135件中 71 - 80件表示
  • イージス艦

    イージス艦から見たMk50 (魚雷)

    また、攻撃手段としては、舷側のMk 32 短魚雷発射管から発射される短魚雷、Mk 41 VLSより発射されるVLA対潜ロケット、さらに場合によってはヘリコプターが使用される。ここで用いられる短魚雷としてはMk 46が長く用いられてきたが、現在は、より高速で強力なMk 50や97式短魚雷なども就役している。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たドイツ

    なお、近年、ヨーロッパにおいては、PAAMSやNAAWSなど、イージスシステムに類似、あるいは同等の機能を持つとされる防空システムが開発されており、イギリスやフランス、ドイツなどは、イージス艦を導入せずに、これらを搭載した艦を建造・就役させている。これらの艦艇については、イージス艦と類似した点があることから、ミニ・イージス艦と呼ばれることがある(詳細はを参照)。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見た海上自衛隊のC4Iシステム

    ミサイル防衛(BMD)など広域での戦術情報共有が必要な作戦においては、アメリカ海軍はリンク 16をベースにした衛星データリンクであるS-TADIL Jを使用しており、海上自衛隊のイージス艦の一部にもその通信装置が装備される。海上自衛隊のイージス艦では、このほかに、海上自衛隊の骨幹的指揮統制システムである海上作戦部隊指揮管制支援システム(MOFシステム)のためのSUPERBIRD衛星通信回線が設置されている。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たVLS

    イージス艦のスタンダード対空ミサイル・システムは、改良型のスタンダード・ミサイル2型を使用し、また新型の射撃指揮装置が組み込まれているため、同時に多数(10個以上)の目標と交戦することができる。現在就役している艦では、ミサイル・ランチャーとしてMk 41垂直発射装置が採用されており、即応性や速射能力などが向上している。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たSUPERBIRD

    ミサイル防衛(BMD)など広域での戦術情報共有が必要な作戦においては、アメリカ海軍はリンク 16をベースにした衛星データリンクであるS-TADIL Jを使用しており、海上自衛隊のイージス艦の一部にもその通信装置が装備される。海上自衛隊のイージス艦では、このほかに、海上自衛隊の骨幹的指揮統制システムである海上作戦部隊指揮管制支援システム(MOFシステム)のためのSUPERBIRD衛星通信回線が設置されている。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たアンツィオ (ミサイル巡洋艦)

    タイコンデロガ級22番艦「アンツィオ」がパトリオットミサイルとともにワシントンD.C.の防衛に当たるがSu-35の体当たり攻撃を受け大破、沈没する。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たみょうこう (護衛艦)

    映画版では実物のこんごう型イージス護衛艦DDG175「みょうこう」を撮影に使用したため正規のイージス艦と思われる。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たミサイル巡洋艦

    最終的に実行に移されたのが、当時建造中だったスプルーアンス級駆逐艦をベースにしたDDG-47計画である。当初はミサイル駆逐艦(DDG)として計画は進められたが、期待される任務や性能を考慮して、1番艦の建造途中で種別がミサイル巡洋艦(CG)に変更された。これによって建造されたのがタイコンデロガ級ミサイル巡洋艦で、1983年より94年にかけて27隻が建造された。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たはたかぜ型護衛艦

    フェーズドアレイレーダーと高度な射撃管制装置により、200を超える目標を追尾し、その中の10から20の目標(従来艦のはたかぜ型ミサイル護衛艦は2から3目標)を同時攻撃する能力を持つ。開発当初の目的である艦隊防空だけではなく様々な任務に対応可能な汎用性を持つため、アメリカ海軍ではイージス艦のみで水上戦闘群を編成している。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

  • イージス艦

    イージス艦から見たあきづき型護衛艦 (2代)

    例えば、ドイツのザクセン級フリゲート、オランダのデ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級フリゲート、英仏伊の45型駆逐艦、フォルバン級駆逐艦、アンドレア・ドーリア級駆逐艦、日本のあきづき型汎用護衛艦などはしばしばミニ・イージス艦と称される。また、同じく四面固定式のフェイズドアレイ・レーダーを採用していると思われる中国の蘭州級(052C型)駆逐艦は、「中華イージス」と呼ばれる事が多い。これらの艦を「○○イージス艦」と呼ぶ場合には、下記のような共通点が認められる。イージス艦 フレッシュアイペディアより)

135件中 71 - 80件表示

「イージス艦情報流出事件」のニューストピックワード