104件中 51 - 60件表示
  • クリント・デンプシー

    クリント・デンプシーから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    シーズン終盤にはFWA年間最優秀選手賞の選考でロビン・ファン・ペルシ、ウェイン・ルーニー、ポール・スコールズに次ぐ第4位に選出された。クリント・デンプシー フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・カルヴァーリョ

    リカルド・カルヴァーリョから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    ドイツW杯の準々決勝、対イングランド戦でウェイン・ルーニーに股間を踏まれる。この行為により、ルーニーはレッドカードを掲示されて退場させられた。その際、クリスティアーノ・ロナウドがポルトガルのベンチに向かってウインクする映像が映し出されたことにより、イギリスのメディアはロナウドの抗議がオラシオ・エリソンドの判断に影響を与えたのではないかと推測した。その試合は結局、PK戦までもつれ込むもポルトガルが勝利した。準決勝のフランス戦、カルヴァーリョはペナルティエリア内でティエリ・アンリに対してファールを犯してPKを与えると、ジネディーヌ・ジダンに決められた。それが決勝点となり、ポルトガルは敗れた。3-1で敗れたドイツとの3位決定戦には、累積警告で出場することは出来なかった。その試合を除く全ての試合に出場し、大会のオールスターチーム23人にも選ばれた。リカルド・カルヴァーリョ フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルスFC

    ロサンゼルスFCから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    2014年10月30日、アメリカ・メジャーリーグサッカーは「ロサンゼルスのフランチャイズ権が2017年に設立される予定のロサンゼルス・フットボール・クラブに与えられた」と公式発表した。将来的にはクリスティアーノ・ロナウドやウェイン・ルーニーといったスター選手の獲得を画策していると伝えられている。ロサンゼルスFC フレッシュアイペディアより)

  • 福井理人

    福井理人から見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    FKスティエスカ・ニクシッチに移籍した2013-14シーズンのプルヴァ・ツルノゴルスカ・フドバルスカ・リーガ第24節、ムラドスト戦でウェイン・ルーニーを彷彿させる60mのロングシュートを叩き込んだ。このゴールが決勝点となり、スティエスカはムラドストに1-0で勝利した。福井理人 フレッシュアイペディアより)

  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    2009-10シーズン序盤はベンチから試合開始を迎えることも多かったが、その後調子を取り戻し、攻撃的ミッドフィールダーから馴染み深い左ウイングに役割を変え、このシーズンのチームの最優秀選手と言ってもよい活躍を見せた。2010年1月10日、アウェーでのユヴェントスFC戦 (3-0) では2得点を挙げた。翌週の1月17日に行われたシエナ戦 (4-0) では、1点目をペナルティキック、2点目をコーナーキックからのヘディングシュート、3点目を20ヤードの距離からのミドルシュートで決め、移籍後初のハットトリックを達成した。1月16日には移籍後初めてのUEFAチャンピオンズリーグの試合となるマンチェスター・ユナイテッドFC戦に出場し、序盤に得点してリードを得たが、ポール・スコールズとウェイン・ルーニー(2点)に得点を許して最終的に2-3で敗れた。4月13日、カルチョ・カターニア戦 (2-2) でマルコ・ボリエッロの得点をアシストし、アシスト数はリーグトップの14に達した。5月15日にはホームでのユヴェントス戦 (3-0) で2得点を記録し、ライバル相手に1シーズンで計4得点を記録した。この試合はレオナルド監督のACミラン監督としてのラストマッチとなった。なお、2008-09シーズンもペナルティキックを1度失敗していたが、2009-10シーズンは3度もペナルティキックを失敗している。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ディミタール・ベルバトフ

    ディミタール・ベルバトフから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    2008年8月31日にブルガリア人選手としては史上最高額の3200万ポンド、当時約60億円となる移籍金(実際には非公開であるため推定額)でマンチェスター・ユナイテッドFCに移籍した。背番号は9。クリスティアーノ・ロナウド、ウェイン・ルーニー、カルロス・テベスらと共にプレーした。ディミタール・ベルバトフ フレッシュアイペディアより)

  • バイシクル・キック

    バイシクル・キックから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    21世紀に入っても、バイシクル・キックは依然として難易度の高い、そして注目を集めるプレーである。2001年、リーガ・エスパニョーラでレアル・マドリードのグティがビジャレアル戦で決めたバイシクル・キックでのゴールはガーディアン誌上で最も美しいバイシクル・キック6選のひとつに選ばれた。2002 FIFAワールドカップでマルク・ヴィルモッツが日本戦でバイシクル・キックを決め、日本代表のサポーターを騒然とさせた。近年では2012年にズラタン・イブラヒモヴィッチが親善試合で成功させたものやウェイン・ルーニーが2011年のマンチェスター・ダービーで見せたものが有名で、イブラヒモビッチはこのゴールで2013年にFIFAプスカシュ賞を受賞、ルーニーのものはプレミアリーグ史上最も美しいゴールに選出された。バイシクル・キック フレッシュアイペディアより)

  • 1985年のスポーツ

    1985年のスポーツから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    10月24日 - ウェイン・ルーニー(イングランド、サッカー)1985年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 武田ランダムハウスジャパン

    武田ランダムハウスジャパンから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニー「悪童自伝 物語は始まったばかり」武田ランダムハウスジャパン フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・モイーズ

    デイヴィッド・モイーズから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    クラブは混乱状態であったが、モイーズはティム・ケーヒル、マーカス・ベントを獲得、その一方で、トマシュ・ラジンスキ、トビアス・リンデロート、デイヴィッド・アンスワース、そして、ウェイン・ルーニーがクラブを去った。デイリー・メールはルーニーの自叙伝から抜粋し、モイーズがルーニーがクラブから出て行くように主張し続け、メディアに情報を漏らしていたと明らかしたが、モイーズはルーニーが謝罪し賠償金を支払うことに同意する示談が成立するまで、名誉棄損であると訴え続けた。金額は明かされていないが、モイーズはその賠償金をエヴァートンの基金に寄付している。エヴァートンはシーズン開幕前の予想を覆す快進撃を続け、4位でシーズンを終え、翌シーズンのチャンピオンズリーグの出場権を獲得し、モイーズは2度目となるLMA年間最優秀監督賞を受賞した。2005年1月にはクラブ記録となる移籍金でジェームズ・ビーティーを獲得し、中心選手であったトーマス・グラヴェセンを放出、ミケル・アルテタをレンタルで獲得した。デイヴィッド・モイーズ フレッシュアイペディアより)

104件中 51 - 60件表示

「ウェイン・ルーニー」のニューストピックワード