104件中 41 - 50件表示
  • タル・ベン・ハイム

    タル・ベン・ハイムから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    リーボック・スタジアムでの1季目は、公式戦27試合に出場と成功したものだった。2005年2月1日のトッテナム・ホットスパーFC戦(3-1勝利)でステリオス・ギアンナコプーロスのフリーキックから移籍後初にしてボルトンでの唯一となる得点を挙げた。また、これはプレミアリーグの舞台で挙げた唯一の得点となっている。エヴァートンFC戦で相手選手のウェイン・ルーニーに顔を押しやられた際に過剰に反応したとして、不適切な行為とイングランドサッカー協会から起訴されたが、後に容疑は晴れた。タル・ベン・ハイム フレッシュアイペディアより)

  • 柏原丈二

    柏原丈二から見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    2005年7月30日の親善試合、浦和レッズ対マンチェスター・ユナイテッド戦では、ハーフタイム時に、判定にいらついたマンチェスター・ユナイテッドのウェイン・ルーニーから、擦れ違いざまに侮辱を浴びせられるなどの事態を起こしている。さらに、この件については浦和のギド・ブッフバルト監督からも「審判団の技術の進歩も必要だ」とのコメントを残されている。柏原丈二 フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・レノン

    アーロン・レノンから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    ワールドカップでは、グループステージ第2戦のトリニダード・トバゴ代表戦に交代で出場し、レノンとウェイン・ルーニーがピッチに入った後に、2ゴールを挙げ、イングランドは2-0で勝利した。識者やファンの中には、デイヴィッド・ベッカムではなく、レノンを起用するべきだとの意見を持つものもあった。準々決勝のポルトガル代表戦では、ベッカムの負傷により出場機会が回ってきたが、PK戦を前にジェイミー・キャラガーと交代した。アーロン・レノン フレッシュアイペディアより)

  • ベネディクト・マッカーシー

    ベネディクト・マッカーシーから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    移籍先のブラックバーンでは2006-07シーズンに36試合18ゴールでドログバに2点届かなかったものの、C.ロナウドやルーニーを抑えて得点ランキング2位と結果を残し、その後も2007-08シーズンに31試合8ゴール、2008-09シーズンに28試合10ゴールと活躍を続けた。ベネディクト・マッカーシー フレッシュアイペディアより)

  • LOVE ME DO (芸人)

    LOVE ME DO (芸人)から見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    2011年5月28日チャンピオンズリーグ2010?2011の決勝について試合前にTwitterでつぶやいた占いで、シャビからペドロ・ロドリゲス・レデスマのゴール、ウェイン・ルーニーの得点、ダビド・ビジャの得点する時間帯などを予言し的中させていた。LOVE ME DO (芸人) フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・カーニー

    デヴィッド・カーニーから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    16歳の時にエヴァートンFCの下部組織に入団。そこではウェイン・ルーニーと一緒にプレーした。トップチームに昇格したものの出番がなかったカーニーは2003年に退団。その後、数チーム渡り歩くも出番はあまりなく、2005年3月にオーストラリアに戻りシドニーFCと契約した。初年度から主力として優勝に貢献。その活躍からルーマニアやドイツのクラブから注目を集めた。その後はイングランドに戻り、シェフィールド・ユナイテッド、ノリッジ・シティFCでプレーした。2009年8月27日、オランダのFCトゥウェンテに移籍。2010年9月、プレミアリーグ昇格を果たしたブラックプールFCへ移籍。デヴィッド・カーニー フレッシュアイペディアより)

  • WAGs

    WAGsから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    一般人のパートナーでも幼少時代からの幼馴染や、学生時代の同級生と結婚に至るケースもある。マイケル・オーウェン、ジェイミー・キャラガー、ジョン・テリー、アリエン・ロッベン、ウェイン・ルーニー、フェルナンド・トーレス、テオ・ウォルコット古くはディエゴ・マラドーナやロベルト・バッジオなどがその例である(マラドーナは後に離婚)。リオネル・メッシも幼少時代からの幼馴染である恋人のアントネージャ・ロクッソがおり、2013年のFIFAバロンドール授賞式に彼女も同伴していた。WAGs フレッシュアイペディアより)

  • PFA年間最優秀若手選手賞

    PFA年間最優秀若手選手賞から見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    イングランドの全カテゴリーでプレーする選手を対象にしているが、これまでの受賞選手は全てトップリーグでプレーしていた選手である。2017年現在、複数回受賞した選手はロビー・ファウラー、ライアン・ギグス、ウェイン・ルーニー、デレ・アリの4人のみである。イギリス国外の選手がこれまで受賞したのは5回だけであり、PFA年間最優秀選手賞の14回に比べ少ない数となっている。受賞回数やPFA年間最優秀選手賞等の賞を受賞したものは対象外といったような制限はない。PFA年間最優秀若手選手賞 フレッシュアイペディアより)

  • ウェズ・ブラウン

    ウェズ・ブラウンから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    マンチェスター・ユナイテッド時代はウェイン・ルーニー、リオ・ファーディナンド等と特に親しく、プライベートでは一緒によくサッカーゲームをしたという。ウェズ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・ベント

    ダレン・ベントから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    サンダーランドでは不動のエースストライカーとしてゴールを量産し、2009-2010シーズンはリーグ戦37試合に出場し24得点をあげている。これはウェイン・ルーニーとディディエ・ドログバに次ぐリーグ3位の数字である。ダレン・ベント フレッシュアイペディアより)

104件中 41 - 50件表示

「ウェイン・ルーニー」のニューストピックワード