59件中 11 - 20件表示
  • ウィキリークス

    ウィキリークスから見たFBI

    2010年7月25日、ウィキリークスにてアフガニスタン紛争に関するアメリカ軍や情報機関の機密資料約75000点以上が公表された。提供された資料は9万点以上に及ぶという。これは2004年から2009年にかけての記録で、パキスタンの情報機関「ISI」とアフガン武装勢力との関係や、未公表の民間人死傷案件、アフガン側のアメリカへの情報提供者の身元情報が含まれていた。これに対しアメリカのロバート・ゲーツ国防長官はFBIに捜査協力を要請した。国防総省内の内部告発者のみならず、ウィキリークス側にも捜査の手を広げようという意図があると言われている。ウィキリークス フレッシュアイペディアより)

  • ウィキリークス

    ウィキリークスから見た中国

    ウィキリークスは投稿者の身元を露呈せずに大量の文書を暴露し分析できるようにするために、Wikipediaに似た、検閲されないサイトになることを目指している。ウィキリークスの完璧な匿名システムでは、偽造文書や、ポルノ、スパムで溢れてしまうことを防ぐためにチェック機構が設けられている。全ての閲覧者は全ての文書に対して分析し、文書が本物であるか判断し、コメントをつけることができる。ウィキリークスの外では、これまで、内部告発者やジャーナリストが逮捕されたり、刑務所に収容されるということが起きていた。例えば、中国の公務員からの天安門事件の記念日に関しての電子メールを公表したことで、中国人ジャーナリストは、2005年に懲役10年の刑を判決されている。ウィキリークスは、このようなことが起きないと保証できるようになることを目指している。 ウィキリークスが世間に知られてから最初の二週間で、検索エンジン大手のGoogleに掲載されたページ数は8件から1,000,000件に急増し、ウィキリークスへのトラフィックは増大した。ウィキリークス フレッシュアイペディアより)

  • ウィキリークス

    ウィキリークスから見たiPhone

    2017年3月7日、アメリカ合衆国中央情報局(CIA)の、Microsoft Windows、iPhone、Android、サムスン電子製スマートテレビ等に対するハッキング技術に関する機密文書が公開された。同文書によるとイギリスの保安局や政府通信本部も関わっているとされる。ウィキリークス フレッシュアイペディアより)

  • ウィキリークス

    ウィキリークスから見た合衆国最高裁判所

    このウィキリークスというプロジェクトが開始されると、1971年のダニエル・エルズバーグによるペンタゴン・ペーパーズの漏洩事件が引き合いに出された。アメリカでは文書をリークすることに対し法的な保護を受けられる可能性がある。合衆国最高裁判所は、アメリカ合衆国憲法のもと、少なくともの範囲内では、匿名性は保証されて然るべきものであるとの判断を下している。ウィキリークスプロジェクトの利点について、著者でジャーナリストのホイットリー・ストリーバーは「(アメリカ合衆国では、)政府内部の文書をリークすることで実刑判決を受け刑務所行きになることもあるだろうが、それは相応に短い期間であろう。しかし世界には中国やアフリカの一部、中東など、長期間の投獄やさらには死刑すらも考えられるような地域や国が多く存在している。」と言及している。ウィキリークス フレッシュアイペディアより)

  • ウィキリークス

    ウィキリークスから見たジャーナリスト

    2007年1月までは、ウィキリークスは、ウェブサイト、また企画そのものも秘密にされていた。しかし2007年1月に発表された記事で''''の編集長にウィキリークスの運営組織に加わるように要請したことで、ウィキリークスの存在は初めて明らかにされた。現在、ウィキリークスは、中華人民共和国の反政府主義者と、台湾、欧米、オーストラリア、南アフリカのジャーナリスト、数学者、ベンチャー企業の技術者によって運営されている。2007年1月時点でウィキリークスのスタッフ、開発者、被雇用者の全員の身元は確認されていなかった。ウィキリークスの運営組織のメンバーであるジュリアン・アサンジは当初ウィキリークスは2007年3月に発表される予定であり、2007年1月の記事によるウィキリークスの露見によるメディアからの注目は不測の事態であったと述べた。ウィキリークス フレッシュアイペディアより)

  • ウィキリークス

    ウィキリークスから見たBaidu

    Baidu、Yahooを例として、中国大陸のサーチエンジンは"WikiLeaks"と言及するものまでも検閲している。ウィキリークス フレッシュアイペディアより)

  • ウィキリークス

    ウィキリークスから見たアメリカ合衆国大統領選挙

    2008年9月、アメリカ合衆国大統領選挙期間中、共和党副大統領候補者であるサラ・ペイリンのヤフーアカウントが、ウィキリークスに投稿された。ウィキリークス フレッシュアイペディアより)

  • ウィキリークス

    ウィキリークスから見たヘリコプター

    2010年4月、ウィキリークス上にて、2007年7月12日のイラク駐留アメリカ軍ヘリコプターがイラク市民やロイターの記者を銃撃し殺傷した事件の動画が公表された。2010年5月、米軍諜報アナリストとされる軍人がこの動画と、外交機密文書約26万件をウィキリークスに提供したことが発覚し、この軍人は逮捕された。ウィキリークス フレッシュアイペディアより)

  • ウィキリークス

    ウィキリークスから見たウェブサイト

    ウィキリークス (、略記する場合はWL〔 = WikiLeaks〕) は、匿名により政府、企業、宗教などに関する機密情報を公開するウェブサイトの一つ。創始者はジュリアン・アサンジ。投稿者の匿名性を維持し、機密情報から投稿者が特定されないようにする努力がなされている。2006年12月に準備が開始され、それから一年以内に120万を超える機密文書をデータベース化した。ウィキリークスの運営には、MediaWikiに変更を加えたソフトウェアを用いている。ウィキメディア財団(Wikimedia Foundation)はウィキリークスとは無関係である。ウィキリークス フレッシュアイペディアより)

  • ウィキリークス

    ウィキリークスから見たアフガニスタン紛争 (2001年-)

    ウィキリークスにリークされた公開の準備を進めている文書の数は120万以上であると言われている。当ウェブサイトのトップページにニュースとして載せられた、アフガニスタン紛争 \(2001年-\)での武器装備の支出と所蔵や、ケニアでの汚職に関わる文書を筆頭として、その後ウィキリークスは数々の重要な文書を公開している。ウィキリークス フレッシュアイペディアより)

59件中 11 - 20件表示

「ウィキリークス」のニューストピックワード