135件中 21 - 30件表示
  • イージス艦

    イージス艦から見たNAAWS

    なお、近年、ヨーロッパにおいては、PAAMSやNAAWSなど、イージスシステムに類似、あるいは同等の機能を持つとされる防空システムが開発されており、イギリスやフランス、ドイツなどは、イージス艦を導入せずに、これらを搭載した艦を建造・就役させている。これらの艦艇については、イージス艦と類似した点があることから、ミニ・イージス艦と呼ばれることがある(詳細はを参照)。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦

    最終的に実行に移されたのが、当時建造中だったスプルーアンス級駆逐艦をベースにしたDDG-47計画である。当初はミサイル駆逐艦(DDG)として計画は進められたが、期待される任務や性能を考慮して、1番艦の建造途中で種別がミサイル巡洋艦(CG)に変更された。これによって建造されたのがタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦で、1983年より94年にかけて27隻が建造された。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たFCS-3

    高度に統合された戦闘システムを備えている(NAAWSやATECSイージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たMk 41 (ミサイル発射機)

    イージス艦のスタンダード対空ミサイル・システムは、改良型のスタンダード・ミサイル2型を使用し、また新型の射撃指揮装置が組み込まれているため、同時に多数(10個以上)の目標と交戦することができる。現在就役している艦では、ミサイル・ランチャーとしてMk 41垂直発射装置が採用されており、即応性や速射能力などが向上している。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たリンク 16

    イージス・システムの開発以前より、アメリカ海軍は艦隊全体で一体となって戦闘を行なうため、海軍戦術情報システム(NTDS)を開発・使用してきた。そのネットワークに接続するための戦術データ・リンク装置は、イージス艦にも当然搭載される。従来はリンク 11が使用されてきたが、1990年代より新型のリンク 16が運用開始され、既存の艦にも順次装備されている。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たアスロック

    現用のイージス艦が搭載するMk 41垂直発射装置は汎用性が高く、スタンダード艦対空ミサイル以外にも多くの種類のミサイルを搭載することができる。ESSM(発展型シースパロー)、垂直発射式アスロック(VLA)対潜ミサイル、トマホークなどが、その例である。(ESSM(発展型シースパロー)は1セルにつき4発を搭載可能)イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たオート・メラーラ 127 mm 砲

    このアーレイ・バーク級の初期建造艦(フライトI)をベースとして、日本独自の運用要求を加えて建造されたのが、1993年から1998年にかけて4隻が就役した日本のこんごう型ミサイル護衛艦である。アメリカ以外では初のイージス艦で、主砲がオート・メラーラ社製の速射砲に変更されたほか、指揮統制能力が強化されており、タイコンデロガ級に迫る規模になった。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たこんごう型護衛艦

    このアーレイ・バーク級の初期建造艦(フライトI)をベースとして、日本独自の運用要求を加えて建造されたのが、1993年から1998年にかけて4隻が就役した日本のこんごう型ミサイル護衛艦である。アメリカ以外では初のイージス艦で、主砲がオート・メラーラ社製の速射砲に変更されたほか、指揮統制能力が強化されており、タイコンデロガ級に迫る規模になった。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見た戦術データ・リンク

    イージス・システムの開発以前より、アメリカ海軍は艦隊全体で一体となって戦闘を行なうため、海軍戦術情報システム(NTDS)を開発・使用してきた。そのネットワークに接続するための戦術データ・リンク装置は、イージス艦にも当然搭載される。従来はリンク 11が使用されてきたが、1990年代より新型のリンク 16が運用開始され、既存の艦にも順次装備されている。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たあたご型護衛艦

    日本はこんごう型の運用実績を踏まえて、たちかぜ型ミサイル護衛艦の更新用として、さらに2隻の二世代目イージス艦の導入を決定した。これによって建造、2007年順次就役となったのがあたご型である。こんごう型をベースとして、アーレイ・バーク級のフライトIIAと同様の改良を施した。こんごう型と比べての変更点は、主砲を米艦と同じMk 45に変更したほか、ヘリコプターの搭載・運用能力が追加されたことがある。ヘリの機数の問題から常時搭載機はないが、海上自衛隊のミサイル護衛艦としてはじめて着艦拘束装置およびヘリ格納庫を設置している。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

135件中 21 - 30件表示

「イージス艦情報流出事件」のニューストピックワード