142件中 51 - 60件表示
  • イージス艦

    イージス艦から見た世宗大王級駆逐艦

    あたご型と同様に、アーレイ・バーク級フライトIIAを下敷きに設計されたのが、韓国の世宗大王級駆逐艦(計画名KDX-3)である。2009年から2012年にかけて3隻が就役し、船体設計などはアーレイ・バーク級フライトIIAとほぼ同じだが、国産巡航ミサイル用VLSの追加やCIWSの機種変更など、独自の要求に基づく変更がなされている。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たフォルバン級駆逐艦

    例えば、ドイツのザクセン級フリゲート、オランダのデ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級フリゲート、英仏伊の45型駆逐艦、フォルバン級駆逐艦、アンドレア・ドーリア級駆逐艦、日本のあきづき型護衛艦などはしばしばミニ・イージス艦と称される。また、同じく四面固定式のフェイズドアレイ・レーダーを採用していると思われる中国の蘭州級(052C型)駆逐艦、昆明級(052D型)駆逐艦は、「中華イージス(中華神盾)」と呼ばれる事が多い。これらの艦を「○○イージス艦」と呼ぶ場合には、下記のような共通点が認められる。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見た軍艦

    イージス艦とは、イージスシステムを搭載するあらゆる艦艇を指す総称である。したがって、巡洋艦、駆逐艦といった軍艦の艦種を指すものではなく、2017年現在で、巡洋艦・駆逐艦・フリゲートの3つの艦種に搭載されている。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見た魔法

    架空のイージス護衛艦「いぶき」が登場し、国連軍としてアフリカに向かっていた途中、魔法の力により異世界に飛ばされてしまう。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見た機動戦士ガンダムSEED

    オーブ海軍イージス艦及びダニロフ級(『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ)イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たバージニア級原子力ミサイル巡洋艦

    この頃には、DXGN計画から発展したバージニア級(DLGN-36級)が既に建造に入っていた。同級は、後期建造艦でのASMS搭載を見込んで、新設計の船体と高度に統合された戦闘システムを備えていたものの、実際に開発されたイージスシステムは、同級にそのまま搭載することは困難であった。このことから、イージス搭載に適合化した原子力ミサイル駆逐艦としてDG(N)計画が着手され、1974年1月の時点では満載10,708トンとなる予定であった。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見た地球連合軍の艦船及びその他の兵器

    オーブ海軍イージス艦及びダニロフ級(『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ)イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たロングビーチ (原子力ミサイル巡洋艦)

    しかし同年7月、ホロウェイ大将はこの計画は消極的過ぎるとして中止させ、かわって原子力打撃巡洋艦(CSGN)計画を推進した。概念設計は1975年5月に完了し、満載12,700トンの強力な戦闘艦とされたが、当然のように高コストの艦でもあった。このことから、ズムウォルト大将が検討させていたようなガスタービン主機のミサイル駆逐艦の案が復活することになり、CSGN 8隻と在来動力型ミサイル駆逐艦(DDG)16隻によるハイローミックスが予定された。DDGは1977年度計画から、CSGNは1978年度計画からの建造が予定されていたが、議会はCSGNの建造を差し止めるかわりに「ロングビーチ」をCSGNのプロトタイプとして改装するよう予算を振り替えた。しかし1977年1月17日、フォード政権は改修を中止させ、続くカーター政権はCSGN計画の見直しを指示した。かわってバージニア級を発展させたCGN-42の設計が着手されたものの、当初5隻が予定されていた建造数は、1978年3月には1983年度計画の1隻のみに削減され、1981年2月にはその建造も中止された。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たMM9

    「はくば」(『MM9』)イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見た艦砲

    このアーレイ・バーク級の初期建造艦(フライトI)をベースとして、独自の運用要求を加えたのが日本のこんごう型護衛艦であり、昭和63年度から建造を開始し、1993年から1998年にかけて順次に竣工した。アメリカ以外では初のイージス艦で、主砲がオート・メラーラ社製の速射砲に変更されたほか、指揮統制能力が強化されており、タイコンデロガ級に迫る規模になった。またその運用実績を踏まえ、平成14・15年度計画では、たちかぜ型の更新用として更に2隻のイージス艦の導入を決定した。これがあたご型であり、こんごう型をベースとしてシステムの更新を図るとともに、艦砲を米艦と同じMk 45に変更したほか、ヘリコプターの搭載・運用能力が追加された。ヘリの機数の問題から常時搭載機はないが、海上自衛隊のミサイル護衛艦としてはじめて着艦拘束装置およびヘリ格納庫を設置している。更に、平成27・28年度でも発展型(8200トン型)2隻の建造が盛り込まれた。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

142件中 51 - 60件表示