142件中 61 - 70件表示
  • イージス艦

    イージス艦から見たレーダー

    イージス・システムのなかでは、レーダーなどのセンサー・システム、コンピュータとデータ・リンクによる情報システム、艦対空ミサイルとその発射機などの攻撃システムなどが連結されている。これによって、防空に限らず、戦闘のあらゆる局面において、目標の捜索から識別、判断から攻撃に至るまでを、迅速に行なうことができる。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たワシントンD.C.

    タイコンデロガ級22番艦「アンツィオ」がパトリオットミサイルとともにワシントンD\.C\.の防衛に当たるがSu-35の体当たり攻撃を受け大破、沈没する。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たアメリカ海軍作戦部長

    ASMS計画当初、このシステムは、次期原子力ミサイル駆逐艦(DXGN)の後期建造艦から搭載される予定であった。1970年に海軍作戦部長に就任したズムウォルト大将はこれを修正し、より小さく簡素なガスタービン主機の駆逐艦(DG/Aegis)に搭載することとしたが、1974年に海軍作戦部長がホロウェイ大将に交代すると、再び原子力艦への搭載へと修正された。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たコンピュータ

    イージス・システムのなかでは、レーダーなどのセンサー・システム、コンピュータとデータ・リンクによる情報システム、艦対空ミサイルとその発射機などの攻撃システムなどが連結されている。これによって、防空に限らず、戦闘のあらゆる局面において、目標の捜索から識別、判断から攻撃に至るまでを、迅速に行なうことができる。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たコズミック・イラの艦船及びその他の兵器

    オーブ海軍イージス艦及びダニロフ級(『機動戦士ガンダムSEED』シリーズ)イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たRIM-174スタンダードERAM

    艦対空ミサイルとしてはSM-2を採用している。これはスタンダードミサイルの改良型であり、セミアクティブ・レーダー・ホーミング(SARH)誘導ではあるが、上記の通り、多機能レーダーであるSPY-1が目標追尾の大部分を担当することから、同時に多数(10個以上)の目標と交戦することができる。またベースライン9からは、アクティブ・レーダー・ホーミング(ARH)誘導のSM-6にも対応した。ミサイル発射機としては、最初期は連装式のMk.26が用いられていたが、まもなく垂直発射式のMk.41が使われるようになり、即応性や速射能力などが向上しているほか、巡航ミサイルなどの発射にも対応した。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たエイラート (駆逐艦)

    タイフォンの挫折を受け、1963年11月より先進水上ミサイル・システム(ASMS)計画が開始され、1969年にはイージス計画と改称した。1967年のエイラート撃沈事件、1970年にソ連が行なったオケアン70演習を受けて開発は加速され、1973年からはテストサイトでの地上試験、そして1975年には試作機を実験艦「ノートン・サウンド」に艤装しての洋上試験が開始された。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見た異界

    架空のイージス護衛艦「いぶき」が登場し、国連軍としてアフリカに向かっていた途中、魔法の力により異世界に飛ばされてしまう。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たゴジラ (架空の怪獣)

    両作にて、架空のイージス艦「あいづ」が登場し、ゴジラと戦闘を行う。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たアフターバーナー

    固有名詞が一般名詞化する段階では拡大解釈が行われ、この様な誤用が見られる。本来ゼネラル・エレクトリック社のジェットエンジンに装備されている再燃焼装置を指す言葉であるはずの「アフターバーナー」が、ジェットエンジンの再燃焼装置全般を指す用語として使われているなど、類似の事例は皆無ではない。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

142件中 61 - 70件表示