135件中 11 - 20件表示
  • イージス艦

    イージス艦から見たESSM

    現用のイージス艦が搭載するMk 41垂直発射装置は汎用性が高く、スタンダード艦対空ミサイル以外にも多くの種類のミサイルを搭載することができる。ESSM(発展型シースパロー)、垂直発射式アスロック(VLA)対潜ミサイル、トマホークなどが、その例である。(ESSM(発展型シースパロー)は1セルにつき4発を搭載可能)イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たフェーズドアレイレーダー

    フェーズドアレイレーダーと高度な射撃管制装置により、200を超える目標を追尾し、その中の10から20の目標(従来艦のはたかぜ型ミサイル護衛艦は2から3目標)を同時攻撃する能力を持つ。開発当初の目的である艦隊防空だけではなく様々な任務に対応可能な汎用性を持つため、アメリカ海軍ではイージス艦のみで水上戦闘群を編成している。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見た世宗大王級駆逐艦

    あたご型と同様に、アーレイ・バーク級フライトIIAを下敷きに設計されたのが、韓国の世宗大王級駆逐艦(計画名KDX-3)である。2009年から2012年にかけて3隻が就役し、船体設計などはアーレイ・バーク級フライトIIAとほぼ同じだが、アーレイ・バーク級で抑えられたミサイル搭載数をタイコンデロガ級並みに差し戻すと共に、近接防御火器の機種増加がおこなわれている。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たアルバロ・デ・バサン級フリゲート

    こんごう型に続く、海外のイージス艦の2例目が、2003年より就役を開始したスペインのアルバロ・デ・バサン級フリゲートである。アーレイ・バーク級をベースとしたこんごう型とは異なり、かなり独自色の強い設計で、満載排水量5,853トンとさらに小さくまとめることに成功した。ミサイル搭載数が削られているものの、アーレイバーク級フライトIIと同じイージスシステムを搭載している。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たシースパロー (ミサイル)

    現用のイージス艦が搭載するMk 41垂直発射装置は汎用性が高く、スタンダード艦対空ミサイル以外にも多くの種類のミサイルを搭載することができる。ESSM(発展型シースパロー)、垂直発射式アスロック(VLA)対潜ミサイル、トマホークなどが、その例である。(ESSM(発展型シースパロー)は1セルにつき4発を搭載可能)イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たフリチョフ・ナンセン級フリゲート

    アルバロ・デ・バサン級をベースとして設計されたのが、ノルウェーのフリチョフ・ナンセン級フリゲートである。さらに小型化されており、より軽量のSPY-1Fレーダーを組み込んだ簡易型のイージスシステムを搭載している。本級は、イージスシステム一式を搭載しているが、運用上、通常はスタンダード対空ミサイルを搭載しないとされている。2007年1月にネームシップが就役し、2011年までに同型5隻が就役した。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たスタンダードミサイル

    イージス艦は、単にイージス・システムを搭載しているだけではなく、イージス・システムを艦のシステムの一部として統合している。このように統合システム艦としての建造を可能にしたのが、アメリカ海軍の建艦プロジェクトであるPMS-400である。これは1977年に設立されたもので、イージス武器システム、イージス戦闘システムのプロジェクト・マネージャーを歴任してきたウェイン・E・マイヤー提督が引き続き指揮を執った。イージスシステムは、従来の艦隊防空システムの枠を超えた高度な能力を有していたことから、マイアー提督は、これを単なる防空システムとしての枠を超えた、防空司令所として用いることを構想しており、そのプラット・フォームとして、打撃巡洋艦が考えられた。これは、空母戦闘群(現 空母打撃群)から独立した作戦行動を前提とした高速・強力な原子力戦闘艦で、満載17,210トン、艦の枢要部には装甲が施されることになっており、スタンダードMk.26発射機2基、ハープーン艦対艦ミサイル16発、Mk 71 8インチ砲を搭載予定だった。しかし、この計画はあまりに高価であるにもかかわらず効果が疑問であるとして、1970年代末に消滅した。その後、バージニア級原子力ミサイル巡洋艦をベースにした新造案 (CGN-42案) や、既に運用中だった原子力ミサイル巡洋艦ロングビーチを改修する案などが検討されたが、いずれも断念された。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦

    その後、チャールズ・F・アダムズ級ミサイル駆逐艦の後継となるミサイル駆逐艦にもイージスシステムを搭載することが決定された。これによって建造されたのが、1991年より就役を開始したアーレイ・バーク級で、66隻以上が建造されることになっているが、これは、アメリカ海軍が戦後に建造した水上戦闘艦としては最多の建造数である。タイコンデロガ級では、スプルーアンス級をベースとしなければならないという制約があり、機関配置などが既に決まっていたために、必ずしも効率的な設計が行なえなかった。これに対し、アーレイバーク級は一から設計されたため、イージス・システムの搭載に最適な設計になっている。イージス・システムそのものが合理化されたこともあり、タイコンデロガ級のトップヘヴィー状態が改善されている。初期建造艦のフライトI、電子装備を強化したフライトII、ヘリコプターを搭載したフライトIIAに分けられる。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たイージスシステム

    イージス艦(イージスかん)とは、イージスシステムを搭載した艦艇の総称。通常、高度なシステム艦として構築されている。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たホバート級駆逐艦

    またオーストラリアでも、アルバロ・デ・バサン級をベースとしたホバート級駆逐艦の建造に着手しており、2016年ごろより3隻を整備する計画である。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

135件中 11 - 20件表示

「イージス艦情報流出事件」のニューストピックワード