ザクセン級フリゲート

    ザクセン級フリゲートから見たイージス艦イージス艦

    ザクセン級フリゲート (, ) は、ドイツ海軍のフリゲートの艦級。124型フリゲート(F124、Type 124)とも称される。NAAWS戦闘システムを搭載した防空艦で、その外見と性能から、ミニ・イージス艦とも俗称される。ザクセン級フリゲート フレッシュアイペディアより)

  • エースコンバット04 シャッタードスカイ

    エースコンバット04 シャッタードスカイから見たイージス艦イージス艦

    ISAFによるコンベース港奇襲時に於けるエイギル艦隊の陣容は、近代化された戦艦タナガーを旗艦に、空母ジオフォン、イージス艦レイヴン、巡洋艦ベルガ、ラズーリ、フェンリス、コルガ他5隻、駆逐艦ハーン、タイチ、チアシ他7隻、潜水艦ベイオウルフ=ニュー、ベイオウルフ=パイ他5隻、揚陸艦2隻、補給艦2隻の大編成であった。エースコンバット04 シャッタードスカイ フレッシュアイペディアより)

  • AN/SPS-48

    AN/SPS-48から見たイージス艦イージス艦

    開発は1959年に着手され、試作機は1965年より試験に入った。開発当初は主にテリア・システムやターター・システムを搭載した防空艦の中でも比較的大型のミサイル嚮導駆逐艦(DLG / DLGN)に装備されていたが、1980年代から新型のAN/SPY-1多用途レーダーを装備したイージス艦の大量配備が進められたことや冷戦終結後の軍縮に伴い、テリア/ターター・システム搭載艦は2000年までには全艦がアメリカ海軍から退役した。AN/SPS-48 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤一長

    伊藤一長から見たイージス艦イージス艦

    市長選出馬前は「防衛、外交は国の専管事項」として平和問題、核問題には言及しない姿勢を示していたものの、市長就任後は一転して平和推進路線に転換。被爆地の市長として核兵器の撤廃運動を積極的に行なった。また、しばしば核兵器の使用、及び核保有国であるアメリカ合衆国への批判をした。1995年11月に核兵器の威嚇または使用の合法性国際司法裁判所勧告的意見の口頭陳述で核兵器の使用は明らかに国際法違反と、涙を浮かべながら訴えた。2002年の原爆の日には同時多発テロ以後の米国の核政策を批判した。2005年5月の核不拡散条約再検討会議では「核兵器と人類は共存できない」と主張。2006年にはアメリカと北朝鮮の核実験を批判し、2007年3月の米軍イージス艦の長崎港入港を「残念」とした。伊藤一長 フレッシュアイペディアより)

  • 世宗大王級駆逐艦

    世宗大王級駆逐艦から見たイージス艦イージス艦

    本級を保有することで、大韓民国はアメリカ合衆国、日本、スペイン、ノルウェーに次いで世界で5番目のイージス艦保有国となる。世宗大王級駆逐艦 フレッシュアイペディアより)

  • 海上自衛隊の電子戦装置

    海上自衛隊の電子戦装置から見たイージス艦イージス艦

    一方、水電妨を元にした電波探知妨害装置の開発も継続され、まずこんごう型(63DDG)よりNOLQ-2が装備化された。これは海上自衛隊のイージス艦において標準的な電子戦器材となり、あたご型護衛艦でも、一回り小型化するなどした改正型であるNOLQ-2Bが搭載された。海上自衛隊の電子戦装置 フレッシュアイペディアより)

  • 91式携帯地対空誘導弾

    91式携帯地対空誘導弾から見たイージス艦イージス艦

    第二次世界大戦時にタイムスリップした架空のイージス護衛艦「みらい」の武器庫に積み込まれており、艦載機のSH-60J哨戒ヘリコプターのキャビンから、核爆弾を搭載した大和型戦艦「大和」を停船させるために煙突に向けて発射する。91式携帯地対空誘導弾 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛装備移転三原則

    防衛装備移転三原則から見たイージス艦イージス艦

    2015年7月23日、国家安全保障会議にて、アメリカが開発中のイージス艦向けの最新システムを巡り、関連するソフトや部品を日本でつくり同国に輸出することを決めた。同国は目標物の位置情報などを複数のディスプレーに表示し、共有できる装置の開発にあたり、技術力の優れた日本企業の参加をかねて求めていた。防衛装備移転三原則 フレッシュアイペディアより)

242件中 81 - 90件表示