78件中 11 - 20件表示
  • ジェームズ・ヴォーン

    ジェームズ・ヴォーンから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    エヴァートンFCのユース時代から同じくエバートン・ユース出身のウェイン・ルーニーと比較された。2005年4月10日、16歳271日でプレミアリーグ初得点を記録し、ジェイムズ・ミルナーが保持していたリーグ最年少得点記録(16歳357日)を更新した。2011年5月27日、プレミアリーグに昇格したばかりのノリッジ・シティFCと3年契約を結んだ。移籍金は公開されていない。ジェームズ・ヴォーン フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・カーニー

    デヴィッド・カーニーから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    16歳の時にエヴァートンFCの下部組織に入団。そこではウェイン・ルーニーと一緒にプレーした。トップチームに昇格したものの出番がなかったカーニーは2003年に退団。その後、数チーム渡り歩くも出番はあまりなく、2005年3月にオーストラリアに戻りシドニーFCと契約した。初年度から主力として優勝に貢献。その活躍からルーマニアやドイツのクラブから注目を集めた。その後はイングランドに戻り、シェフィールド・ユナイテッド、ノリッジでプレーした。2009年8月27日、オランダのFCトゥウェンテに移籍。2010年9月、プレミアリーグ昇格を果たしたブラックプールFCへ移籍。デヴィッド・カーニー フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・ベント

    ダレン・ベントから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    サンダーランドでは不動のエースストライカーとしてゴールを量産し、2009-2010シーズンはリーグ戦37試合に出場し24得点をあげている。これはウェイン・ルーニーとディディエ・ドログバに次ぐリーグ3位の数字である。ダレン・ベント フレッシュアイペディアより)

  • 2003 FIFAワールドユース選手権

    2003 FIFAワールドユース選手権から見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    当初は3月25日から4月16日までの開催予定であったが、イラク戦争の影響により開催延期となった。これによりイングランドのルーニー、ブラジルのロビーニョ、ジエゴ、アルゼンチンのテベスらの選手達が大会出場を辞退している。2003 FIFAワールドユース選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 柏原丈二

    柏原丈二から見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    2005年7月30日の親善試合、浦和レッズ対マンチェスター・ユナイテッド戦では、ハーフタイム時に、判定にいらついたマンチェスター・ユナイテッドのウェイン・ルーニーから、擦れ違いざまに侮辱を浴びせられるなどの事態を起こしている。さらに、この件については浦和のギド・ブッフバルト監督からも「審判団の技術の進歩も必要だ」とのコメントを残されている。柏原丈二 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイムズ・ミルナー

    ジェイムズ・ミルナーから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    2002年11月にリーズ・ユナイテッドFCからデビューを果たすと、12月26日のサンダーランドAFC戦で得点し、ウェイン・ルーニーが持っていたFAプレミアリーグ最年少得点記録を更新した。このときミルナーは16歳357日で、2ヶ月前に達成されたルーニーの記録(16歳360日)を3日塗り替えた。この記録は現在はエヴァートンFC所属のジェームズ・ヴォーンが保持している。サンダーランドAFC戦の2日後のチェルシーFC戦でもゴールを決めた。2004年7月7日、クラブがFLチャンピオンシップ(2部)に降格し、さらに財政難に陥っていたために、ニューカッスル・ユナイテッドFCに売却された。この際、「ベンチに置かれ、才能がつぶれるのでは」との声が聞かれたが、その噂を打ち崩す活躍でレギュラーを奪取した。ジェイムズ・ミルナー フレッシュアイペディアより)

  • オラシオ・エリソンド

    オラシオ・エリソンドから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    2006年のW杯では、開幕戦と決勝戦を含む5試合の主審を任された。アルゼンチン人として初めてW杯決勝戦の主審を務め、また、開幕戦と決勝戦を同一主審が裁くのもW杯史上初めてであった。グループリーグの韓国対スイス戦におけるスイスの2点目のゴールでは、副審がオフサイドの旗を上げたが韓国選手の足に当たったと判断し、ゴールを認めた。しかしこの判定は韓国国内で物議を醸し、同国からのFIFA公式サイトへのアクセスが一時禁止となった。また、準々決勝イングランド対ポルトガルでは後半17分にイングランドのウェイン・ルーニーによる報復行為を見逃さず、一発退場にした。そしてフランスとイタリアで争われた決勝戦ではジネディーヌ・ジダンの暴行を察知しレッドカードを差し出した。ちなみにエリソンドはこの時に第4の審判からの指摘があったと語っている。オラシオ・エリソンド フレッシュアイペディアより)

  • メスト・エジル

    メスト・エジルから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    U-21ドイツ代表の監督を務めたホルスト・ルベッシュは「ドイツ人は海外の選手を特に賞賛することが多い。我々は、ウェイン・ルーニーやクリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシらを讃える。しかし、ドイツにはそういった選手がいる。ドイツのメッシはエジルである」と語った。ドイツ代表のヨアヒム・レーヴ監督は、メスト・エジルをワールドクラスの選手であると評価。「エジルは、W杯でのパフォーマンス、そして、レアル・マドリードでの成長を見るにつけ、もちろん、ワールドクラスの選手といえる」「エジルは、半年の間に、あのカカを忘れさせてしまうような存在になった。カカは、W杯まえの何年もの間、あのポジションでは世界最高の選手と評されていた。けれども、今となっては、ほぼ皆がエジルの名前をあげるようになっている」と語った。レアル・マドリードでのメスト・エジル フレッシュアイペディアより)

  • ノースウェスト・ダービー

    ノースウェスト・ダービーから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    対戦相手へのライバル意識は選手自身にも及ぶ。マンチェスター・UのFWウェイン・ルーニーはリヴァプールFCのローカルライバルのエヴァートンFCの下部組織出身であり、リヴァプール市出身であるがリヴァプールFCを嫌って育った。リヴァプールFCのスティーヴン・ジェラードは彼の家まで映画の撮影に来た監督をつかまえ、試合後に相手選手と交換して得たユニフォームのコレクションを見せびらかしたことがあるが、彼の家にマンチェスター・Uの選手のユニフォームは1枚もない。マンチェスター・Uでプレーしたガリー・ネヴィルは過去にリヴァプールFCへの嫌悪を公然と述べ、2007年の対戦でジョン・オシェイがロスタイムに決勝点を挙げた際には、オシェイの偉業を彼にとっての「生涯の夢」だと表現した。ネヴィルは2006年にリヴァプールFCサポーターの前でゴールを祝い、ユニフォームのエンブレムにキスし、吠えて喜びを露わにしたため、リヴァプールFCサポーターから強い非難を浴びた。ノースウェスト・ダービー フレッシュアイペディアより)

  • ウェズ・ブラウン

    ウェズ・ブラウンから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    マンチェスター・ユナイテッド時代はウェイン・ルーニー、リオ・ファーディナンド等と特に親しく、プライベートでは一緒によくサッカーゲームをしたという。ウェズ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

78件中 11 - 20件表示

「ウェイン・ルーニー」のニューストピックワード