135件中 51 - 60件表示
  • イージス艦

    イージス艦から見た地球連合軍の艦船及びその他の兵器

    オーブ海軍イージス艦及びダニロフ級(『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ)イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たMk 32 短魚雷発射管

    また、攻撃手段としては、舷側のMk 32 短魚雷発射管から発射される短魚雷、Mk 41 VLSより発射されるVLA対潜ロケット、さらに場合によってはヘリコプターが使用される。ここで用いられる短魚雷としてはMk 46が長く用いられてきたが、現在は、より高速で強力なMk 50や97式短魚雷なども就役している。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たロングビーチ (原子力ミサイル巡洋艦)

    イージス艦は、単にイージス・システムを搭載しているだけではなく、イージス・システムを艦のシステムの一部として統合している。このように統合システム艦としての建造を可能にしたのが、アメリカ海軍の建艦プロジェクトであるPMS-400である。これは1977年に設立されたもので、イージス武器システム、イージス戦闘システムのプロジェクト・マネージャーを歴任してきたウェイン・E・マイヤー提督が引き続き指揮を執った。イージスシステムは、従来の艦隊防空システムの枠を超えた高度な能力を有していたことから、マイアー提督は、これを単なる防空システムとしての枠を超えた、防空司令所として用いることを構想しており、そのプラット・フォームとして、打撃巡洋艦が考えられた。これは、空母戦闘群(現 空母打撃群)から独立した作戦行動を前提とした高速・強力な原子力戦闘艦で、満載17,210トン、艦の枢要部には装甲が施されることになっており、スタンダードMk.26発射機2基、ハープーン艦対艦ミサイル16発、Mk 71 8インチ砲を搭載予定だった。しかし、この計画はあまりに高価であるにもかかわらず効果が疑問であるとして、1970年代末に消滅した。その後、バージニア級原子力ミサイル巡洋艦をベースにした新造案 (CGN-42案) や、既に運用中だった原子力ミサイル巡洋艦ロングビーチを改修する案などが検討されたが、いずれも断念された。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見た艦砲

    イージス艦の主たる兵器はミサイルではあるが、汎用性が高く、即応性にも優れることから、通常型の艦砲も搭載する。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見た海上自衛隊

    海上自衛隊では、こんごう型の4番艦で初めてリンク 16に対応し、続いて建造されたあたご型にも搭載されたほか、既存のこんごう型3隻に対しても搭載改修が行われている(イージス艦以外に、たかなみ型汎用護衛艦やひゅうが型ヘリコプター護衛艦にも搭載されている)。ただし、リンク 16は見通し線外通信ができないため、艦隊全体での通信にはリンク 11が依然として使われている。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たワシントンD.C.

    タイコンデロガ級22番艦「アンツィオ」がパトリオットミサイルとともにワシントンD\.C\.の防衛に当たるがSu-35の体当たり攻撃を受け大破、沈没する。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たコズミック・イラの艦船及びその他の兵器

    オーブ海軍イージス艦及びダニロフ級(『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ)イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見た対潜戦

    Mk 41では、どのミサイルをどれだけ搭載できるかが任意に決められるので、イージス艦の兵装構成は非常に多様である。例えば、防空艦としての活動が多いタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦においては、ミサイル搭載数の大部分をスタンダード対空ミサイルが占めているのに対し、汎用艦としての活動が多いアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦では、トマホーク巡航ミサイルの搭載数が増えていると言われているし、対潜戦闘を重視する日本の艦ではVLAがある程度の比率で搭載されており、ノルウェーのフリチョフ・ナンセン級フリゲートはESSM(発展型シースパロー)のみ搭載する。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見た海星 (ミサイル)

    また、アーレイ・バーク級35番艦以降を除いて、Mk 41のほかに対艦ミサイルの4連装発射筒を搭載している。対艦ミサイルの機種は、あたご型がSSM-1B、フリチョフ・ナンセン級がNSM、世宗大王級がSSM-700Kであり、他の艦はすべて、アメリカ海軍で標準的なハープーンである。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見た艦対空ミサイル

    現用のイージス艦が搭載するMk 41垂直発射装置は汎用性が高く、スタンダード艦対空ミサイル以外にも多くの種類のミサイルを搭載することができる。ESSM(発展型シースパロー)、垂直発射式アスロック(VLA)対潜ミサイル、トマホークなどが、その例である。(ESSM(発展型シースパロー)は1セルにつき4発を搭載可能)イージス艦 フレッシュアイペディアより)

135件中 51 - 60件表示

「イージス艦情報流出事件」のニューストピックワード