78件中 61 - 70件表示
  • ロナウジーニョ

    ロナウジーニョから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    2009-10シーズン序盤はベンチから試合開始を迎えることも多かったが、その後調子を取り戻し、攻撃的ミッドフィールダーから馴染み深い左ウイングに役割を変え、このシーズンのチームの最優秀選手と言ってもよい活躍を見せた。2010年1月10日、アウェーでのユヴェントスFC戦(3-0)では2得点を挙げた。翌週の1月17日に行われたシエナ戦(4-0)では、1点目をペナルティキック、2点目をコーナーキックからのヘディングシュート、3点目を20ヤードの距離からのミドルシュートで決め、移籍後初のハットトリックを達成した。1月16日には移籍後初めてのUEFAチャンピオンズリーグの試合となるマンチェスター・ユナイテッドFC戦に出場し、序盤に得点してリードを得たが、ポール・スコールズとウェイン・ルーニー(2点)に得点を許して最終的に2-3で敗れた。4月13日、カルチョ・カターニア戦(2-2)でマルコ・ボリエッロの得点をアシストし、アシスト数はリーグトップの14に達した。5月15日にはホームでのユヴェントス戦(3-0)で2得点を記録し、ライバル相手に1シーズンで計4得点を記録した。この試合はレオナルド監督のACミラン監督としてのラストマッチとなった。なお、2008-09シーズンもペナルティキックを1度失敗していたが、2009-10シーズンは3度もペナルティキックを失敗している。ロナウジーニョ フレッシュアイペディアより)

  • ドラガン・ストイコビッチ

    ドラガン・ストイコビッチから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    1965年3月3日、セルビア共和国第2の都市ニシュ近郊に生まれ、3歳の頃からストリートサッカーに興じていたという。14歳の時にラドニツキ・ニシュの下部組織に入団し、16歳でトップチームに昇格した。当時のユーゴスラビアにはレッドスター・ベオグラード、パルチザン・ベオグラード(いずれもセルビア共和国)、ディナモ・ザグレブ、ハイデュク・スプリト(いずれもクロアチア共和国)の4つのビッグクラブがあり、それ以外のクラブから代表選手が招集されることは稀だったが、18歳の時にはじめてユーゴスラビア代表に招集され、フランス戦で初出場してミシェル・プラティニとユニフォーム交換をしている。1984年6月2日、代表2キャップ目のポルトガル戦で初得点を記録し、その直後のUEFA欧州選手権1984に出場するもグループリーグ3戦全敗で敗退した。フランス戦では大会最年少得点を記録し、UEFA欧州選手権2004にてウェイン・ルーニーに更新されるまで破られることはなかった。同年のロサンゼルスオリンピックでは銅メダルを獲得し、大会中に召集令状が届いたためコソボ自治州に派兵されたが、彼が1年間サッカーから離れている間にラドニツキ・ニシュは2部リーグに降格した。プロサッカー選手として活動する傍ら、地元ニシュの大学で経済学を学んだ。ドラガン・ストイコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    2000年代に入った後もブラジル国内ではロビーニョやネイマールといった若手選手が「新しいペレ」「ペレ二世」として紹介されることがあり、両者は比較の対象となっている。イングランドのウェイン・ルーニーは「白いペレ」と呼ばれており、彼が所属するマンチェスター・ユナイテッドFCのサポーターが唄うルーニーのチャント(応援歌)の中にも「白いペレ」の名が取り入れられている。また、ブラジル女子代表のエースストライカー・マルタは、2007年のパンアメリカン競技大会優勝時に、ペレ自身から「スカートを穿いたペレ」 (Pelé de saia) という異名を与えられた。これは従前からファンの間で両者を比較する声があり、大会終了後、ペレがこの比較に同意しながら「世界最高のサッカー選手は間違いなくスカートを穿いたペレだ」というコメントを出したものである。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • リヴァプール

    リヴァプールから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    著名な選手としては、リヴァプールはアラン・ハンセン、ケビン・キーガン、スティーヴン・ジェラード、ジェイミー・キャラガー、マイケル・オーウェンら、エヴァートンはゲーリー・リネカー、ウェイン・ルーニーらを輩出している。リヴァプール フレッシュアイペディアより)

  • ナイキ

    ナイキから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    正確性、パワーを重点に置いたサッカーシューズ。90がトレードマークでスポーツウェアなどにも採用される。ナイキの中ではポピュラーな種類。主にフェルナンド・トーレス、ウェイン・ルーニー、稲本潤一らが使用。ナイキ フレッシュアイペディアより)

  • 武田ランダムハウスジャパン

    武田ランダムハウスジャパンから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    ウェイン・ルーニー「悪童自伝 物語は始まったばかり」武田ランダムハウスジャパン フレッシュアイペディアより)

  • リオネル・メッシ

    リオネル・メッシから見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    バルセロナと2014年まで契約期間を延長し、スペインの市民権を得て臨んだ2005-06シーズン、リュドヴィク・ジュリとの右ウィングのポジション争い時にこのフランス代表のライバルを上回る活躍を披露。ワールドユースも含めた質の高いプレーが人々に認知され、イタリアのスポーツ紙Tuttosportが選ぶゴールデンボーイ賞(U-21欧州最優秀選手賞)にクリスティアーノ・ロナウドやウェイン・ルーニーを抑えて選出されている。UEFAチャンピオンズリーグの対チェルシーFC戦・1stレグを始め、相手左サイドをしばしば混乱に陥れるビッグプレイを連発した素晴らしいシーズンではあったが、対チェルシー戦の2ndレグ中に右足の筋肉を故障してしまいその後のシーズンを棒に振る。リーガでは17試合、チャンピオンズリーグでは6試合の出場に終わったが、チームはリーガ、チャンピオンズリーグの二冠を達成。その偉業に少なくない貢献をした。リオネル・メッシ フレッシュアイペディアより)

  • うるとらスーパーさぶっ!!

    うるとらスーパーさぶっ!!から見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    ルーニーはほとんど台詞を発しないが、ビル一軒を頭突き一回で粉々にするほどの力を持ち、他のクラブに恐れられている。植毛をしてからは、自分の近くで笑った他チームの選手たちを「自分の髪型を笑った」と一方的に勘違いしてボコボコにするようになった。うるとらスーパーさぶっ!! フレッシュアイペディアより)

  • UEFA EURO 2004

    UEFA EURO 2004から見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    優勝候補と言われたチームが思うような結果を残せなかったのもこの大会の特徴である。イタリアはエースのトッティが相手選手につばを吐いたことによる3試合出場停止で大会から姿を消すと、その穴を埋めるべくカッサーノらが奮闘するが、結果はグループリーグ敗退。スペインもギリシャの勢いや、攻撃陣が機能せずグループリーグ敗退。イングランドはグループリーグではルーニーの活躍で突破するもののベッカムの大会合計3度連続(予選におけるトルコ戦、初戦のフランス戦、そして1番手として臨んだポルトガル戦)のPK失敗、ルーニーが試合中に故障退場、ソル・キャンベルのゴールが取り消されたことなどがありポルトガルにPK戦で敗れ(最後のキッカーはダリウス・ヴァッセル)ベスト8敗退。ドイツは、格下のラトビアと引き分け、第三戦では既に1位通過を確定し完全な二軍で臨んできたチェコ相手に敗れるなど、2003年のコンフェデレーションズカップを辞退し、ブンデスリーガの外国籍枠を縮小して欲しいとルディ・フェラー監督が懇願するなど、当初から不安の多いチームだったが、良いところを何一つ見せる事ができずグループリーグ敗退。前回王者フランスは結果こそベスト8とまずまずの成績とは言え、その内容は王者フランスにふさわしいものではなく特に準々決勝のギリシャ戦ではギリシャの規律と集中力はあるゆる場面でフランスを凌いだ。UEFA EURO 2004 フレッシュアイペディアより)

  • 朴智星

    朴智星から見たウェイン・ルーニーウェイン・ルーニー

    UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08では準々決勝のASローマ戦、準決勝のFCバルセロナ戦で4試合連続フル出場を果たし、、ASローマとの第1戦ではウェイン・ルーニーのゴールをアシストし、バルセロナ戦では走行距離12キロを記録するなど印象的な活躍を見せた。決勝戦ではBBCなど欧州メディアも朴の先発出場を予想していたが、選手リストから外されベンチ入りすることもなかった。イギリスの総合日刊紙ザ・タイムズは「韓国をはじめ、東アジアの人が裏切られたと感じており、多くの人々が朴智星は出場すべきだったと思っている」と報じ、AP通信は「選手リストに朴智星が入っていなかったこと以外には驚く部分はなかった」と報じた。朴智星 フレッシュアイペディアより)

78件中 61 - 70件表示

「ウェイン・ルーニー」のニューストピックワード