51件中 11 - 20件表示
  • ロン・ポール

    ロン・ポールから見たウィキリークスウィキリークス

    ポールは、州権、銃の所有、政治犯に対する人身保護令状、陪審による法の無視の権利、自主的な又は非公式の学校内礼拝を認める憲法改正、などを支持している。彼はまた、労働者の社会保障制度からの脱退の許可、医療の分野における自由市場の拡大、公害防止に対する私的所有権の認知、投票用紙への党・候補者名記載の増進に賛成している。ポールが反対しているものは、麻薬撲滅キャンペーン、社会医療制度、福祉国家論、海外援助、司法積極主義、連邦による死刑制度への干渉(彼は死刑制度自体には反対の立場である)、結婚・教育に対する連邦の規制、インターネット・ギャンブルの禁止である。そして彼は、同性愛者の行為と同様に異性愛者も含んだ破滅的な性嗜好に注目した問題に対して、軍の“聞かざる・言わざる政策“の施行廃止を支持している。彼は、未婚夫婦や同性カップルによる養子縁組に対しての政府の補助金制度に反対票を投じた。ポールは自身を、中絶に対する”ゆるぎない反対者“だと言っており、母体及び胎児の健康に対する医学的判断の規制は、”国家レベルの最高位の取り扱い事項だ“という信念を持っている。またウィキリークスに対しても、「もっとウィキリークスが必要だ」と擁護する発言をしている。ロン・ポール フレッシュアイペディアより)

  • PROTECT IP Act

    PROTECT IP Actから見たウィキリークスウィキリークス

    電子フロンティア財団のアビゲイル・フィリップス(Abigail Phillips)も、どういった要件で著作権侵害サイトと特定されるのかが不明確であるとして法案を批判している。例えば、もしウィキリークスが著作権で保護されたコンテンツを配布したとして訴えられ、米国の検索エンジンがウィキリークスを示す検索結果を裁判所命令によってブロックしたとした場合、検索エンジンにウィキリークスそのものへのリンクをまるごと除去するよう要請する ことは、サイトに掲載されている合法的コンテンツに関する言論の自由の問題(ウィキリークスに掲載された合法的な他のコンテンツを閲覧する権利侵害の問題)が浮上することになる。PROTECT IP Act フレッシュアイペディアより)

  • タンデム体制

    タンデム体制から見たウィキリークスウィキリークス

    在モスクワアメリカ大使館はタンデム体制について外交文書で「プーチン首相が主役のバットマン、メドベージェフ大統領が相棒のロビン」としていたが、ウィキリークスによって公開された(アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件)。タンデム体制 フレッシュアイペディアより)

  • 薮中三十二

    薮中三十二から見たウィキリークスウィキリークス

    2009年(平成21年)9月、自公から民社国への政権交代に伴う事務次官会議の中止につき、若干の感慨があるとコメントした。また11月に予定されていたバラク・オバマアメリカ大統領の初来日に際し8月、「演説で言及されていた“核なき世界”への期待を抑えなければならない、広島訪問があるか否かは注目の的となっており時期尚早で控えるべき」と駐日大使ジョン・ルースに伝えていた事が2011年9月にウィキリークスの文書暴露で判明。薮中三十二 フレッシュアイペディアより)

  • 齋木昭隆

    齋木昭隆から見たウィキリークスウィキリークス

    ウィキリークスは2011年5月、齋木がアジア大洋州局長時代の2009年9月にアメリカ合衆国国務次官補カート・キャンベルとおこなった会談にて、次のような発言をおこなったとする在日アメリカ大使館発の公電の内容を公開した。齋木昭隆 フレッシュアイペディアより)

  • 八田真行

    八田真行から見たウィキリークスウィキリークス

    近年ではウェブメディア上におけるFLOSS関連のコメントを行う他、2007年のウィキマニア 2007、2009年のWikimedia Conference Japan 2009で講演を行っている。また2010年12月には、内部告発ウェブサイトウィキリークスに関するインタビューを受けている。八田真行 フレッシュアイペディアより)

  • オマル・スレイマーン

    オマル・スレイマーンから見たウィキリークスウィキリークス

    諜報機関と対外政策を統括するスレイマーンは、ムバーラクに重用された。フィナンシャル・タイムズやガーディアンが内部告発サイト「ウィキリークス」の情報をもとに報じたところによると、スレイマーンはムバーラクに極めて忠実で優秀なブレーンという人物像が浮かび上がってくるという。2006年5月、エジプトの米国大使館はスレイマーンについて、「高齢化するムバーラク大統領には、外交問題におけるオマル(スレイマーン)に匹敵する名相談役が内政に関して存在しない」と指摘し、別の公電ではスレイマーンの「洞察力と影響力」を称賛している。2009年1月の公電は、「スレイマンとアドリー(前内相)が大統領の政敵を寄せ付けない手段を講じており、大統領は心配で夜も眠れないことなど無い」としている。また、2005年4月の公電では、スレイマーンが米国側に対して、米軍を攻撃しているイラクのスンナ派アラブ人抵抗勢力とエジプト総合情報庁が連絡を取っているとことを伝え、「米政府が同意するなら、もっと連絡を密にする用意がある」と提案していたといい、「驚くべき影響力」を特筆している。オマル・スレイマーン フレッシュアイペディアより)

  • ターリク・ミハイル・アズィーズ

    ターリク・ミハイル・アズィーズから見たウィキリークスウィキリークス

    アズィーズの個人弁護人であるアーリフ弁護士は、先週ウィキリークスによって公表された米軍内部文書にイラク軍・警察による拷問や虐待の実態が含まれていたため、その事実から目をそらすそうとするための政治的判決であると批判した。アズィーズの長男ズィアドもAP通信に対し、判決が非論理的で不公正であると話し、ダアワ党が1980年代にアズィーズを暗殺しようとした点を指摘し、「ターリク・アズィーズは宗教政党の犠牲者であったが、今は犯罪者にされてしまった」と述べた。ターリク・ミハイル・アズィーズ フレッシュアイペディアより)

  • LOIC

    LOICから見たウィキリークスウィキリークス

    2010年の10月、Anonymousの分派であるがサイエントロジー団体のウェブサイトへ攻撃するのに使用している。この時、Anonymous自身はアメリカレコード協会への攻撃を成功させていた。2010年12月には、WikiLeaksを支持すべく、対抗する組織や企業への行なうを実施している。LOICは多くの攻撃者によって使用されたが、ファイアウォールは容易にトラフィックを除去できるため、限定的な影響にとどまった。LOIC フレッシュアイペディアより)

  • 天野之弥

    天野之弥から見たウィキリークスウィキリークス

    2010年12月、内部告発サイト「ウィキリークス」から公開された情報として、天野は米国のIAEA担当大使に対し、「高官人事からイランの核兵器開発疑惑まで、あらゆる戦略的な重要決定について、断固として米側に立つ」と表明したとされる。天野之弥 フレッシュアイペディアより)

51件中 11 - 20件表示

「ウィキリークス」のニューストピックワード