104件中 61 - 70件表示
  • 朴智星

    朴智星から見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08では準々決勝のASローマ戦、準決勝のFCバルセロナ戦で4試合連続フル出場を果たし、ASローマとの第1戦ではウェイン・ルーニーのゴールをアシストし、バルセロナ戦では走行距離12キロを記録するなど印象的な活躍を見せた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

  • ドラガン・ストイコビッチ

    ドラガン・ストイコビッチから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    1965年3月3日、セルビア第2の都市ニシュ近郊に生まれ、3歳の頃からストリートサッカーに興じていたという。14歳の時にFKラドニツキ・ニシュの下部組織に入団し、16歳でトップチームに昇格した。当時のユーゴスラビアにはレッドスター・ベオグラード、パルチザン・ベオグラード(いずれもセルビア)、ディナモ・ザグレブ、ハイデュク・スプリト(いずれもクロアチア)の4つのビッグクラブがあり、それ以外のクラブから代表選手が招集されることは稀だったが、18歳の時にはじめてユーゴスラビア代表に招集され、フランス戦で初出場してミシェル・プラティニとユニフォーム交換をしている。1984年6月2日、代表2キャップ目のポルトガル戦で初得点を記録し、その直後のUEFA欧州選手権1984に出場するもグループリーグ3戦全敗で敗退した。フランス戦では大会最年少得点を記録し、UEFA EURO 2004にてウェイン・ルーニーに更新されるまで破られることはなかった。同年のロサンゼルスオリンピックでは銅メダルを獲得し、大会中に召集令状が届いたためコソボ自治州に派兵されたが、彼が1年間サッカーから離れている間にラドニツキ・ニシュは2部リーグに降格した。プロサッカー選手として活動する傍ら、地元ニシュの大学で経済学を学んだ。ドラガン・ストイコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ウサイン・ボルト

    ウサイン・ボルトから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    陸上を本格的に始める前まではサッカー少年だったこともあり、イングランドのサッカークラブ、マンチェスター・ユナイテッドの大ファンであり、2009年にはユナイテッドの練習場であるカーリントンを訪れ、クリスティアーノ・ロナウドやウェイン・ルーニーらに走り方を直伝するなどクラブや選手との親交がある。また、サッカー好きが高じてたびたび陸上選手としての生活を引退した後はサッカー選手への転向を夢見ているといった趣旨の発言をしている。本人いわく「足が速いだけでなく、足元の技術にも自信がある。マンチェスター・ユナイテッドでプレーしても通用すると思うよ」とのことである。また現役引退直後の2017年9月6日には、日本のJリーグ・川崎フロンターレの麻生グラウンドを訪問。同クラブから、自身の100m世界記録にちなんだ「背番号9.58」のユニフォームを贈呈され、中村憲剛とのパス交換やリフティングを披露し、記念撮影に応じるなどした。ウサイン・ボルト フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・オシェイ

    ジョン・オシェイから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    2007-08シーズンも昨季同様に途中出場が主であったが、試合の大勢が決した後半に投入される形で数多く出場し、2007年8月12日のレディングFC戦では、負傷したシルヴェストルの代わりに途中出場すると、先に負傷でベンチに退いていたウェイン・ルーニーが務めていたフォワードの位置で起用され、遂にゴールキーパーを含む全てのポジションを任される汎用性の高さでリーグ戦とUEFAチャンピオンズリーグ 2007-08の2冠達成に貢献。また、9月26日のフットボールリーグカップ4回戦でのコヴェントリー・シティFC戦では、1999年の初出場から出場129試合目にして初めてキャプテンマークを渡される等、チームにとって不可欠な選手として評価され、11月23日に契約を2012年まで延長することに成功した。ジョン・オシェイ フレッシュアイペディアより)

  • マリオ・バロテッリ

    マリオ・バロテッリから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    問題行動は練習中のミニゲームでジェローム・ボアテングのタックルに激怒し突き飛ばし、つかみ合いの喧嘩になった、2011年3月2日のFAカップ・アストン・ヴィラ戦でゴールを決めた夜に、あるレストランでウェイン・ルーニーと交際していた女性に近づき「ルーニー、ルーニー」と囃し彼女を指さして大笑いし、さらに彼女の連れの1人に喧嘩を吹っかけたといったトラブルから、マフィアとの関係が噂されるようなものまで多岐に渡る。また、ミラノの共和国広場で友人と車に乗りながらおもちゃの銃を宙に向け連射したり、ブレシアの女性刑務所に弟とともに車で許可無く立ち入ったり、マンチェスターで交通違反を繰り返したりと警察の厄介になることも多い。特にマンチェスターでの交通違反ではシティ移籍後の9ヶ月で1万1000ユーロ(約130万円)の罰金と27回のレッカー移動を受け、バロテッリの愛車のマセラティは警察からマークされている。また監督に度々咎められながらも、喫煙を続けている。マリオ・バロテッリ フレッシュアイペディアより)

  • ジェームス・マッカーシー

    ジェームス・マッカーシーから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    翌2010-11シーズンは、開幕から先発を務める最高のスタートを切ったものの、2010年10月23日のボルトン・ワンダラーズFC戦で相手のファブリス・ムアンバに背後からタックルをされたことで深刻な足首の負傷となる。しかし、約3ヶ月後の2011年1月25日のアストン・ヴィラFC戦において、先発で復帰を果たすと共に初得点を挙げる負傷を感じさせない活躍を見せており、2月5日のブラックバーン・ローヴァーズFC戦 (4-3)においては2得点を挙げた。同月下旬のマンチェスター・ユナイテッド戦 (0-4)においては、前半早々にボールとは無関係の所で相手のウェイン・ルーニーから駆け寄られて肘打ちを貰うも、主審の判断は相手への注意のみにとどまり、ウィガン側のフリーキックで再開となった。この事件は議論を呼び、ルーニーとの衝突の際に倒れずに踏みとどまったマッカーシーの対応は賞賛され、同僚で主将のガリー・コールドウェルからも同様に賞賛されつつ、正直に倒れていた場合にはルーニーが退場となっていたとも言われた。ジェームス・マッカーシー フレッシュアイペディアより)

  • ジョセ・バクスター

    ジョセ・バクスターから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    6歳でエヴァートンに入団。アカデミー時代から大いに期待をされ、かつて所属したウェイン・ルーニー以上との評価も聞かれた。2008-09シーズンのブラックバーン・ローヴァーズ戦でプレミアリーグデビュー。16歳と191日でのデビューはクラブ最年少記録だった。しかしその後はミケル・アルテタやマルアン・フェライニらの存在によってポジションを確保出来ず、2011-12シーズン終了後にエヴァートンを退団した。ジョセ・バクスター フレッシュアイペディアより)

  • 後藤優介

    後藤優介から見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    2017年時点で、憧れている存在としてパウロ・ディバラの名を挙げている。以前はウェイン・ルーニーであったという。後藤優介 フレッシュアイペディアより)

  • アンデシュ・リンパル

    アンデシュ・リンパルから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    エヴァートンの下部組織出身でイングランド代表のウェイン・ルーニーは少年時代のアイドルにリンパルの名を挙げ、当時エヴァートンでFWを務めていたよりも積極的にシュートを打ち、幾度もドリブルで仕掛けていたことを理由としている。アンデシュ・リンパル フレッシュアイペディアより)

  • ルート・ファン・ニステルローイ

    ルート・ファン・ニステルローイから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    2005?06シーズンもゴールを量産し、最終的に得点ランク2位となる21得点を決めたものの、ウィガン・アスレティックFCとのフットボールリーグカップ決勝などを始めベンチで過ごすことが増えた。ウェイン・ルーニーを主軸にルイ・サハとファン・ニステルローイをチョイスする監督のアレックス・ファーガソンの起用法に反発。また、クロッサーとしてホットラインを築いていたデビッド・ベッカムの移籍後に同ポジションに収まったクリスティアーノ・ロナウドとそりが合わなかったことなどもあり、2006年7月27日に移籍金1500万ユーロでレアル・マドリードに移籍した。ルート・ファン・ニステルローイ フレッシュアイペディアより)

104件中 61 - 70件表示

「ウェイン・ルーニー」のニューストピックワード