142件中 91 - 100件表示
  • イージス艦

    イージス艦から見たむらさめ型護衛艦

    海上自衛隊の汎用護衛艦であるむらさめ型においては、「ミニ・イージス艦とも言うべき高性能艦」などと紹介される一方で、「ミニ・イージス艦となる予定だったが断念した」など報道される事もあり、表現の混乱が見られる。むらさめ型は1面回転式のフェイズドアレイ・レーダーであるOPS-24を搭載しているが、これは純粋の捜索レーダーであるので、多機能レーダーであるSPY-1とは別種のものである。また、むらさめ型は対空戦闘システムFCS-3の搭載を断念した経緯がある(後にあきづき型が搭載)が、たとえ搭載されたとしてもFCS-3は国産の対空戦闘システムであり、イージスシステムとは別物である。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たミサイル駆逐艦

    アメリカ海軍は、第二次世界大戦末期より、全く新しい艦隊防空火力として艦対空ミサイル(SAM)の開発に着手していた。戦後も、ジェット機の発達に伴う経空脅威の増大を受けて開発は拡大され、1956年にはテリア、1959年にタロス、そして1962年にターターが艦隊配備された。これらは3Tと通称され、タロスはミサイル巡洋艦、テリアはミサイルフリゲート(DLG)、そしてターターはミサイル駆逐艦(DDG)に搭載されて広く配備された。また経空脅威の増大が続いていることを踏まえて、1958年からは、早くも3Tの次の世代の防空システムとしてタイフォン・システムの開発を開始していたが、これは要求性能の高さに対する技術水準の低さ、統合システムの開発への経験不足により難渋し、1963年にキャンセルされた。ただしその過程で開発された改良型の固体燃料ロケットは、テリアとターターの共通化を進めた発展型であるスタンダードミサイルに引き継がれた。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たネイサン・ジェームズ

    架空のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「ネイサン・ジェームズ」が舞台となっており、実在する同型艦の「ハルゼー」などが、「ネイサン・ジェームズ」役として出演している。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たアテナ

    イージス(Aegis)とは、ギリシャ神話の中で最高神ゼウスが娘アテナに与えたという、あらゆる邪悪を払う盾(胸当)アイギス(Aigis)のこと。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たあたご (護衛艦)

    架空のあたご型護衛艦「ほたか」が舞台となっており、エンドロールでは実写で「あたご」と「きりしま」が登場する。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見た原子力船

    ASMS計画当初、このシステムは、次期原子力ミサイル駆逐艦(DXGN)の後期建造艦から搭載される予定であった。1970年に海軍作戦部長に就任したズムウォルト大将はこれを修正し、より小さく簡素なガスタービン主機の駆逐艦(DG/Aegis)に搭載することとしたが、1974年に海軍作戦部長がホロウェイ大将に交代すると、再び原子力艦への搭載へと修正された。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たトマホーク武器システム

    AWSの核心であるSPY-1レーダーの多機能性と、ACSの要であるVLSの複合戦対応性とがあわさることで、ACSは複合機能・複合戦闘システムと称するべきものとなった。アメリカ海軍のイージス艦の場合、防御用のAWSとともに、攻撃用のトマホーク武器システム(TWS)が搭載され、戦闘力の二本柱となっている。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たタイムトラベル

    「ゆきなみ型」と呼ばれる架空のイージス護衛艦が登場し、その3番艦である「みらい」が第二次世界大戦時にタイムスリップしてしまう。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たこんごう (護衛艦)

    こんごう型護衛艦「こんごう」「きりしま」、およびタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦「シャイロー」が、東風-21をSM-3で迎撃する。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たアスロック

    防衛海軍所属の巡洋艦で、SPY-1レーダーといったイージス艦の特徴を持っているがVLSは見当たらず、代わりにアスロックランチャーが搭載されている。また、「あいづ」は『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』において、艦番号をDD-147とする海上自衛隊所属の護衛艦として登場している。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

142件中 91 - 100件表示